ゲームブログ ゲームの評価とレビュー、攻略情報など

真の矢

プロジェクトニンバス ライズミライ トップ画面

プロジェクトニンバス

プロジェクトニンバス DLC『ライズミライ』評価とレビュー

投稿日:

こんにちは、シンヤ(@shinya_shinnoya)です。

今回はプロジェクトニンバスの大型拡張DLC『RISE MIRAI(ライズミライ)』の評価とレビューです。

約15時間遊んでクリアはもちろん、追加のトロフィーのコンプリートもした状態での評価とレビューになります。

評価

星最大5つで評価。

ターゲット関連などのシステム面や、やり込み要素、全体を通しての難易度調整において雑な作りをしている印象を受けました。

コードミライで気になっていた部分がもっとひどくなってしまった感じです。コードミライは面白かったので今回の追加コンテンツには期待していたのですが、大きな期待外れという形になりました。

ストーリーのイベント演出がコードミライと比べ良くなっていたり、物語が完結するコンテンツということで主人公達の後継機や新しい武器などもカッコ良く、キレイに話しも終わって良かったのですが、それらの良い部分を気になった点が全て台無しにしてしまいましたね。

非常に残念に思えたDLCでした。よって評価は星1つです。

どんなDLC?

プロジェクトニンバス ライズミライ ミッション開始前

プロジェクトニンバス CODE MIRAIの大型拡張コンテンツなんですが、少し特殊なものになっています。

コードミライではストーリーモードになるキャンペーンモードが第2章まで遊ぶことが可能で、続きがある状態で一旦終了という形をとっていました。(公式からも続きがあるということがアナウンスされていました)

そして今回のDLC ライズミライで第3章と第4章が遊べるようになり、物語がこれで完結するというものになっています。なので本編とその追加コンテンツという関係ではなく、どちらも本編であり正確には前半と後半というような扱いになりますね。

コードミライをすでに持っている人は今回DLCのライズミライを購入することで1本のゲームになるようなイメージで、初めて遊ぶ人はセットになっているコンプリートエディションを購入することで最初から最後まで遊ぶことができるというわけですね。

コードミライのレビューも書いていますので気になった人はこちらからお読み下さい。

ボリュームは?

キャンペーンモード(第3章と第4章)をクリアして追加モードを少し遊ぶ感じだと、2時間から5時間前後になるのではないかと思います。

トロフィーの取得だったり、やり込んで遊ぼうと思うと10時間から20時間くらいは遊べるのではないかと思いますね。ちなみに僕は約15時間遊んでDLCのトロフィーのコンプリートをしたり追加モードも楽しみました。

プロジェクトニンバス ライズミライ 戦闘
アクション自体は面白い

プロジェクトニンバス ライズミライ 戦闘2

プロジェクトニンバス ライズミライ ウォーフロントモード
追加されたウォーフロントモード。このモードでは機体を強化することができる。

良かったところ

プロジェクトニンバス ライズミライ イベント

ストーリーの演出がコードミライよりもパワーアップしていて楽しめました。特にヒロインについてはきちんと物語にそって描写されていたので、より話しの流れを理解して楽しむことができるようになっていると感じましたね。

ただガンダムっぽい展開が結構あったのと、ちょっと登場しただけのキャラクターが多くいて、そのキャラ達はあの後どうなったのかなと気になりました。

プロジェクトニンバスが気になっている人はロボットアニメが好きだったりすると思うので、大丈夫だとは思いますが、もしロボットアニメはそんなに見ないんだという人には少し分かりにくい場面があるかもしれません。

プロジェクトニンバス ライズミライ 未来

プロジェクトニンバス ライズミライ 出撃シーン

プロジェクトニンバス ライズミライ イベント2

ミッションにバリエーションが増えた

ただ敵を倒すだけじゃなく、ミッション中の変化にあわせて次にとるべき行動が変わっていったのは面白さに繋がる工夫だったのではないかと思います

まあ、選択肢がいくつかあってそれで結果が変わるとかそういうのはないので、1回遊んだらそれで十分っていう感じではあるんですが、少なくとも初見は単調ではないです。

プロジェクトニンバス ライズミライ ウォーフロントモード2
ウォーフロントモードでもいくつかのミッションを楽しめる

気になったところ

難易度が大幅に上昇していることがとても気になりました。ステージによってはライズミライの難易度イージーはコードミライの難易度ハードくらいあるのではないかと感じましたね。

