ボーダーランズ2 タイトル画面

ボーダーランズ DDC

【評価 レビュー】ボーダーランズ2 やり込みしたくなる痛快FPS

投稿日:

こんにちは、シンヤ(@shinya_shinnoya)です。

今回はボーダーランズ2 ダブルデラックスコレクションに収録されているボーダーランズ2の評価とレビューになります。

約80時間やり込みしながらプレイしてクリア。この状態での評価とレビューです。

どんなゲームなの?

ボーダーランズ2はFPSというジャンルにRPGの要素を入れたゲームになります。操作キャラクターの成長システムがあって、ゲームの操作テクニックよりキャラ強化のほうに重点が置かれているわけですね。

FPSは難しそうなイメージがあると思っている人もいると思いますが、ボーダーランズ2には狙って撃つとか立ち回りなどのFPSの難しさというのは思っているほどなく、むしろFPSの雰囲気に慣れるのに最適な1本だと思います。

ストーリーやサイドミッションをソロかマルチプレイで協力して攻略していく。(マルチプレイをする場合はパーティを組む必要がある)

ボーダーランズ2 戦闘

ボーダーランズ2 戦闘2

ボーダーランズ2 スキル

多彩なフィールドで飽きない

本作のマップはオープンワールドにあるような広大でひとつのマップではなく、細かく分かれていてマップが切り替わる時は短いロードが発生します。

ただひとつひとつのマップは広いものが多く、草原や雪山、砂漠や火山といったマップやハイテクな建物が立ち並ぶマップなどもあり多彩。ダンジョン系のマップも奥が深くて複雑な構造になっていたりと、探索していて飽きることがありませんでした。

ボーダーランズ2 マップ

ボーダーランズ2 マップ2

ボーダーランズ2 マップ3

ボーダーランズ2 マップ4

ボーダーランズ2 マップ5

世界観など

ヒャッハー!!好き放題暴れまくるぜ!っていう世界観です。悪い悪い汚いやつたちがたくさん登場します。言葉や表現に汚いものやグロいものがありますが、ねちっこい感じはなく、突き抜けていて世界観にあっているので爽快感はあります。

でも一応、気になる人はPVなどでどんな感じなのかは確認しておいたほうが良いと思いますよ。

良かったところ

まず良かった点は、FPSに慣れていなくても問題なく楽しめるところですね。レベルが上がることで自分の体力が増えるのと、より強い武器が使えるようになります。

またレベル差でダメージが増減するようになっているので、いかに操作キャラの成長が大事になっているか分かるかと思います。

倒れてもチャンスタイムみたいなのがあり、その時間中に敵を倒すことができれば即座に復活することができるセカンドウィンドというシステムの活用や、敵にあわせて弱点属性の武器を使うことが攻略のコツになっていて、それらを意識して動きミッションを攻略していくのが面白かったですね。

ボーダーランズ2 セカンドウィンド

ボーダーランズ2 武器収集

やり込み前提の大ボリューム

クリアすると以下のような画面が表示され、より強い武器を手に入れることができ、より強力な敵と戦うことができるようになるトゥルーヴォルトハンターモードが遊べるようになります。これはいわゆるクリアしたセーブデータのレベルや装備などを引き継ぎ2周目をやるということ。

ボーダーランズ2 1周目クリア

少し調べてみたらどうやらこの2周目からが本番ということらしいのと、さらに周回プレイをすることでもっと強い武器や敵と戦うことがでできるようになるみたいです。

ダブルデラックスコレクションに収録されているボーダーランズ2はDLCも全て入っているので操作キャラクターは6人います。

メインストーリーなどにおいてキャラごとでほとんど変化はないとは思うのですが、気になるのならこれだけでも6周することができますね。本番と言われる2周目クリアも目指すのなら12周する必要があります。

ひとつのセーブデータで操作キャラはひとりなので、やり込むのならこのように周回しなくてはいけません。もうこれだけでもちょっとウンザリしてしまうぐらいのボリュームですよね。

僕は1周目はソロでほとんどのサイドミッションもクリアして、探索もしっかりとやりながら進めていったのでクリアするのに約80時間かかりましたが、ストーリーのみのクリアに集中すれば20時間から40時間くらいなのではないかと思います。

やり込むのが好きな人にはたまらないボリュームになっているのではないでしょうか。僕もやり込むのが好きで1本のゲームを長く深く遊ぶことが多いのですが、これはさすがに気が遠くなりそうですね。(良い意味でね)

これプラス、DLCの追加ストーリーなどがいくつもあるようです。「え!?えぇ…」ってなったでしょ?

