真の矢

エアブラシのニードルが動くようになりました

広告

こんにちは、シンヤ(@shinya_shinnoya)です。

先日こちらの記事『エアブラシが動かない原因を調べてみた』にて、エアブラシが動かなくなった原因は、ニードルに汚れがたまり詰まってしまったためと書きました。

とりあえずMr.ツールクリーナー改をカップに入れて放置していたら直りましたので報告したいと思います。

これでまた使えそう

途中でツールクリーナー改を入れ替えて約1週間放置しました。そろそろ良いのではないかと思い、カップに入っているツールクリーナー改をティッシュで吸収・拭き取りました。

で、動かしてみるとこの時点でニードルが動くのを確認することができました。良かった。以前は全く動きませんでしたので、僕の予想はあたっていたということですね。

ただこれだと完全には汚れは落ちていないだろうと思ったので、エアブラシを分解してみることにしました。

ニードル本体もキレイに

先日分解してみた時はニードルを取ることができなかったんですよね。でも今回はニードルが動いたのを確認していましたし、簡単にニードルを取ることができました。

エアブラシのニードル、洗浄前

やはりニードルに汚れが付着していました。使い終わったあとの洗浄で落とし切れていなかった汚れが少しずつたまっていたんですね、やっぱり。

スポイトを使ってティッシュにツールクリーナー改を含ませ、そのティッシュでニードルに付着していた汚れを取りました。

エアブラシのニードル、洗浄後

ちょっと写真では分かりにくいかもしれませんが、ピカピカになりました。これでまた今まで使っていたエアブラシを使うことができるようになったと思います。良かった。

まとめ

定期的に、使い終わった時の洗浄とは別にしっかりと分解してキレイにしておくのも必要なんですね。勉強になりました。

ちなみに今回役立ってくれた道具はこちらのMr.ツールクリーナー改です。僕と同じ原因で困っていましたら使ってみて下さい。

Amazonでチェック:Mr.ツールクリーナー改 250ml T113

それでは今回はこのへんで!