ホライゾン タイトル画面

【評価 星5つ】ホライゾン ゼロドーン 2周したのでレビュー

投稿日:2017/09/26 更新日:

広告

こんにちは、シンヤ(@shinya_shinnoya)です。

今回は『Horizon Zero Dawn(ホライゾン ゼロドーン)』の評価とレビューになります。2周しての評価とレビューです。

どんなゲームなの?

アーロイという女性が主人公。自分の生まれについて調べていくうちに、世界の秘密を追うことになる本格ハンティングアクションで、オープンワールドです。

ストーリーが進行するメインのクエストがあり、それとは関係のないサブクエストがいくつもあります。どのようにゲームを攻略していくかはプレイヤーの自由。

アクション要素は本格的で、色々な種類の道具や武器を活用することで、敵をより効果的に倒すことができる作りになっています。組み合わせによる戦術の幅は広く、色々な戦い方を楽しむことも可能です。

PV。

戦闘はこんな感じ。

良かったところ

Horizon Zero Dawn(ホライゾン ゼロドーン)の良かったところを『描かれる情報量の多さ』『それぞれの難易度で違った楽しさ 共通の醍醐味』『奥深いストーリーと膨大な資料データ』この3点から見ていきます。

描かれる情報量の多さ

グラフィックが感動できるほど美しく描かれる情報量も多いので、ただ走り回ってアイテム拾ってるだけでもストレスを感じないで楽しめます

どれだけ緻密に描かれているかはPVからでも見ることができますが、この2枚のプレイ画面のスクショでもそれが分かってもらえるかと思います。

ホライゾン フィールド

ホライゾン フィールド2

このグラフィックの美しさは、フォトモードで撮影したスクショが映えます。スクショを撮るのが好きな人にはたまらない世界です。

ホライゾン フォトモードで撮影

ホライゾン フォトモードで撮影2

フォトモードで撮影したスクショをまとめた、ホライゾンのフォトモード写真集という記事も作っているので、興味がある人は見てみてください。

それぞれの難易度で違った楽しさ 共通の醍醐味

僕は1周目は難易度ノーマル、2周目は最高難易度のウルトラハードでクリアしましたが、どちらの難易度でも緊張感のある戦闘ができたのでとても面白かったですね。

1周目の難易度ノーマルではゲームが進むにつれアーロイが成長していき、慣れもあってか後半は余裕を持って戦うことができました。最初は苦戦の連続で1体倒すだけでも大変だったのに、今はこんなにも簡単に倒せるようになった!っていう感覚が楽しかったです。

2周目のウルトラハードは大体1撃でやられるか2回くらい攻撃を受けると致命傷になる感じだったので、常に油断できないハラハラ感がありました。1周目の最初のころに感じた緊張を払拭することがなかなかできませんでしたね。新鮮な気持ちで遊べました。

今はイージーモードよりも簡単なストーリーモードというのがあります。アクションが苦手だったりストーリーの進行や探索に集中したい人はストーリーモードにすると良いでしょう。

戦闘では敵が複数いる時の隠れながらの攻撃や移動、敵が1体しかいない時の大胆な攻め、そのどちらもホライゾン ゼロドーンの醍醐味のひとつになるのではないかと思います

それぞれの難易度で違った楽しさがありながらも、醍醐味は共通して味わうことができる、素晴らしい調整だと思いました。

奥深いストーリーと膨大な資料データ

SFと自然の融合からなる世界観がメインのストーリーにはもちろん、サブクエストにもしっかりと活かされていて、全体を通して楽しめました。

また旅の途中でテキストデータやボイスデータなどを拾うことができ、それらを読んだり聞いたりすることでホライゾンの世界の過去に何があったのかを知ることができます。ひとつひとつ適度にボリュームがあってその数は多く、これを読んで想像することで世界が大きく広がります

メインストーリーについても、人間のエゴから生まれた世界崩壊のキッカケや、壮大なプロジェクトに関わったキャラクター達の活躍と悲劇、そしてそれらが主人公アーロイとどのような繋がりがあるのか、ぜひ奥が深いストーリーを遊んで体験してほしいなと思いますね。

