真の矢

HGBFのギャンスロットをレビュー(仮組み)

広告

HGBF ギャンスロット 仮組みの写真

こんにちは、シンヤ(@shinya_shinnoya)です。

今回はHGBF ギャンスロットをレビューしたいと思います。

レビュー

画像が少し多めです。ご了承ください。

全体像

HGBF ギャンスロット 仮組み 正面の写真 正面

HGBF ギャンスロット 仮組み 後ろの写真 後ろ

HGBF ギャンスロット 仮組み 横の写真

どうですか。メチャクチャカッコイイでしょ。これはもう勇者シリーズに登場する主役ロボですよ。

HGBF ギャンスロット シールの写真 シール

今回仮組みですのでシールはまだ貼っていません。シールはこんな感じです。

HGBF ギャンスロットに付いてきたカタログ

今回はカタログも付いてきました。多分初回生産分には入ってるって感じでしょうかね。

今後買う人にはもしかしたら入ってないかもしれません。

いやー、しかしホントカッコ良いですねえ。プロポーションは最高レベルと言っても良いんじゃないでしょうか。

Amazon:HGBF ガンダムビルドファイターズトライ ギャンスロット 1/144スケール 色分け済みプラモデル

合わせ目

合わせ目は頭部、足、プロペラントタンクにあります。それ以外の箇所は全て目立たないように工夫がされています。

HGBF ギャンスロットの段落ちモールド
HGBF ギャンスロットの合わせ目

素晴らしいなと思ったのが、足とプロベラントタンクは合わせ目が発生してはいるんですが、その1部は段落ちモールドになっていることです

合わせ目消しをするところが少なくなるよう工夫がされていると捉えることもでき、パーツの大きさにしては合わせ目消しがしやすいのではないかと思います。

それに簡単フィニッシュでしたら、合わせ目消しをする必要はないんじゃないでしょうかと言えるようなものだと思いますよ。

ポイント

頭部飾りとビームマントはクリアパーツで再現。

ランスの変形はパーツの差し替えで再現

このあと写真と一緒に改めて言いますが、シールドのグリップ部分が可動しますので持ち方を簡単に変えることができます。

そして、突きができる手首パーツが付属するので、ビームサーベルやランスでの攻撃ポーズがカッコよく決まります

アクション

写真を何枚か。

アメイジングレッドウォーリアが天からやってきた時のような雰囲気をイメージ

これが、ポイントで言ったシールドの持ち方(構え方)を変えた写真です。

この盾は、不可能を可能にする盾だ!!www

可動範囲は最近のキットと比較するなら普通レベル。肩が大きいので肩周りは動かす時少し引っかかる時があります。足の接地性も普通。

そしてこちらが、突きができる手首パーツを使った突き。決まってるでしょ?

アニメでの活躍も楽しみです

まとめ

Amazonでチェック:HGBF ガンダムビルドファイターズトライ ギャンスロット 1/144スケール 色分け済みプラモデル

仮組みレビューをしてみました。購入を考えている人は参考になりましたでしょうか。

そういえば写真を用意していたんですがブログ用に加工するのを忘れてしまったので、文章での説明になってしまうんですが、パーツが大きいから一見、量が多いように感じて最初組み立てるの大変そうと思ったんですけど、実際はそんなことなく丁度良い感じで組み立ても楽しむことができましたね。

HGBF ギャンスロット、とてもカッコ良いです!

制作のほうは今回は、1部色を変える簡単塗装で仕上げる予定です。それでは、今回はこのへんで。

関連:HGBFのギャンスロットが完成しました