ゲームブログ ゲームの評価とレビュー、攻略情報など

真の矢

プロジェクトニンバス トップ画面

プロジェクトニンバス

プロジェクトニンバス 評価 ロボットアニメ好きなら必ず刺さる良作

投稿日:2018/06/22 更新日:

広告

こんにちは、シンヤ(@shinya_shinnoya)です。

今回は『プロジェクトニンバス CODE MIRAI』の評価とレビューになります。ゲームをクリアして、やり込みもした状況での評価とレビューです。

現在はDLCとセットになったコンプリートエディションも配信されていて、そのことについても書いています。

どんなゲームなの?ボリュームは?

基本のシステムや流れ、ボリュームなどをまずは簡単に紹介。

空中戦メインのロボットアクション

プロジェクトニンバスは空中戦がメインのロボットアクションゲーム。ハイスピードロボットアクションを売りにしていて、言うだけのことはあるキレッキレの高速戦闘を楽しむことができます。

戦闘フィールドはかなり広くて、しかもその範囲なら立体的に自由にほぼ制限なく行動できるので、スピード感のあるバトルと相まってとても気持ちが良いです。

公式のPVを貼っておきますのでこちらも見てもらえれば、どんなゲームなのかより分かってもらえるかと思います。

ゲームの流れとシステム

ゲームはステージ制。メインとなるキャンペーンモードではステージ開始時にストーリー説明と、出撃前に会話形式によるストーリー展開や物語の解説を聞くことができます。

出撃ロボットは基本固定(1部のステージや他のモードでは選択可能)。ロボットのカスタマイズ要素は一切なく、各ステージに用意されたロボットで攻略していきます。

難易度はイージー、ノーマル、ハードの3段階で、ステージ選択画面にて難易度を選ぶことが可能。

プロジェクトニンバス 出撃前
出撃前には任意で会話を聞くことができる

プロジェクトニンバス ステージ開始時
ステージが始まる時は物語の説明がある

ストーリー

3つの組織があり(細かく見ると4つあったかも)、それぞれに所属している各キャラクター達の視点で物語が進んでいきます。

ただバランスよくそれぞれの組織から見た物語があるわけではなく、描かれる数には組織ごとに差があります。

ゲームのボリュームとDLCについて(コンプリートエディション)

コードミライのキャンペーンモードをクリアするだけなら10時間前後でクリアできるボリューム。やり込みをするなら15時間から20時間前後といったところでしょうか。

ただコードミライのキャンペーンモードは第2章までのプレイとなっており、これだけでは物語は完結しません。DLCのRISE MIRAIを購入して拡張することで第3章と第4章がプレイ可能となり、最後まで遊ぶことができるようになります。

すでに本作を持っている人はDLCを購入することで、これから遊ぼうと思っている人は本作とDLCがセットになっているコンプリートエディションを購入することで、最初から最後まで楽しめるようになっているということですね。

なのでDLCのボリュームも足すとなるとそこそこのボリュームになります。

気になった点として、コードミライとライズミライ、共にやり込み要素が苦痛だったので、やり込み派の人はこのことを少しだけ頭に入れておくと良いと思います。

現在はバランス調整のアップデートが配信されたので改善されている可能性があります。ライズミライの調整のアップデートが配信される前にやり込んだので、レビュー内容はその時のものです。アップデート後はプレイしていないので本当に改善されたかどうかは確認していません。

やり込むことをあまりしない人は十分にコンプリートエディションを楽しめると思います。調整のアップデートが配信される前にやり込んだ視点からDLCのレビューをしていますが、気になる人は、プロジェクトニンバス ライズミライの評価とレビューをお読みください。

良かったところ

プロジェクトニンバス コードミライの良かったところを『ロボットアニメ好きにはたまらない』『ロボットアニメを自分で動かしているような感覚』この2点から見ていきます。

ロボットアニメ好きな人にはたまらない

ロボットアニメが好きな人が必ず反応するような世界観や設定がとても素晴らしいですね

受動的に遊ぶとよくわからない部分が多いような気がするかもしれませんが、短いロード中画面に表示される世界観や設定の説明を読んだり、出撃前の会話ログをよく聞くと、しっかりとした土台があることが分かるかと思います。

