真の矢

HGCE フォースインパルスガンダム レビュー

広告

HGCE フォースインパルスガンダムの写真

こんにちは、シンヤ(@shinya_shinnoya)です。

『HGCE フォースインパルスガンダム』をレビューします。

HGCE フォースインパルスガンダム


こちら、素組みです。素組みでこの完成度には驚きました。

簡単フィニッシュ派の人ならもう部分塗装もいらないくらいかもしれませんね。



足や腕、頭部など他にも合わせ目があります。

素材はポリキャップ以外全てPSです。

関連:ガンプラの素材について調べてみた
Amazon:HGCE 198 機動戦士ガンダムSEED DESTINY フォースインパルスガンダム 1/144スケール 色分け済みプラモデル

インパルスの特徴である分離と合体は一部パーツの差し替えで再現可能。



カメラアイのシールは選択式でした。クリアパーツを効果的に使用したい場合は、銀色のシールをクリアパーツの裏側の位置に貼るようにと説明書に書いてあったので、僕はこちらを選びました。

そうなんです。カメラアイの部分はクリアパーツになってます。



可動範囲は悪くありません。ただ僕は結構重要視している接地性は普通です。

HGBFのビルドバーニングガンダムの接地性の高さは笑うレベルでしたからね。

関連:HGBF ビルドバーニングガンダム 仮組み





ストライクを進化させたような機体になると思うんですけど、インパルスもカッコイイですなあ。

最初シールドが展開したのを見た時、「うおっ!カッコイイ!」って思いましたもん。




フリーダムとの戦闘シーンも記憶に残ってるけど、ミネルバから無線でエネルギーを受け取ってパワーを回復するシーンも未来感があって印象に残ってる。

SEED DESTINY、なんだかんだ言いながらも面白かったよね。フォースインパルス組み立てて改めて視聴したいと思った今日この頃。

さて、写真中心で紹介してみました。簡単フィニッシュ派の人はすることはありませんw 分離/合体ギミックがあることも踏まえて素組みで十分なクオリティです。

それでは今回はこのへんで。

Amazon:HGCE 198 機動戦士ガンダムSEED DESTINY フォースインパルスガンダム 1/144スケール 色分け済みプラモデル