ゲームブログ ゲームの評価とレビュー、攻略情報など

真の矢

レッドデッドリデンプション2 オンライン正式版 タイトル画面

RDR2

レッドデッドリデンプション2 オンラインの評価とレビュー

投稿日:2018/12/10 更新日:

広告

こんにちは、シンヤ(@shinya_shinnoya)です。

今回はレッドデッドリデンプション2のオンラインモード『レッドデッドオンライン(RDO)』の評価とレビューです。

ストーリーモードのレビューも気になる人は、レッドデッドリデンプション2 ストーリーモードの評価とレビューをお読みください。

このレビュー記事は最初ベータ版の内容を書いていましたが、2019年5月にベータ版が終了し正式サービスとなり、継続的なアップデートでゲーム内容が大幅にパワーアップしました。そのため改めてプレイしてこのレビュー記事も正式版の内容に更新しました。

レッドデッドオンラインはどんな感じ?

レッドデッドオンラインはどんな感じなのか『世界観や時系列など』『何をするの?目的は?全体の内容など』『非常に遊びやすくなった』この3点を通して紹介します。

世界観や時系列など

自分のキャラクターを作り、ストーリーモードのマップを舞台に自由に旅をしたり、他のプレイヤーと協力プレイや競い合ったりすることができます。世界観や雰囲気もストーリーモードのものをそのまま引き継いでいて、操作方法は基本部分に関してはストーリーモードと同じです。

オンラインモードにも専用のストーリーが用意されていて、時系列としてはストーリーモードの物語が始まる前の物語になります。操作の慣れだったり登場するキャラクターとの関わりがより楽しめると思うので、ストーリーモードをクリアしてからオンラインモードを始めるのがおすすめです。

レッドデッドリデンプション2 オンライン キャラ作成
最初に自分が操作するキャラを作る

何をするの?目的は?全体の内容など

レッドデッドリデンプション2 オンライン ストーリーシーン

オンラインモードにあるストーリーは、2019年10月12日時点では一区切りついた状態となっています。もし新たなストーリーが追加されるなら新章開幕といった感じになるでしょう。

ストーリーは基本マルチプレイでの攻略になります。フレンドといっしょにやるか野良マッチングで進めていきます。レッドデッドオンラインの基本となる放浪モードは多くのプレイヤーとマッチングすることになりますが、オンラインのストーリーのマッチングは時間帯によってはマッチングしないことがあるので、人が多そうな時間帯に遊ぶといいでしょう。

放浪モードというのは、レッドデッドリデンプション2のマップにオンラインで入ることです。オープンワールドのマップに自分とコンピューターキャラだけでなく、他のプレイヤーもいるということですね。

ベータ版の時はそのセッションに参加している他のプレイヤーの位置まで確認することができましたが、現在は特定の状況以外では他のプレイヤーの位置の確認をすることはできません。人数やプレイヤー名を確認することはでき、大体どの時間帯にも10人前後はいる感じです。多い時は20人以上いて必ず誰かとすれ違いますね。

レッドデッドオンラインのストーリーミッションのマルチプレイやその他の対戦モードなどは多分全セッションとのマッチングになっていると思うので、そういった意味でも思うようにマッチングしない時は遊ぶ時間帯を変えると良いと思います。

またアップデートで職業が追加されました。自分が作ったキャラクターと職業にはレベルがあり、ストーリーミッションやイベント、サブミッションなどをクリアして経験値を稼ぎレベルを上げていきます。レベルが上がることで購入できる武器や服などが増えていき、貯めたお金でそれらを購入し、自分好みにカスタマイズを楽しむというのがゲームとしての流れのひとつになります。

レッドデッドリデンプション2 オンライン 焚き火

レッドデッドリデンプション2 オンライン正式版 ストーリーシーン2
ストーリーミッションは協力している感じが楽しい

レッドデッドリデンプション2 オンライン正式版 職業
職業が追加され、専用のミッションも追加された

レッドデッドリデンプション2 オンライン正式版 キャンプ
最初はキャンプも寂しい感じだが…

レッドデッドリデンプション2 オンライン正式版 キャンプ2
レベルを上げてキャンプ設備を購入していくと拠点として使えるようになっていく

非常に遊びやすくなった

システムの調整がされベータ版の時と比べ非常に遊びやすくなりました。ベータ版の放浪モードでは他のプレイヤーからいきなり撃たれるということがセッションによっては多くありましたが、現在は防衛モードなどの機能が追加され、他のプレイヤーとの突然の撃ち合いを楽しみたいのではなく、そこで生活しているような感じを楽しみたいという人が気にすることなく遊べるようになりました。

