真の矢

FF15を評価レビュー やり込みしていくほどより楽しめるゲーム

広告

FF15 タイトル画面

こんにちは、シンヤ(@shinya_shinnoya)です。

FF15を極めたので評価レビューします。

基本システムなど

まずはストーリーやゲームのシステムを簡単に紹介。ストーリーやクエストとプレイ時間、戦闘について。

ストーリー

主人公ノクトがヒロインのルーナと結婚式をするため、仲間と共に王都から旅立ちます。

クエスト、プレイ時間

ストーリー進行になるメインクエストとそれ以外のクエストであるサブクエストがあります。サブクエストはゲームのクリアには関係ありません。

メインクエストのみをプレイし、クリアすることを最優先するプレイスタイルなら、クリアに必要なプレイ時間は20時間から50時間。

サブクエストをやり込んだり、トロフィーの取得やその他寄り道などをしてたっぷりと楽しみながらプレイした場合は、約100時間から150時間になります。

クリア後も遊ぶことができますので、クリアしてからやり込んでもOK。自分にあったプレイスタイルで遊べます。

戦闘

戦闘は、アクション性が高いRPGです。自由にノクトを操作し攻撃や回避といったアクションをして立ち回ります。

またノクトの能力を活かした爽快なアクションもあります。中盤くらいから、アビリティコールというシステムのアビリティの解放が進み、少しずつ充実していきますがそのなかで特定のアビリティを解放すると、より爽快でカッコいいアクション操作をしながら戦闘をすることができるようになります。

良かったところ

FF15の良かったところ。

素晴らしいグラフィック

FF15はPS4のゲームで最高レベルのグラフィックです。ただ僕の環境はPS4 Proですがテレビが4KやHDR対応ではないので、完全な状態で楽しんだというわけではありません。それでも素晴らしいクオリティです。

描かれるものの質感は本物みたい。完全な状態でなくてもこれほどのものですから、PS4 Proと4K・HDR対応モニターでプレイすれば、極上のゲーム体験ができることでしょう。

ゴリ押しOK

戦闘は立ち回りや武器の使い分け、仲間との連携や戦闘前の準備など、上手にやればメチャクチャカッコ良く戦うことができます。とても楽しい。

では、そういうのをしっかりとやらないと勝つことはできないのかと言うと、全くそんなことはなく、そういう要素は慣れてきた人や、やり込み要素だったりで、気にして戦わなくてもポーションなどのアイテムを使うことを忘れなければ、ゴリ押しで大体は勝てるバランスになっています。

アクションゲームが得意な人は、上手に戦うことを意識して立ち回ることでより楽しく、苦手な人でもノクトの能力を活かした簡単爽快アクションで楽しめるようになっているのは、良い部分です

前半も後半も親切

FF15は物語前半はオープンワールド風ゲーム、後半部分は1本道ゲームになっています。前半は自由度が高く、後半はストーリー展開がメインになっているということですね。

オープンワールド系のゲームはできることがたくさんあり、慣れていない人には何をしていいのか分からなくて迷いがち。そういう人も楽しめるようにゲームがデザインされていて、とてもプレイしやすいです。

道に迷わないようマップに細かくマーカーが付いたり、広大なフィールドでサブクエストが豊富にありながらも、できることがある程度制限されているオープンワールド風になっていることから、幅広いユーザー層に向けて作られたことが分かります。

後半は、寄り道できる部分がほぼなくなりストーリーの展開に集中することができます。前半と後半でメリハリがついているので、そのぶんプレイヤーはゲームの展開に迷うことはないでしょう

親切設計なので、特に、オープンワールド系のゲームをやったことがないという人や、PS4で初めてプレイするゲームにとてもオススメです。

考察の余地が適切

最近は、ゲームのストーリーについて1から10全てに説明がされないと納得できないと声を大きくする人がいますが、僕はそれがストーリーのある全てのゲームにとって良いことだとは思いません。

ゲーム設計やコンセプトによって、1から10全てを語るゲームと、考察の余地を残しておくゲームと、両方あって良いと思っています。

FF15は、考察の余地があるタイプのゲーム。ゲームでストーリー全てが語られることはありません。

関連作品のアニメと映画、そしてゲーム本編のサブクエストもやり込み、さらにはDLCも遊ぶことで7割くらいが分かるようになっていると感じます。

残りの3割は考察をして自分で補完する。きっとこうだったんだろうな、とか、こうだったんじゃないだろうか、とか。この考察できる範囲が丁度良く、上手に作り込んでいます。ただ後述しますが、この部分は良いところでもあり、気になるところでもあります。

充実したDLC

DLCが充実していて、プレイヤーの判断で遊びの幅を広げることができます。本編とは違った楽しさを提供しているコンテンツもあるので、本編をクリアしたら一度ストアを確認してみると良いでしょう。

関連:FF15のシーズンパスとは?説明するよ!

気になったところ

FF15をプレイして気になったところ。

関連作品必須

良かったところとして、考察の余地があることを書きましたが、これは気になる部分でもあります。なぜならそれは、関連作品を見たり、DLCも遊ぶことで7割くらいが分かる感じになっていると思っていて、本編のみの場合、4割から6割程度の理解になってしまうので、考察の範囲が広くなりすぎてストーリーのバランスが悪くなってしまうからです。

FF15を楽しむには本編だけでは足りないと感じてしまう可能性が高く、少なくとも関連作品である映画とアニメの視聴は本編プレイ前にしておかないといけないと思います。

ゲームデザインのバランス

ゲームの部分としては親切設計でプレイしやすく、多くのプレイヤーが遊びやすいと思うのではないかと思います。

一方でストーリー部分は関連作品の視聴や、やり込みをすることで初めて考察できる部分が丁度良くなるので、コアなユーザー向けになっていると思います。

このことから、ゲームデザインのバランスが少しあっていないのではないかなと思い、気になった部分ですね。

評価

星最大5つで評価。

総合評価

☆☆☆☆

発売後のアクティブタイプレポートという公式のイベントで、「アニメや映画を見てくれたり、やり込んでくれている人と、そうでない人とで楽しみ方に違いが出ているみたいですね」というようなことを開発の人が言っていたような記憶があるんですが、まさにFF15の評価はこれで分かれてしまっています。

関連作品のアニメと映画の視聴、本編やDLCのやり込みなどをしていくほど楽しめるゲームと言えるんでしょうね

本編のストーリークリアのみだと不足だと感じてしまう可能性がありますが、他のさまざまなコンテンツが密接に関係していることによる世界の広がりや、美しいグラフィック、プレイしやすい親切設計と、素晴らしいものがあります。よって星は4つ。

ぜひ、関連作品である映画とアニメを視聴してからFF15をプレイしてみて下さい。それでは今回はこのへんで。

Amazonでチェック:ファイナルファンタジー XV 初回生産特典 武器「正宗/FINAL FANTASY XVオリジナルモデル」アイテムコード同梱