真の矢

レゴワールド セーブデータ破損バグや巻き戻りバグは健在!

広告

レゴワールド

こんにちは、シンヤ(@shinya_shinnoya)です。

PS4ソフト、レゴワールドのセーブデータ破損バグに再び遭遇しました。またセーブが反映されないバグ、ネットでは巻き戻りバグや整地バグと言われているバグにも遭遇。

記事掲載時においての対処法も書いときますので、困っていたら参考にしてみてください。

セーブデータ破損バグ

日本で発売してから数日後におこなわれたアップデートでセーブデータ破損バグは修正したとありました。

ですが先日プレイしていてセーブデータ破損バグに遭遇。

アップデート配信前に1回とアップデート後に今回のでこれで2回目です。発生してしまったということは、まだ完全には修正されていないということなので、今後のアップデートが配信されるまで注意する必要があります。

対処法

レゴワールド セーブデータ破損バグ

今回僕がセーブデータ破損バグに遭遇した時の画面は↑のものでした。

前回に遭遇した時と違ってPS4で自動でバックアップを取っていなくて、壊れているので新しいデータを作ります、というアナウンスになっています。

で、これはバグで表示されているだけで実際には壊れていないはずだと思ったので、キャンセルを選択したら普通にゲームの続きを再開することができました

ここで「ok」を選択してしまうと、恐らく実際には壊れていないのにバグで壊れていると判断され、データを消去され始めからになってしまうので、「ok」を選択してはいけません。

プレイヤーの人は、このバグに遭遇しても慌てずに落ち着いてキャンセルを選択しましょう

巻き戻りバグ

レゴワールド 巻き戻りバグ

↑の画像を見て下さい。一帯海です。ホントはここ、全部キャラクターがいる位置のように地面だったんです…。

全部地面にしてからセーブして終了し、翌日ロードしてプレイを再開したらこのスカスカの状態からのスタートでした

再開した位置はセーブした位置からだったのと、上記スクショのように1部は地面になっていますので、完全に反映されていないというわけではありません。

しかしほぼ、反映されていないと言っていいでしょう。このあと違う場所で簡単なビルドをしてセーブして終了→ロードをしてみたらやはり、位置だけがセーブされているだけでビルド内容は一切セーブされていませんでした。

このバグのことをネットでは巻き戻りバグや整地バグと言われているようです

発生原因は?

整地バグと言われていることもあるように、恐らく広範囲を平坦化するといった整地作業をたくさんやったことが発生原因だと思います。僕に発生したケースでも、一帯の海を地面にしていましたから。

記事掲載時においてこのバグも改善されていませんので、広範囲の整地作業はしないほうがいいでしょう。

対処法

しかし残念ながらこのバグが発生してしまった場合、僕が対処した方法を紹介します。それは、ワールドを変えることです

ワールドを変え、違うワールドで少し遊んで試してみたら、いつも通りきちんとセーブした通りにロードができました。まあ、それが当たり前なんですけどね。

ワールド単位でバグが発生したと考えられます。

ちなみに、バグ発生ワールドで何か変更→違うワールドへ移動して試す、ということはしていません。

ロードしたら何もしないですぐに違うワールドに移動しました。この手順ならもしかしたら、バグ発生ワールドでの変更もセーブできるかもしれません。

僕は違うワールドでは問題ないことを確認した後、セーブが反映されないバグが発生したワールドは消去しました。色々やっていたので、ホントは消したくなかったんですけどね。

僕の考えとしては、このバグが発生したワールドは消去したほうが良いと思います。このバグが発生しているワールドがキッカケでまたどんなバグが発生するか分かりません。

今後のアップデートで改善されることを願って、とりあえず残しておくのもひとつのやり方であることは間違いないですが、まだプレイを続けるのなら、消去してほんの少しでも不安要素をなくしてプレイしたほうが良いでしょう。

僕はこのバグ発生ワールド消去後、ロードに関しては問題なくおこなえています。

巻き戻りバグについてまとめると、ワールドを変えることで少なくとも変えたワールド先では問題なくセーブ内容が反映されたロードができます。巻き戻りバグが発生したワールドを消すか残すかはプレイヤーの判断。

まとめ

この致命的なバグ。一体いつになったらなおしてくれるんでしょうかね。もし僕と同じようなバグが発生して困っていたり、それでプレイをやめてしまった人は試してみて下さい。それでは今回はこのへんで。