ミッション内容や行動によっては防衛モードが強制的に変わってしまうことがありますが、その他の機能追加などのおかげで邪魔をしてくるような人は減ったように感じますし、そういう人がいたとしてもそういう人は遠く離れていても位置を知ることができるので避けることが可能です。防衛モードが変わってしまっても時間経過などですぐに戻すことができるので安心です。

また正式版になるころにあった大型アップデートでは400以上の不具合修正がおこなわれました。とてもすごいことですが、いかにベータ版が酷かったか分かるかと思います。でも今は明らかに良くなっています。

あのキャラに会える喜び

ストーリーモードを楽しんだ人ほど、登場に嬉しく思うキャラクターがいるのではないかと思います。ストーリーモードの物語は重みのあるもので、その分個性的で記憶に残るキャラクターも多くいましたよね。

そういうキャラクター達とオンラインモードで自分の作ったキャラと関わることができるのは、この世界観で遊び続けたい人にとっては堪らない喜びになるのではないでしょうか。

例えばセイディが登場しますが、時系列はストーリーモードの物語が始まる前になるので、夫婦で生活している姿を見ることができます。

セイディはあの悲しい事件から立ち直り人が変わったように戦うようになりますが、実はあれが本来のセイディだったんですね。セイディの夫がとても落ち着いていて優しそうな人で、夫の優しさがセイディを変えていたんだと分かります。でもその優しさがあれに繋がってしまうってことなんでしょうね。

まだ2019年10月12日時点でストーリーモードから登場していないキャラは多くいるので、今後のアップデートで登場してくるかもしれないと思うと、とてもワクワクします。ちなみにセイディもアップデートで登場するようになりました。セイディ夫婦からはサブミッションを受けることが可能です。

まだ直してほしいところはある

ベータ版の内容のレビューではバグのことも色々書いていましたが、正式版ではかなり改善されています。僕が確認したバグのリストも、このレビュー記事更新にあたって削除しました。

ですがまだ完全とは言えないですね。キャンプが選択した場所とは別の場所に設置されることはなくなりましたが、設置することが全くできないことがあります。確か他のプレイヤーが設置していることで場所がない場合は、その説明がされるようになったと思うんですが、その説明がない時も全く設置できない時があります。

セッションエラーで強制退出も運が悪いと頻繁におこります。ただ以前と比べて確実に良くなってきているので、これらも今後のアップデートで改善される可能性は高いのではないかと思います。また2019年10月12日時点で僕は確認していますが、毎回いつも発生しているわけではないので、完全とはいえませんがそれに近い状態になってきていると感じます。

レッドデッドオンライン 評価

レッドデッドリデンプション2 オンライン正式版 景色

ベータ版ではゲームプレイに支障をきたしているところが多く良い状態とは言えませんでしたが、正式版になりアップデートも継続的におこなわれグッと面白くなりました。

今はコンテンツも充実してきて色々な遊び方ができるようになっています。ストーリーモードにあった突然発生するミニイベントもオンラインモードで発生するようになり、コンピューターキャラも増え、ストーリーモードに近い生活感をオンラインで感じながら遊べます。

ベータ版の時は低評価にしていましたが、再評価ということで、星5段階評価で星4つとします。

グッドポイント

ストーリーモードで会ったキャラとオンラインでも会える

こんな方におすすめ

  • レッドデッドリデンプション2のストーリーモードを楽しんだ人
  • ストーリーモードであった生活している感じをオンラインでもしたい人
  • コツコツとレベルを上げて積み重ねていくのが好きな人

評価:☆☆☆☆

広告

ゲームレビュー 1部紹介

このブログに書いているゲームのレビュー記事をほんの少しだけ紹介。

広告

初めて読みに来てくれた人のための10記事

今すぐチェック

-RDR2
-

Copyright© 真の矢 , 2019 All Rights Reserved.