ゲームブログ ゲームの評価とレビュー、攻略情報など

真の矢

HG ヘルムヴィーゲリンカー 完成

HG IRON-BLOODED ORPHANS

HG ヘルムヴィーゲリンカー 製作レビュー

投稿日:

広告

こんにちは、シンヤ(@shinya_shinnoya)です。

今回はHGIBO ヘルムヴィーゲ・リンカーの製作レビューです。

製作内容とレビュー

HG ヘルムヴィーゲリンカー 正面
正面

HG ヘルムヴィーゲリンカー 横

HG ヘルムヴィーゲリンカー 後ろ
後ろ

今回おこなったことは以下の通りです。

  1. ゲート処理(ほんの一部)
  2. スジ彫り
  3. スミ入れ
  4. 部分塗装(ほんの少し)
  5. つや消し塗装
  6. つや消し塗装の修正

今回は前回の酷かった製作と比べ、割と納得できる製作をすることができました。現在の生活スタイルや環境、使える時間など総合的に含めて、楽しくできる範囲で作ることができたと感じています。

前回は表面処理でちょっと大変なところもありましたから。

ただエナメル塗料を使ってのスミ入れがうまくキレイにできなかったことや、筆塗りでつや消しをおこなったためムラだらけになってしまったのは大きな失敗でした。

修正したことでなんとか形になりましたが、箇所によってはつや消しではなくなっているところがあります。

スミ入れとつや消しがうまくいっていたらもっと早く完成させることができたと思うので、しっかりとここは反省したいところです。

100点を満点とするなら、今回の製作は60点といったところでしょうかね。

HG ヘルムヴィーゲリンカー ポーズ

HG ヘルムヴィーゲリンカー ポーズ2

とんでもない武器です。ヴァルキュリアバスターソードと言います。ちなみに片手で振り回しているようなポーズはとることができません。重いです。

HG ヘルムヴィーゲリンカー ポーズ3

ヴァルキュリアバスターソードには伸縮と分離のギミックがあります。カッコいい!

ヘルムヴィーゲリンカー。ガンダム作品に登場する機体には見えませんね。スーパーロボットですよこれ。

角から謎エネルギーによるビームをだせても違和感なさそう。ヴァルキュリアバスターソォォォォォォッド!!!って叫んで何もないとこからいきなりだして、一振りしてエネルギー衝撃波みたいなの飛ばしても全然いけそうな感じじゃないですか。

HG ヘルムヴィーゲリンカー 剣道モード
剣道モード(勝手に命名)。パーツの差し替えで再現。そういえばキルラキルにこんなやついたような…。

HG ヘルムヴィーゲリンカー 足
足の展開もパーツの差し替えで再現。

HG ヘルムヴィーゲリンカー 上半身アップ

HG ヘルムヴィーゲリンカー 上半身横

HG ヘルムヴィーゲリンカー 下半身

前回、次回の予定としてスジ彫りに力を入れたいと言いましたが、前回と比べスジ彫りした量というのは少ないです。なぜかというとこのヘルムヴィーゲリンカー、割としっかりとモールドなどが入ってる箇所が多く、元から情報量が多かったんです

HG ヘルムヴィーゲリンカー バックパック

特にバックパック部分は驚きました。ここスミ入れと、へこんでる部分を黒で塗っただけなんですよ。ここはスジ彫りしてません。

可動範囲は普通、接地性は良好といった感じで、これだけで見るとものすごく良いとは言えないかもしれませんが、ヴァルキュリアバスターソードやパワフルな機体デザイン、そしてモールドなどの情報量の多さと、全体で見れば結構良いキットなのではないかと思います

HG ヘルムヴィーゲリンカー ポーズ4

そういえばデカールも2箇所だけ貼ってます。今回は触らないところに貼ったので、動かしてるあいだに取れてしまったということはありませんでした。良かった。

HG ヘルムヴィーゲリンカー ポーズ5

HG ヘルムヴィーゲリンカー ポーズ6

HG ヘルムヴィーゲリンカー ポーズ7

こうして写真で見ると結構光の反射をしているので、思った以上につや消しの部分は剥がれているかもしれませんね。修正した時は、ムラになった部分と白くなってしまった部分だけをうまくとることができたかな、なんて思ってましたがダメだったかもしれません。

HG ヘルムヴィーゲリンカー ポーズ8

HG ヘルムヴィーゲリンカー ポーズ9

HG ヘルムヴィーゲリンカー ポーズ10

分離したハンマーを持っただけの状態もカッコいいですね。

良いキットだと思います。気になった人はチェックしてみてください。

Amazonで見る:HG 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ ヘルムヴィーゲ・リンカー 1/144スケール 色分け済みプラモデル

今後の製作予定

HG ヘルムヴィーゲリンカー ポーズ11

少し早い話しになるかもしれませんが、2019年はあと2体くらいは作りたいなと思っています。一応目標としては、最低1体、できれば2体、3体できれば最高、といった感じです。

今回のような感じでの製作でもっとミスを少なくできれば、早く完成させることができたり、情報量をアップさせる作業を追加できそうなので、現在の環境でより満足のいくガンプラを作ることができそうです。

具体的な時期としては、10月か11月に次を作りたいなと思っています。

またかと思われるかもしれませんが、次のガンプラも鉄血のオルフェンズシリーズから選ぶ予定です。キットやこんな感じで作ろうかなというのも大体決めています。

テーマはカラフルで明るい、です。アニメの活躍からは想像もできないような変なものを作りたいと思います。

それまではゲームを楽しみたいと思いますので、興味を持ってくれた人は、また10月か11月ごろに良かったら見にきてください。では、今回はこのへんで。

広告

ゲームレビュー 1部紹介

このブログに書いているゲームのレビュー記事をほんの少しだけ紹介。

広告

初めて読みに来てくれた人のための10記事

今すぐチェック

-HG IRON-BLOODED ORPHANS

Copyright© 真の矢 , 2019 All Rights Reserved.