真の矢

ベイングローリー 公式コラムも認めた!サブアカウントでプレイするやつはアホ

広告

こんにちは、シンヤ(@shinya_shinnoya)です。

僕の考えていたことは正しいとまた証明されました。

僕は以前から当ブログでVAINGLORY(ベイングローリー)において、サブアカウントでプレイすることは良くないと何度か言っておりました。

理由は、マッチメーカーがきちんと機能しなくなる原因になるのと、その結果、ベイングローリーのコミュニティが小さくなってしまう可能性があったからです。

公式コラムが同じこと言ってるw

先日、コラムとして公式でこのような記事が公開されました。↓

公式コラム:墨の字 低優先度キューについて —VAINGLORY公式サイト—

そのなかには以下のようなことが書かれています。

プレイヤーが新しいアカウントを作成したり、別のアカウントに切り替えてしまうことがあります。
これは「スマーフ(スマーフィング)」と呼ばれる行為であり、Vaingloryコミュニティにおいては特に問題となっています。
スキルの高いプレイヤーが別のアカウントに切り替えてマッチングのキューに入るとスキルの低いプレイヤーと対戦することになり、圧勝してしまう可能性が高くなります。
スキルの高いプレイヤーと対戦させられることになるので、スマーフ・アカウントはスキルの低いプレイヤーにとって大きなフラストレーションとなります。

サブアカウントでプレイすることを「スマーフ」と言うんですねえ。知りませんでした。

低優先度キューのシステムは、スマーフするのを防ぐことにつながると、運営チームは考えているようです。

そしてこのシステムにより、マナーの良いプレイヤーはより楽しく、マナーの悪いアホでも最終的には、プレイヤー全体としてマナーが高まるようにデザインされていると、まとめています。

サブアカウントでプレイするのはやめよう

スマーフをすると、マッチメーカーが狂います。

狂ったことにより、本来ならもっと上の階層にいてもおかしくないのに、低階層に居続けることになってしまったり、その逆で本来ならもっと下の階層が適正なのに不必要に階層が上がってしまいます。

そのためその階層にふさわしいプレイヤーがいなくなってしまうんですよ

これは新規プレイヤーのハードルを高くしてしまう原因になります。

ハードルが高くなれば新規プレイヤーの数は減り、プレイをやめる人の方が多くなり、コミュニティが縮小します。

コミュニティが縮小すれば、運営のマネジメントが難しくなり、ゲームの質の低下 、そして最悪サービスの終了につながります。

スマーフをするやつは、完全に老害思考のアホですよ。長い目で見て結局は自分の首を絞めてるっていうね。

まさに老害そのものwww

ベイングローリーをこれからも楽しくプレイしたいと思っているなら、メインアカウントでずっとプレイするべき

それができないなら、ベイングローリーやめろ。そんなアホはコミュニティにはいらない、害悪でしかありませんからねえ。

まとめ

1度こちらの公式コラム「墨の字 低優先度キューについて —VAINGLORY公式サイト—」はプレイヤーなら読んでおいた方がいいですよ。

ま、百歩譲って、サブアカウントでプレイすることが認められるのは、メインアカウントではもうプレイしない場合でしょうかね。

端末変えた時にパスワードとか忘れてメインアカウントにログインできなくなったとか、そういう場合はサブアカウントがメインアカウントになるようなもんですから。

でもそうじゃない場合は、サブアカウントでプレイするのはやめましょうね。運営チームもそれを望んでいるんですよ。

それでは今回はこのへんで。