プロジェクトニンバスはロボットのことをバトルフレームと言いますが、世代による性能の違いや、人間とコンピューターを接続して意識の共有ができるようになることを目指している、といった話しのあたりは、ググッと引き込まれます。

組織や立場の違いから生まれるそれぞれのキャラたちの思惑や、世界の歴史の真実など、組織ごとに物語が展開するので面白く、続きがとても気になります。

またヒロインが戦争や戦うことについて悩んだり、戦場で相手と意識を共有してしまうような展開(もしかしたら共有ではなかったかも)は心が踊りますね。

またファンネルやドミニオン艦、スカル1といった知っている人ならニヤリとなる名称や赤い機体も登場します。た、たまりません!

プロジェクトニンバス ベルクト
サバイバルモードで機体設定を読むことができる

ロボットアニメを自分で動かしているような感覚

プロジェクトニンバス ゲーム画面

かなり速いスピードで立体的に動かすことができるので、上手に操作できてカッコ良く決めれた時はその瞬間の前後、キュリリリーンと聞こえたり種割れしたような気分になれます。

またあるステージではあの作品のアレみたいになりますので、興奮しました。

ハイスピードすぎてロボットに重みが感じられないのと、敵のミサイル系の武器が強すぎて困惑してしまうことがありますが、ロボットアニメで描かれるあの空を縦横無尽に駆け抜けることが本作でもできるのはとても素晴らしい部分だと思います

気になったところ

プロジェクトニンバス コードミライの気になったところを『ターゲットが見えない時がある』『やり込み要素が苦痛』この2点から見ていきます。

ターゲットが見えない時がある

ステージによっては景色の色とターゲット選択した時の色がほぼ同じで重なってしまい、敵がどこにいるのか全く分からないという状況になってしまうことがあります

ここはゲームの快適性を損なっていると強く感じましたね。

やり込み要素が苦痛

プロジェクトニンバス コードミライのやり込み要素は、トロフィーの取得やサバイバルモードでどこまで生き残れるか、といったものになると思います。

トロフィーの取得でひとつだけ理不尽なのがあったのと、条件付きのクリアが求められるものでただただ時間がかかったり、条件が少し分かりにくいのがあって、やり込み要素の達成が苦痛でした。

僕は割と1本のゲームを深くやり込むことが多く、例えばトロフィーでもコンプリートした後も遊んだり、トロフィーの取得に関係のない要素のコンプリートもやってしまうようなタイプ。

こういうのはほとんど苦を感じないで楽しめる人間なのですが、珍しくプロジェクトニンバスでは、苦痛でしたね。やり込み要素に限っては改善が必要なレベルだと思います

プロジェクトニンバス コードミライ 評価

ターゲットの確認が難しい時があるのと、やり込み要素が苦痛という気になった点がありました。

しかし、ロボットアニメが好きな人にとってはたまらない近未来の世界観や設定と、ハイスピードな戦闘が可能なシステムは素晴らしく、キャンペーンモードは楽しかったです。

良い意味で値段相応の品質なのではないかと思います。良いゲームですよ。

やり込み要素の件で評価は星3つか星4つで迷いましたが、ロボットアニメが好きな僕の心にグッと刺さったゲームだったので、星5段階評価で星4つとします。

グッドポイント

ファンネル!

こんな方におすすめ

  • ロボットアニメ好きな人
  • やり込みをあまりしない人
  • ハイスピードアクションを楽しみたい人

評価:☆☆☆☆

PlayStation Storeで見る:プロジェクト・ニンバス:コンプリート・エディション

ニンテンドーeショップで見る:プロジェクト・ニンバス:コンプリート・エディション

広告

ゲームレビュー 1部紹介

このブログに書いているゲームのレビュー記事をほんの少しだけ紹介。

広告

初めて読みに来てくれた人のための10記事

今すぐチェック

-プロジェクトニンバス
-

Copyright© 真の矢 , 2019 All Rights Reserved.