真の矢

ホライゾン ウルトラハードでプレイする時のポイント

広告

ホライゾン アーロイとロスト

こんにちは、シンヤ(@shinya_shinnoya)です。

今回はホライゾンで最高難易度のウルトラハードでプレイする時のポイントを紹介します。

ホライゾン 最高難易度ウルトラハード

ウルトラハードは記事掲載時においてホライゾンで1番難しいモードになります。

ノーマルモードと比較して特徴は相手に与えるダメージが減少し、敵から受けるダメージが増加。そして敵のこちらを感知できる範囲がより広くなります。

またエイムアシストという矢弾の命中をサポートしてくれる機能が強制オフになり、中距離、遠距離からの攻撃を命中させるのが少し難しくなります。

他にもウルトラハードの仕様はありますが大きな特徴としてはこんな感じ。

一見、難しい印象がありますが準備をして挑戦することで、意外と難しさを感じることなく攻略していくことができますので、これから順番にポイントを見ていきましょう。

ニューゲームプラスで挑戦する

ニューゲームプラスとは、強くてニューゲームのことです。クリア時のデータを引き継いで最初からゲームを始めることができます。

慣れている状態、そして道具やスキルをクリア時のままでスタートできるので安心してゲームを進めることが可能

敵の攻撃モーションは基本同じなので、受けるダメージが増加していると言っても当たらなければどうということはありません。

初プレイの時のような緊張感があって新たな気持ちで楽しむことができますね。

シールドウィーバーがあればさらに楽に

シールドウィーバーという防具があります。これはステータスの能力アップの効果はありませんが、シールドが付くという大きな特徴があります。

このシールドのゲージ内なら攻撃を受けてもアーロイのHPが減ることはありません。またシールドゲージが回復するスピードもそんなに遅くないのでとても便利。

ウルトラハードだと、一撃でシールドが全部なくなってしまうことが多々ありますが、それでも1回分の攻撃をチャラにすることができるというのは心強い。

シールドの回復時間は回避に専念していれば確保できるので、これがあるだけでウルトラハードの攻略がスムーズになりますね。

ノラ・隠密の狩人(重)にステルス値を高めるコイルをつけて立ち回るという手もありますが、戦闘が避けられない場面などで予想外の攻撃を受けてそのままゲームオーバーになるということもありますので、シールドウィーバーの方がオススメ。

それか普段はノラ・隠密の狩人(重)にしておいて、敵に気付かれたら装備をシールドウィーバーに変えるという方法が良いでしょう。

シールドウィーバーはストーリー終盤で獲得できるアイテムですので、ニューゲームプラスでウルトラハードをプレイする前に、手に入れておきましょう

より慎重で丁寧なプレイ

ウルトラハードは敵の感知能力が上がっているので、ノーマルモードやハードモードで大丈夫だったこともウルトラハードでは大丈夫ではありません。

慎重に丁寧にプレイし、確実に1体ずつ倒していくことがポイントになります。1対1の状況を作れなかったらすぐに逃げて態勢を整える。

こうすることで時間がかかったり苦戦したとしても、ウルトラハードでゲームを進めることができます。

練習しておく

ニューゲームプラスでウルトラハードをプレイするには最低でもゲームを1周クリアしておく必要があります。

ニューゲームプラスでウルトラハードに挑戦する前に、 引き継ぎをするデータで機械獣の狩りに慣れておきましょう

理想は全機械獣に慣れておくことですが、コラプターとデスブリンガーは挑戦できる回数が限られているので、この2体は苦手のままでも構いません。

それ以外は禍ツ機シリーズを除いて何度でも狩ることができるので、余裕を持って倒せるようになるくらいまで狩って自信をつけておこう。

効果的な倒し方を知っていれば危機を乗り越えられる可能性が高まりますし、それらの方法はコラプターやデスブリンガーにも応用することができます。

準備をすればウルトラハードも恐くない!

初プレイでウルトラハードは本当にゲームが上手な人でないとクリアできないと思いますが、シールドウィーバーを手に入れ自信をつけてニューゲームプラスで挑戦し、慎重にプレイすることで多くの人がクリアできるのではないかと思います

しっかりと準備すればエキサイティングな狩りを楽しめますので、ウルトラハードの挑戦をためらっていた人はこの記事を参考にぜひ挑戦してみて下さい。それでは今回はこのへんで。