気になったところ

少し気になった点としては、ゲーム開始時のつかみの弱さですね。前作から続いている物語ということですが僕は前作未プレイ。最初にあらすじが流れますが、あーそっかーって感じで物語には一切引き込まれることがありませんでした。

多分進めるのが速い人で数時間、僕は1周目は10時間前後かかったと思いますが、サンクチュアリという街に着いてから物語の展開がようやく始まって面白くなっていきます。

まずここで、合うか合わないかのハードルがあるのではないかなと思いましたね。

中盤において苦しい展開が続いた

1周目の本編はソロでクリアしました。ボーダーランズ2は設定で難易度を変更することはできなくて、キャラのレベルなどの成長要素や武器の強さで難易度が変わります。

プレイした感じ、序盤はとても簡単、終盤は簡単、中盤がとても難しく感じました

序盤は最初ということもあって敵も弱いですし、終盤ではレベルも上がってそれなりに武器も集まっていましたので攻略するのは簡単でした。

レベルも武器も何となく中途半端な時の中盤の攻略がとても難しくて、これマルチプレイじゃないと無理じゃね?と何度も思いましたね。結局は気合でソロでクリアしていったわけですが。

ポチポチとある感じならまだ良かったのですが、とても難しい場面が連続であったんですよね。セカンドウィンドや弱点属性での攻撃を活用しても倒せるか倒せないかギリギリって感じの連戦で。

一応サイドミッションなどもきちんとクリアして進めていたのでレベルはその段階においてはしっかりと上がっていて、ミッションを確認する画面上では難易度イージーとなっていたのですが、それでも難しかったです。

やり込み必須のゲームデザイン

さきほど、大ボリュームで超やり込みができるということで良かった点として紹介しましたが、これ、気になる点としても感じました。

最近ネットを見ていると、クリアすることを優先して攻略していき、あまりやり込まないでクリアしたら次のゲームをやる、というようなスタイルの人のほうがやり込み派の人よりも多いのではないかと感じています。

まあ、元からやり込む人って少数だとは思いますし、どっちが良いとか悪いとかそういう話しではなく、特に最近は面白いゲームがバンバンと発売されていますし、それにクリアすることを楽しむのがゲームですから、さらにやり込み派の人が減っているのではないかと思いますね。

間違いなくこのボリュームは今の時代にはあっていないと思います。単純にプレイする時間がないという人も多いでしょうしね。

また探索やサイドミッションをしっかりやることでストーリーが深掘りされたり分かる設定などがあったので、これだけのボリュームのあるゲームをメインストーリーのみを1キャラクターで1回クリアして満足するのは、実にもったいないことだと思います。

たっぷりと遊べるゲームデザインになっている分、やり込みが必須になっているとも言え、これは合う合わないの重要な判断材料になりそうです

評価

星最大5つで評価。

☆☆☆☆

中盤のソロプレイにおいて、クリアが難しいと感じた展開が何度も続いたのは僕にとっては1番気になる点になりました。レベルをしっかりと上げている状態だったので、もう少しスムーズにクリアできるようなバランスだったり、そういう展開は連続で発生しなければ気持ちはもう少し楽だったと思いますね。その時は負けて覚えるアクションゲームのような難しさを感じましたよ。

ですが、まだこんなにも遊べる!とやり込み派には嬉しい大ボリュームになっているのは気になった点でありながらも、とても良いところだと思います。雰囲気などが好きになって本気でやり込もうと思ったら1年くらいはこの1本で遊べるんじゃないかと思いますよ。

ボーダーランズ2自体は2012年に発売されたゲームということですが、リアルタイムで遊びたかったなと思った作品でもありましたね。では、今回はこのへんで。

シンヤ
もし、本作を手に取ったのなら、ヒャッハーして生き残ってください。サンクチュアリで会いましょう。

ゲームレビュー 1部紹介

このブログに書いているゲームのレビュー記事をほんの少しだけ紹介。

広告

管理人おすすめゲームランキング

僕がおすすめするゲーム3本を紹介。ぜひ、次に遊ぶゲームの候補に入れてみてください!

【オープンワールド】Horizon Zero Dawn

アーロイという女性が主人公。自分の生まれについて調べていくうちに、世界の秘密を追うことになる本格ハンティングアクションで、オープンワールドになります。

【RPG】ドラクエ11

主人公は自分が勇者の生まれ変わりだと知る。これからのことを知るために、デルカダール王国を目指す。

【重力アクション】グラビティデイズ2

Amazonで見る:GRAVITY DAZE 2

このゲームの主人公は重力使いのキトゥンという女の子なんですが、もうとってもカワイイんですよ。なんて明るくて前向きで良い子なんだと、ゲームをプレイしてて思います。とても魅力的な主人公だと思いますね。

-ボーダーランズ DDC
-

Copyright© 真の矢 , 2018 All Rights Reserved.