ゲームブログ ゲームの評価とレビュー、攻略情報など

真の矢

スパロボT タイトル画面

スパロボT

スパロボT【評価 レビュー】集大成のように感じた非常に完成度の高いスパロボ

投稿日:2019/05/25 更新日:

広告

こんにちは、シンヤ(@shinya_shinnoya)です。

今回はスパロボTの評価とレビューになります。2周しての評価とレビューです。ちなみに僕はこれで7作目のスパロボになります。(記事掲載時)

スパロボT 参戦作品や難易度など

スパロボTの参戦作品は以下の通り。

  • 無敵ロボ トライダーG7
  • 聖戦士ダンバイン
  • 聖戦士ダンバイン New Story of AURA BATTLER Dunbine
  • 機動戦士Ζガンダム
  • 機動戦士ガンダムΖΖ
  • 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
  • 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン
  • 機動戦士クロスボーン・ガンダム
  • 機動戦士クロスボーン・ガンダム スカルハート
  • 機動戦士クロスボーン・ガンダム 鋼鉄の7人
  • 機動武闘伝Gガンダム
  • 装甲騎兵ボトムズ
  • 装甲騎兵ボトムズ ザ・ラストレッドショルダー
  • 装甲騎兵ボトムズ ビッグバトル
  • 勇者特急マイトガイン
  • 勇者王ガオガイガー
  • カウボーイビバップ
  • トップをねらえ!
  • 機動戦艦 ナデシコ The prince of darkness
  • 真(チェンジ!!)ゲッターロボ 世界最後の日
  • 劇場版 マジンガーZ INFINITY
  • わが青春のアルカディア 無限軌道SSX
  • 魔法騎士レイアース
  • ガン×ソード
  • 楽園追放 -Expelled from Paradise-

難易度

スパロボV、X、Tとリアルタイムでプレイしてきましたが、難易度はXと同じくらいのように感じました。Vより少し難しいかんじですね。

V、X、Tと基本的なシステムは共通しているので、VとXどちらかを遊んだことがある人はゲームを始めてすぐに慣れることができると思います。

シリーズ初プレイの人や、スパロボやったことあるけどVとXはやったことがないという人は、最初にガイダンスモードでチュートリアルをやってから、ビギナーズモードかスタンダードモードで遊ぶと良いと思います。難易度は変更可能です。

ショートカット操作がいくつかあって、覚えることで非常にスムーズにプレイすることができるので、ゲームを進めながら覚えていくと良いでしょう。

ショートカット操作はゲーム内で確認可能で、僕はTのチュートリアルはやっていないので分かりませんが、VとXのような感じだと確認方法もチュートリアルで教えてくれると思います。

テーマは労働 主人公の扱いが丁寧

スパロボT 主人公

物語のひとつの要素として、仕事に対してどのように向き合うか、どういう考えを持って仕事をするか、そういったことが本作の主人公含めたオリジナルキャラクター達で描かれています。

とんでも設定が目立つところもありましたが、現在の労働に関するさまざまな事を面白おかしく描いていたのはとても面白かったです。

また主人公の扱いが丁寧だったのも好印象でした

スパロボVやXも男主人公と女主人公どちらかを選んでゲームを始めますが、選ばなかった方の主人公が一時的に敵になるんですよね。それで女主人公を選んだときの男主人公のあつかいがちょっと酷かったというのがありました。

周回プレイで両方の主人公を遊べば嫌だなと思うことはないと思いますが、1回クリアしたら満足という人で、女主人公を選んだ人は男主人公に対して良いイメージを持ちにくかったかもしれません。

人によっては逆の場合でもそう思ってしまうことがあるかもしれませんね。

それが今回のスパロボTでは選ばなかったほうの主人公もずっと仲間としていてくれて、少し話すだけであまりストーリーに介入してきません。

なので1回クリアしたらそれで満足というような人にも、選ばなかった主人公に不快感を与えないようになっていてとても良いと思いましたね。

働くという身近なことをストーリーに盛り込んでいるためか、その内容には配慮しているようにも感じました。とんでも展開が続いて驚くこともありましたが、この時代に合わせた物語になっていると言えるかもしれません。

作品同士の絡み 今回は結構熱いのが多い

スパロボT ガンバスター

スパロボTは作品同士の絡みが割りと多かったのではないかと感じました。

ストーリーの構成にも上手く繋がりを持たせているなと思いましたし、ストーリー中のセリフだけでなく、戦闘アニメにも多くの作品が他作品へのザコ敵やボス敵に専用のセリフを言っていたので、とても楽しめました。

