真の矢

テイルズオブベルセリアをレビュー

広告

テイルズオブベルセリア

こんにちは、シンヤ(@shinya_shinnoya)です。

今回はPS4ソフト『テイルズオブベルセリア』をレビューします。

僕はテイルズシリーズはこれで3作目、ベルセリアのプレイ時間は約30時間でまだクリアしていません。この状況でのレビューになります。

基本システムなど

ストーリー(ネタバレなし)

主人公の復讐劇です。冒頭から暗い話が展開します。

ゲームの流れ

オープンワールドではありませんので、基本1本道のRPG。戦闘はアクションの要素がやや強い。

良いところ

遊びごたえのある戦闘が楽しい

戦闘はできることがたくさんあって、とても面白いですね。メインキャラクターは6人いるんですが、その全員を操作することが可能で、それぞれ使う技などのカスタマイズもできます。

この部分についてはシリーズではおなじみで、ベルセリアにおいても健在です。

戦闘中に操作キャラを変えることはもちろん、控えのメンバーとも交代することができ、バリエーションは豊富。

戦闘中の攻撃などのアクションは、戦闘中に変動する行動ポイント(ゲーム内ではソウルゲージと言う)がなくなるまで続けることができるシステムになっているんですが、技の組み合わせや連携で、上手く決まれば行動ポイントを切らさないで敵を一方的にボコボコにすることもできます。

決まった時は派手さもあって爽快。

各キャラクターの技の組み合わせなどのカスタマイズ、装備やその強化、装備から取得できるスキル、料理による一時的なパワーアップ、戦闘中における行動ポイントの管理、控えメンバーとの交代や操作キャラの変更、色々考えながら遊べて面白いです

ロード時間がほとんどない

ロード時間がどの場面においてもほとんどありません。多分、セーブしている時間のほうが長いです。

全くない、というわけではありませんが、それに近いレベルであるのは間違いなく、素晴らしい出来です。

安心の一本道

まず、キャラクターが自由に移動できる広大なフィールドというのはありません。ほぼ全て細かいマップ形式になっていて、そのマップ内なら自由に移動できるというものになっています。

そして物語の進行についても、自由度はほとんどなく、基本はストーリー展開にそったミッションのみが与えられます。

次にやることが明確になっていて、迷わずに物語を楽しむことができ、安心したゲームプレイができます

最近は自由度の高いオープンワールド系のゲームが話題になりますが、こうした1本道のゲームも良いものです。

気になったところ

移動スピードの遅さ

マップ内でのキャラの移動スピードが遅い。物語が進むと移動スピードが少しずつ上がっていきますが、それでもまだまだ遅いなーと感じますね。

早く移動することができるようになるレアボードというアイテムがあるみたいなんですが、約30時間のプレイでまだゲットできていません。

移動スピードが少しずつ上がっていくという要素は、せっかくのロード時間がほとんどない快適な冒険を損なっていると思います。

戦闘システムは面白いがやや複雑

戦闘はとても面白いです。ですが、理解してそれぞれのシステムを上手く使えるようになるには、色々なものがあるぶん、時間がかかると思いますし、全部使ってこその楽しさですので、面白くなってきた!って感じるのが人によっては遅くなってしまうかもしれませんね。

もしかしたら、面倒とすら感じてしまうかもしれません

また爽快感がありますが、とにかくキャラが戦闘中にしゃべりまくりますので、ゴチャゴチャしてうるさい時もありますね。

僕は、盛り上がって好きですけど。気になる人は気にしてしまうのではないかと思います。

評価

星最大5つで評価します。

総合評価

☆☆☆☆

序盤のマップ内の移動スピードの遅さや、戦闘に関係するシステムが多いことで少し複雑になっていることが気になる部分ではありますが、分かってくると面白くなる戦闘は爽快で、ロード時間もほとんどないことから全体のゲームプレイとしては快適です。

よって星は4つ。良いゲームです

それでは、今回はこのへんで。

Amazonでチェック