真の矢

ドラクエ11考察 過ぎ去りし時を求めて

広告

ドラクエ11 タイトル画面

こんにちは、シンヤ(@shinya_shinnoya)です。

この記事は、ドラクエ11をプレイして真エンディングを見た人向けの考察記事です。ネタバレがありますので真エンディングを見ていない人は、注意して読むかどうかの判断をして下さい。

考察 過ぎ去りし時を求めて

ドラクエ11 仲間達

過去に戻った、ということではない・・・?

本当の意味で世界を救うため主人公は魔王ウルノーガを倒したあと、過去の世界に行きますよね。

これ正確には過去に戻ったのではなく、過去に巻き戻しをしたのではないかと僕は思っています。

ウルノーガが大樹を落とす前までの時間に主人公だけが記憶と経験を持ったまま巻き戻った、ということです。

ラムダにいる夫婦で女性が、ウルノーガが大樹を落としたことで赤ちゃんが死んでしまい、深い悲しみをおったことをかすかに覚えています。

イベントでも大樹に行った時や、勇者のつるぎを作る時、セニカが過去に戻る時など、イベント中での会話やその後のメニューを開いての仲間との会話で、初めてのことでない気がする、というようなことを言う仲間がいます。

このことから主人公は過去に行ったのではなく、世界全体が過去に巻き戻しされた、ということが考えられるのではないでしょうか。

それならば、神の民の里で仲間全員が潜在能力解放で強さが元に戻ったり、ロウやマルティナがグランドクロスやデビルモードをその解放で覚えたのも自然な流れになると思います。

記憶と経験は頭の中では失っていても体が覚えていた、ということになるのではないかと。

なので主人公が過去に巻き戻しをした瞬間、あの魔王ウルノーガが誕生した世界自体なかったことになったのと、時間軸としては同じなので仲間達は同じ世界の同じ人物、ということになると思っています。

では、セニカが過去に行った件については…。

ただこの捉え方だと、セニカが過去に行ったことについて説明がつきませんよね。セニカが過去に行った時、主人公達は消えたりしないでそのまま世界も残りましたから。

ですが、主人公が記憶と経験を持ったまま時間を巻き戻したのではなく、セニカと同じように過去に行ったということなら、仲間達やラムダにいる女性の、そんなような経験をしたことがある気がする、というようなセリフはおかしいのではないかと僕は思うわけですよ。

もしセニカと同じなら、主人公以外は違う時間軸の同じ人物ということになりますからね。経験していないので、初めてではない気がする、というようなセリフをなぜ言えたのか理解することが難しいものになってしまいます。

僕が思うには、主人公の場合は過去に戻る時間がセニカと比べて長い時間ではなかったために、同じ時間軸での巻き戻し、つまりパラレルワールドにはならなかったのでないかと考えます。

それに対してセニカは戻りたい時間がいにしえの時代ということで、主人公と大きく時間が違うために同じ時間軸にはならなかった、というより、同じ時間軸にはできずパラレルワールドとして過去に行ったのではないかと考えます。

つまり、主人公は同じ時間軸の自分は含まない同じ人物がいる過去に巻き戻り、セニカは違う時間軸の自分は含まない同じ人物がいる過去に行った、ということなのではないでしょうか

なのでセニカが過去に行っても、主人公達の世界は消えることなく残った、ということになれば、話しがあわせられるのではないかと思います。

主人公とセニカでは過去の時間帯が違いすぎたために、過去への行き方が違ったのではないかということですね。

プチャラオ村にあった古代文明が滅びたのはウルノーガが原因ですが、その古代文明よりさらに前の時代になりますからね、セニカがいた時代というのは。

相当前になると思いますし、一方で主人公は数ヶ月だったはずなので、この違いの大きさから時間軸が変わったのでないかというのは、理由になるのではないかなと思います。

どちらが3へと続く?

最後の最後でハッピーエンドになり、3のオープニングが流れて終わるわけですが、どっちの世界なんだろう、という疑問がありますよね。

主人公の世界なのか、セニカが過去へ行った世界なのか。今までの考えでいくと、少なくとも2つの時間軸がありますから、どちらが3の世界につながったのかなと。

どちらもつながる可能性がありますよね。最初は聖竜の話しを聞いた主人公の世界が3につながるのではないかと思いました。

1の流れになる話しもありましたし。でも聖竜の話しは、セニカがウラノスが操られるのを阻止してローシュがニズゼルファを倒し、世界を平和にしたあとにセニカ達も聞ける可能性がありますから、難しいですよね。

ただ、その3のオープニングにあった本の内容がローシュではなく主人公達の活躍になっていましたから、主人公の世界がそうなったのかなー、とは思うんですけどね。

これは改めて3をプレイしてみて、共通点を探す必要がありそうです…。

ロミアの復活について

人魚のロミアが過去に巻き戻しすると復活しているんですよね。時系列で確認すると、本当のことをロミアに言っていたら泡になって消えているので、復活していることは一見、おかしいように思えます。

ですが、人間と人魚で時間の進み方が違うのと(寿命が違う)、白の入り江は時間の進み方が遅く感じるという仲間のセリフをメニューの仲間から聞くことができますので、このことから、過去に巻き戻しをした時に人間と人魚で多少のズレが発生した可能性があります

ただ疑問なのが、キナイがロミアを守っている時、その人魚をロミアだと思っていないところですね。

確か記憶違いでなければ、本当のことをロミアに言ったあとに一度会っているはずなので、変だなーというのはあります。

確認していませんが、嘘をつくと会わないみたいなのでそれが前提になっているのなら、本当のことを言った選択はどこにいってしまったのやら。もう一度プレイしてみないと分かりませんね。

想像してみると世界が広がりますね

以上、僕の考察でした。こうして考えたり想像してみると世界が広がって面白いですね。

みなさんはどのようにドラクエ11のエンディングやイベントを受け取りましたか。それでは今回はこのへんで。