ゲームブログ ゲームの評価とレビュー、攻略情報など

真の矢

インディペンデントカルチャーマガジン 硝煙画報 表紙

ブログ

インディペンデントカルチャーマガジン 硝煙画報にフォートナイトのレビュー記事を寄稿しました

投稿日:

こんにちは、シンヤ(@shinya_shinnoya)です。

sailor@紐育春秋さんからツイッターでメッセージを頂き、『硝煙画報』というインディペンデントカルチャーマガジンにフォートナイトのレビュー記事を寄稿しました。

インディペンデントって何だ?って最初思ったんですが、少人数で本を作って売ることをインディペンデント出版と言うみたいです。独立といった意味からきているみたいですね。

フォートナイトのレビューはこのブログにも書いているのですが、今回それをベースに新たに書かせていただきました。ブログに書いた内容の約2倍の量を書いたと思います。

ちなみにブログに書いているレビューはこちらです→【フォートナイト 評価】変わっていくことが面白くてやめられない!

1部紹介

自分が書いた記事と目次の1部だけ紹介します。

目次の1部。

インディペンデントカルチャーマガジン 硝煙画報 目次1部

書いた記事はこんな感じ。僕は記事を書いただけで、レイアウトや修正などはsailor@紐育春秋さんがやってくださいました。

インディペンデントカルチャーマガジン 硝煙画報 自分の記事

5ページ目がない…!

最終確認した段階では5ページ分あったのですが、完成した硝煙画報を頂いて確認したら最後のページがありませんでした。編集の都合だと思うので仕方ないですね。

ただレイアウトも組んでいただいたページですし、最後のまとめみたいなのがまるっとのっていないので、ここで最後の1ページ分も紹介します。

インディペンデントカルチャーマガジン 硝煙画報 自分の記事 5ページ目

感想など

sailor@紐育春秋さんからメッセージを頂き企画ページを読んで、熱量の高さや正直なところに惹かれ、引き受けることにしました。

参加させていただく機会を与えてくださり改めてお礼申し上げます。

まだ全てを読みきっていないのですが、硝煙画報 創刊号ということでアニメや音楽、Vtuberの鳩羽つぐの特集を中心に、関連する考察やコラム、マンガなども掲載されています。

なかには難しそうなテーマを扱っているものもあって読み応えあります。

他の方のコンテンツのレベルが高くて、その中にポツンと自分の軽い感じの文体で書かれている記事が掲載されていると思うと恐れ多いのが正直なところ。

新しいことを知ると同時に、そういった面からも読んで勉強して、僕としても今後に活かしていきたいと思います。

硝煙画報 最新情報は

sailor@紐育春秋さんのツイッターアカウントをフォローしておくと今後の情報を知ることができると思います。

今回硝煙画報 創刊号は文学フリマでの販売でしたが、通信販売も予定しているそうです。

ぜひ興味のある人はチェックしてみてください。また今回手にとっていただいた方ありがとうございます。大切に保管し、ふとした時にまた読んでもらえるようなことがあれば、ひとつのコンテンツとして参加した身として非常に嬉しいです。

ゲームレビュー 1部紹介

このブログに書いているゲームのレビュー記事をほんの少しだけ紹介。

広告

管理人おすすめゲームランキング

僕がおすすめするゲーム3本を紹介。ぜひ、次に遊ぶゲームの候補に入れてみてください!

【オープンワールド】Horizon Zero Dawn

アーロイという女性が主人公。自分の生まれについて調べていくうちに、世界の秘密を追うことになる本格ハンティングアクションで、オープンワールドになります。

【オープンワールド】スパイダーマン

正義と悪がキッパリ分かれる勧善懲悪ではない物語で、キャラの思いが複雑に描かれるのと、かと言ってファンタジーやSF系の作品にあるような歴史を感じたりするような壮大さというのはあまりなく親しみやすい。すんなりと入ってくる物語なのに重みもしっかりある、自信を持って面白かったと言えるストーリーでした。

【重力アクション】グラビティデイズ2

Amazonで見る:GRAVITY DAZE 2

このゲームの主人公は重力使いのキトゥンという女の子なんですが、もうとってもカワイイんですよ。なんて明るくて前向きで良い子なんだと、ゲームをプレイしてて思います。とても魅力的な主人公だと思いますね。

-ブログ

Copyright© 真の矢 , 2018 All Rights Reserved.