真の矢

よるのないくに2 ミュベールのクエスト攻略のコツ

広告

よるのないくに2 タイトル画面

こんにちは、シンヤ(@shinya_shinnoya)です。

今回はよるのないくに2のミュベールのクエストの攻略のコツを紹介します。

誘い系のクエスト

ミュベールのクエストで面倒と感じるのがこの誘い系のクエスト。全部で6個あります。

ミュベール 誘い系のクエスト一覧
クエスト名 内容
昏倒への誘い 5体の邪妖を気絶状態にする。
烈火への誘い 5体の邪妖を炎上状態にする。
氷刃への誘い 5体の邪妖を凍結状態にする。
雷鳴への誘い 5体の邪妖を感電状態にする。
毒蛾への誘い 5体の邪妖を毒状態にする。
魔性への誘い 3体の邪妖を魅了状態にする。

攻略のコツ

これらのクエストは、魔性への誘い以外は従魔を使うことで意外と簡単にクリアすることが可能です。順番に見ていきましょう。

昏倒への誘い

ピッツを使います。従魔アクションで武器パルチザンに変身。パルチザンに気絶属性が付いているのでそのまま適当に戦闘をすればOK。

烈火への誘い

エイルかネーロを使います。エイルの場合は火の大剣に変身でも火の属性が付くので攻撃で炎上状態にすることが可能。

ネーロは従魔アクションの攻撃が炎上状態にすることができるものなので、敵が集まっているところに使えばより効果的。

氷刃への誘い

グランツかフロワを使います。グランツは武器クリスタルソードに変身で氷属性を持ちますので適当に攻撃していればOK。

フロワは従魔アクションで敵を凍結状態にできるので、ネーロの場合と同様、敵が集まっているところに使おう。

雷鳴への誘い

ダンプかシャルフを使います。これも今までと同じパターンで武器での攻撃で感電状態にするか、従魔アクションの攻撃で感電状態にするか。

僕のプレイ感覚ではダンプでは感電状態にしにくく、シャルフだと簡単に感電状態にできたので、敵の弱点とかあったのかもしれませんが、僕としては感電状態にするのにはシャルフがおすすめ。

毒蛾への誘い

デュールかスポラを使います。デュールは終盤に仲間になりますので、クエストの進み具合によってはスポラで挑戦したほうが良いかもしれません。

スポラは従魔アクションの攻撃で敵を毒状態にすることができます。

魔性への誘い

ミュベールの特殊スキルで敵を魅了状態にすることができます。

低確率での発動なので、敵とひたらすら戦うことが攻略のコツになります。運要素が強いので、ミュベールのこの誘い系のクエストで1番面倒なクエスト。

まとめ

簡単にまとめるとこんな感じ。

  • 昏倒→ピッツ
  • 烈火→エイル、またはネーロ
  • 氷刃→グランツ、またはフロワ
  • 雷鳴→ダンプ、またはシャルフ
  • 毒蛾→デュール、またはスポラ
  • 魅了→ミュベールの特殊スキル

もしなかなか思うようにクリアできない場合は参考にしてみて下さい。