真の矢

PS4 Pro コントローラーの充電切れが早いのを改善する方法

広告

こんにちは、シンヤ(@shinya_shinnoya)です。

PS4のコントローラーって充電が切れるの早いなーって、思ってませんか? 今回はそれを簡単に改善する方法を紹介したいと思います。

ライトバーが原因?

PS4のコントローラーにはライトバーというライトがついていますが、これがバッテリーの減りが早い原因なのではないかと僕は思いました。

このライトバーを完全に消すことは今のとこはシステム上できないのですが、明るさの設定で暗くすることはできるようになっています。

僕はこの設定を「明るい(標準)」から「暗い」に変更したところ、変更前と比べてコントローラーの充電が1.2倍から1.4倍程度もつようになりました

これから設定変更の方法を紹介しますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

ライトバーの明るさを変える方法

PS4を起動したら『設定』を開きます。

次に『周辺機器』を選択。

『周辺機器』を選択したら次は『コントローラー』を選択。

『DUALSHOCK4のライトバーの明るさ』を選択。

標準では明るいになっているので、ここを『暗い』にします。

方法は以上です。この設定変更だけで、コントローラーのバッテリーの持ちが良くなったことを体感できると思います。お試し下さい。

ポイント

気をつけることとして、PSVRやPSカメラを使ったゲームをする場合は、コントローラーを認識するために、自動でその時だけ設定が明るいになります。

なのでPSVRやPSカメラを使ったゲームをよくやる人はこの方法では解決できません。

あともうひとつは、使用しているコントローラーを数年使っているような場合は、バッテリー自体が劣化している可能性があるので、この方法だけでは効果的ではない場合があります。

上記のケースに当てはまらない人にはオススメの設定です。それでは、今回はこのへんで!!