本作のために新規に収録したセリフだと思います。このキャラはどんなことを言うのかなと探すのも楽しかったですね。

ガンソードのヴァンが赤い機体に乗るあのパイロットに「赤いお星様」と言ったのを聞いたときはとても興奮しました。ヴァンらしいセリフでもあったと思うので、なんか嬉しさもありましたね。(確かヴァンが言ったと思う。違ってたらすみません)

またスパロボシリーズで参戦することの多いガンダムのアムロ、マジンガーの甲児、ゲッターの竜馬ですが、本作にも参戦しているこの3人の会話からはまるでスパロボシリーズの歴史のようなものを感じ、ちょっとした感動すらあったように思えます。

この3人はスパロボTでは過去に世界を救ったことがある英雄として登場します。他の作品でもそのように登場することはありますが、スパロボTでは年数が経っている設定なので時の流れを感じさせる会話が多かったんですね。

ロボットアニメを見て興奮したりロマンを感じて育った人や、長い間ロボットアニメが好きな人には、自分も年をとって少しは成長したかなと、3人の会話を見てもしかしたら思うかもしれません。

僕はそれと同時に、3人の会話シーンからスパロボの集大成のようなものも感じました。

毎回シナリオを始める前にはインターミッションという画面でロボットの強化などの戦闘の準備をおこなうことができます。このときサイドプラン→購入と進むと、シナリオ間のプチストーリーを見ることができるので毎回見ることをおすすめします。

ゲームをスタートして最初は使えませんがすぐに利用できるようになり、そのあとは毎回必ずプチストーリーがあるので見ておくと物語をより楽しめると思います。

またここではネタ系の話しも多いので、参戦作品を多く知っている人ほど楽しめるところのひとつです。ロボットアニメが好きな人なら知らない作品でも何となく分かるところとかあると思うので、1周目は全部見てほしいなと思いますね。

戦闘アニメとイラストで盛り上がり具合は石破天驚拳レベル

スパロボT ビッグボルフォッグ

戦闘アニメ、今回も凄かったです!特にすごいなと感じた作品は以下の通りです。

  • Gガンダム
  • ガオガイガー
  • カウボーイビバップ
  • マジンガーZ INFINITY
  • レイアース
  • ガンソード
  • 楽園追放

他にもダンバインやマイトガインなども後半は見て熱くなりましたが、上記作品の機体がスパロボTではその上をいっていたと思います

カウボーイビバップはオシャレで、良い意味でスパロボっぽくないアニメでカッコ良かったですね。最終技は立体的な動きを取り入れていて、アニメとしては短いですが、戦闘空間を感じさせる内容で良かったです。(とどめをさせる時に入る追加演出が特に良かった)

ガンソードはダンについてはヴァンのキャラクター性に焦点を当てているアニメになっていて見ていて面白かったです。ヴァンのあのヒャハー!!って感じの顔が見れて満足。

あとエルドラソウルも参戦していて、アニメの最初のエルドラ回を見て熱くなった人は絶対喜ぶと思います。あれは間違いなくガンソード好きな人が作った戦闘アニメだと思いますね。

またマジンガーZは最終技に相当力が入ってました。最終技が使えるようになるのは本当に終盤なのですが、最終技以外の武器アニメのインパクトのなさはこの最終技のためにとっていたのかと思ったくらいでしたね。

Gガンダムやガオガイガーについては、僕は奇声を発しました。その時の僕はGガンダムやガオガイガー、エルドラソウルみたいに少なくとも心は金ピカになっていたと思います。(もしかしたら全身も…?!)

Gガンダムかガオガイガー知ってる人は何となく分かってもらえると思いますが、知らない人が読んだらやばい人に見えるかもしれませんね。

シャッフル同盟拳とゴルディオンハンマーは必見!

そしてストーリーの途中でイラストが入ることがありましたが、そのなかにはアキトとユリカ、ザガートとエメロードと印象深いものもあって、少しでも出来る限りのことをして物語が盛り上がるように工夫がされていました。

ヴァンやドモンに後押しされ進んでいくアキトは、あの感じ全部ひっくるめてカッコ良かったです。

アクションゲームにあるような派手なイベントの見せ方というのは、スパロボのようなグラフィックでシミュレーションRPGとなるととても難しいと思いますが、なるべく単調にならないようにしようというのは伝わってきました。良かったと思いますね。

見ておくとより楽しめる作品

スパロボT ヴァン

事前に見ておくとより楽しめる作品は、スパロボTだと以下の作品になるのではないかと思います。

  • ガンソード
  • ガオガイガー or レイアース

本作の物語はガンソードのストーリーをベースにして進むことが多かったので、見ておくとより楽しめるのではないかと思います。また僕としてもガンソードは好きな作品なのでオススメです!