気になったところ

物語の展開において、さまざまな出来事が結びついていく過程が複雑になっているところがあり、1回見たり聞いただけでは分かりにくい場面が中盤以降あります。

ただちゃんと見たり聞いていると、物事の流れの説明や背景がきちんと描かれていますので、ストーリーの理解度が人によって大きく変わってしまったり、誤解したままクリアしてしまう可能性があるかもしれません。

考察や予想をしながらプレイしていて、進行状況により違った予想をしているとかではなく、その部分がちゃんと描かれていてその場面を見たにも関わらず、よく分からなかった、というようなことになってしまうのではないかということですね。

ホライゾンは時間をしっかりと作ってガッツリ遊ぶのが良いと思います。1週間に1回、1時間だけ遊ぶとかだと、クエストの確認画面を見たりしても内容を忘れてしまって、そのあとのストーリーが頭に入ってこなかったり、ストーリーに関係する細かい演出なども分からなくなってしまうかもしれません。それは絶対にもったいないと思います。

1週間に1回、できれば2回くらいは長時間遊んだ方が、物語が繋がっていくところを続けて見ていくことができると思うので、内容を理解しやすいのではないかと思います。

またオープンワールドに慣れていない人は特に序盤において戸惑うことが多いかもしれません。気になる人はこちらのホライゾン 序盤のおすすめの進め方を参考にしてみてください。こんな感じでゲームを進めていくと慣れていくことができますよ、といったような内容になります。

ホライゾン ゼロドーン 評価

本当に完成度の高い面白くて素晴らしいゲームです。プレイする価値ありますよ。時間をたっぷりと確保して、ぜひ精巧なグラフィックと奥深いストーリー、そして機械獣ハンティングを堪能してほしいなと思います。

グッドポイント

ボイスデータなどを集めて繋がっていく物語は、繋がったと分かった時に痺れます!

本当にとても面白いですよ。ホライゾンは究極のオフラインゲームだと僕は思いましたね。よって評価は星5段階評価で星5つです。

こんな方におすすめ

  • 時の流れを感じる物語が好きな人
  • 武器や道具を使い分けて戦うのが好きな人
  • 続けて遊ぶことができる人

評価:☆☆☆☆☆

可能な限り間をあけないようにしてください。少しでも続けて遊ぶことで、僕が気になったところというのは軽減されると思います。

きちんと描かれますが複雑になっているので、特に中盤以降で1週間以上遊ばなかったり遊べない期間があると、再開した時についていけなくなる可能性があります。そうなってしまうと本当にもったいないので、そこだけは気をつけてほしいです。

また少しでも難しいと感じたら、イージーモードかより簡単なストーリーモードに難易度変更することをおすすめします。手に取ったのなら、主人公アーロイの物語を見届けてほしいなと思いますね。

機械獣の攻略記事も書いています。中盤あたりから出てくる機械獣に苦戦してしまうことがあれば、ホライゾンの機械獣攻略を参考にしてみてください。

現在はDLCとセットになったコンプリートエディションが発売されています。PSストアではセールで安くなっていることもあるのでチェックしてみてください。ただセールはいつもおこなわれているわけではありません。Amazonなどの方が安い時もあると思うので、気になる人は両方見てみると良いと思います。

2019年6月27日にPlayStation Hitsという廉価版のシリーズに加わり、価格が安くなりました。ゲームの内容は全く同じです。遊んだことがない人は絶好の機会ですよ。

販売価格は税込で約2,150円です。実際の価格はショッピングサイトや店舗によって前後する可能性があるので、しっかりと確認をしてください。

Amazonで見る:【PS4】Horizon Zero Dawn Complete Edition PlayStation®Hits

PlayStation Storeで見る:Horizon Zero Dawn Complete Edition PlayStation®Hits

DLCのレビュー記事も書いています。こちらのレビューも気になる人は、ホライゾンのDLC 凍てついた大地の評価とレビューをお読みください。それでは今回はこのへんで。

広告

Copyright© 真の矢 , 2019 All Rights Reserved.