真の矢

iPhone 断線しにくい充電ケーブルがオススメ

広告

こんにちは、シンヤ(@shinya_shinnoya)です。

今回は僕が使っている断線に強いiPhone充電ケーブルを紹介します。

詳細

物はこちら。メーカーはロジテックですが、Apple認証品ですので安心して使うことができます

Amazonのレビューでは使えなかったというコメントがありますが、僕は約4ヶ月使用していて、記事掲載時下記の環境でも充電はもちろんパソコンとの同期も問題なく使えていますので、Apple認証品ということもありますし普通は使用に問題ありません。

  • iPhone6 Plus
  • iOS10.3.1
  • 使用期間 約4ヶ月

いまのとこ一切不具合なく使用できています。

ケーブルのみが入っていますので、コンセントから充電する場合は、iPhoneなどに付属している、対応したUSBポート付きの充電器と接続する必要があります。

ケーブルのパッケージ

メリットでもありデメリット

この充電ケーブルの特徴は断線に強いということなんですが、強いというだけあって純正のケーブルと比較して硬いです。

メチャクチャ硬いというわけではありませんが、安心できる強度であることは確かです。

ただしこれはメリットでもありますし、取り回しが悪いというデメリットでもあります。ケーブルが硬いために、場所によっては邪魔になることがあるんですよ。

まあだから、ケーブルに負荷のかかる(断線につながる)状態にはなりにくいですし、ケーブル自体も硬いので、結果として断線に強いというわけなんですけどね。

断線の心配とはおさらば

僕はこの充電ケーブルを、純正のケーブルが断線してしまい充電できる時とできない時がある状況になってしまった時に買いました。

電源関係は、もし何かおきてしまった時怖いですからね。僕は買って良かったと思っています。

価格は他のメーカーのケーブルと比べて記事掲載時約15%オフの1,500円と高いですが、新しいケーブルを買おうと思っている人は、候補のひとつに入れてみてはどうでしょうか。それでは、今回はこのへんで。

Amazonでチェック