その原因のひとつになっているのが、ターゲット関連のシステム周りだと思います。

まずマーカーが見にくいというのがありますし、敵からの攻撃はバンバン受けてしまうのにこちらの攻撃が全然当たらないんですよね。射線や射角、射程の概念があるのでそれらを意識して動いているのですが当たらない時は全く命中しないです。もちろんロックオンしているのに、です。

敵と向かい合って撃ち合った時もこちらの攻撃がヒットしていなくて敵の攻撃がフルヒットしたことも1度だけあったので、敵の方に命中回避の補正があるのではないかと疑っています。

補正の有無が僕の勘違いだったとしても、全く攻撃を当てることができない時があるせいで攻略はものすごく難しくなってますね。操作に慣れていない人は難易度イージーでも苦戦するのではないかと思います。

そしてこれのせいでトロフィー獲得が超難しくなってて、運もちょっと必要だなと感じました。特定のトロフィー取得時のプレイについては、もう1回やれと言われてもできる気がしません。

敵の数と敵のダメージ量がその難易度に対して多すぎるのではないかと思いました。それか同じ射線上にいて武器も射程内なら、目で見て分かるくらいの大きな回避行動がない限りきちんと命中するようになるだけでもかなり違うと思います。

現状、理不尽だと思うゲームプレイにおける展開がかなり多いです。またやり込もうとなると多くの人が繰り返しプレイになると思いますが、ところどころでスキップできなかったり、ステージの最初からやる必要があったりと、ストレスに感じる部分も多くありました。

失敗したー!またここからやらんといかんのかーい!ってなります。本当に難しいので、やりこむ場合は覚悟が必要。調子が悪いと丸一日苦痛に耐えなくてはいけないかもしれません。

まとめ

ある程度の難しさというのは必要だと思います。でもそこには頑張ったり工夫すれば何とかなるかもって思わせるべきだと思うんですよね。

ライズミライはそんな気がなくて、下手したら攻略の糸口すら掴めません。

そういうゲームではないと思うので、もう少し調整が欲しいなと強く思いました。

コードミライは良い意味で値段相応の作品と評価しましたが、ライズミライはそうはいきません。購入はよく考えてからの方が良いと思いますし、アップデートで何かしらの変更がない限りは購入は控えたほうがいいですね。

それかやり込みはしないで、第3章と第4章を難易度イージーかノーマルでクリアするだけにして、ストーリーを気軽に楽しもうと最初から決めてプレイすればコードミライのように楽しめるかもしれません。

ゲームレビュー 1部紹介

このブログに書いているゲームのレビュー記事をほんの少しだけ紹介。

広告

管理人おすすめゲームランキング

僕がおすすめするゲーム3本を紹介。ぜひ、次に遊ぶゲームの候補に入れてみてください!

【オープンワールド】Horizon Zero Dawn

アーロイという女性が主人公。自分の生まれについて調べていくうちに、世界の秘密を追うことになる本格ハンティングアクションで、オープンワールドになります。

【オープンワールド】スパイダーマン

正義と悪がキッパリ分かれる勧善懲悪ではない物語で、キャラの思いが複雑に描かれるのと、かと言ってファンタジーやSF系の作品にあるような歴史を感じたりするような壮大さというのはあまりなく親しみやすい。すんなりと入ってくる物語なのに重みもしっかりある、自信を持って面白かったと言えるストーリーでした。

【重力アクション】グラビティデイズ2

Amazonで見る:GRAVITY DAZE 2

このゲームの主人公は重力使いのキトゥンという女の子なんですが、もうとってもカワイイんですよ。なんて明るくて前向きで良い子なんだと、ゲームをプレイしてて思います。とても魅力的な主人公だと思いますね。

-プロジェクトニンバス
-,

Copyright© 真の矢 , 2018 All Rights Reserved.