ガオガイガーはアニメ前半が終わった状態で参戦します。最初は普通に仲間になって、キングジェイダーが登場するあたりの話しからガオガイガーの物語は描かれます。

アニメでキングジェイダーの初登場シーンを見たときは度肝を抜かれましたね。あの衝撃は今でも忘れられません。

レイアースは選んだルートによっては登場してくるキャラがどんなキャラなのか分からないといったことになりやすいかもしれません。

ガオガイガーとレイアースはどちらかを見ておくと、スパロボTを楽しめる要素が増えると思います。

なるべく多くの参戦作品を知っておいたほうが楽しめるのは事実ですが、キャラクター説明や用語解説などを読むことができるモードがあるので、知らない作品があっても問題ありません。(ストーリー中にも軽く説明があります)

スパロボTのストーリーもVやXと同様に本作のみで完結する物語なので、繋がりなど気にすることなく楽しめます。

なので事前に見ておいたほうがより楽しめる作品として紹介した上記の作品も、必ず見ないといけないというわけではありません。知らなくても大丈夫です。

可能性の話しにもなりますから、何か足りないと思うことがあれば、勇気で補いましょう。これは、僕のゆずれない願いです。(ガオガイガーとレイアース知ってる人なら多分反応してくれる文章です)

スパロボT 評価

スパロボT ハーロック

スパロボV、X、Tと最近のスパロボで1番面白いスパロボだと思いますね。ブラッシュアップを重ねているのを感じましたし、身近なテーマだったり主人公の扱い、作品同士の絡みなどとても良かったと思います。

アムロ、甲児、竜馬たち3人の会話はスパロボの集大成のようにも感じ、そして全体を通して非常に完成度の高いスパロボと言えるのではないかと思いますね。

よって評価は星5段階評価で星5つとします。

グッドポイント

戦闘アニメにおける他作品へのセリフも見逃せない

こんな方におすすめ

  • ロボットアニメが好きな人
  • 今、無性にスパロボがやりたい人
  • ガンソード、ガオガイガーが特に好きな人

評価:☆☆☆☆☆

1回クリアするだけでも十分に楽しめますが、できそうなら2周して真エンドも見てほしいなと思いますね。違いは少しだけだったと思いますが、通常エンド以上にキレイに終わりますから。

1周目で真エンドを見ることも可能です。もし1周目で真エンドを見たい場合は、攻略サイトなどで条件を確認しながら進めていったほうが間違いないと思います。

またゲスト参戦としてスパロボVとXの主人公がそれぞれ1シナリオだけ参戦したのは、どちらも遊んだ僕としてはとても嬉しかったです。

最初はトロフィーリストの取得をゲーム起動時にしていたので(アップデートでなくなった?)、セーブデータなどが条件になっているのかなと思っていましたが調べたらそんなことなかったので、スイッチ版でもゲスト参戦のシナリオが遊べると思います。

ゲスト参戦のキャラで声がきちんと適用されていないキャラがいましたが、アップデートで改善されたようで2周目の時は問題ありませんでした。隠しシナリオになっているので、VとXをプレイしたことがある人は頑張って狙ってみると良いと思います。

ちょっと最後はスパロボファンの人に向けた内容になってしまったかもしれませんが、初めての人でもバッチリ楽しめると思います。初めての人やVとXは遊んだことがない人は、チュートリアルになるガイダンスモードをやってから始めることをオススメします。

スパロボT、とても面白かったです。

Amazonで見る:【PS4】スーパーロボット大戦T

Amazonで見る:スーパーロボット大戦T -Switch

上記の通常版とは別にBGMがアニメ主題歌などに変えられるプレミアムエディションもあります。気になった人はそちらも見てみると良いと思います。

またPS4版とスイッチ版両方に体験版がそれぞれのストアで配信されています。どんな感じなのか確かめたい人や購入を迷っている人は体験版もチェックしてみてください。それでは、今回はこのへんで。

広告

ゲームレビュー 1部紹介

このブログに書いているゲームのレビュー記事をほんの少しだけ紹介。

広告

初めて読みに来てくれた人のための10記事

今すぐチェック

-スパロボT
-,

Copyright© 真の矢 , 2019 All Rights Reserved.