真の矢

オリジン なぜシャアはララァに母を求めたのかが分かる?!

広告

オリジン シャア(キャスバル)

引用:機動戦士ガンダム THE ORIGIN II 哀しみのアルテイシア

こんにちは、シンヤ(@shinya_shinnoya)です。

バンダイチャンネルでガンダム オリジン1と2を視聴しました。いやー、面白かった。少し泣きそうになっちゃった…。

ガンダム オリジン

ガンダム オリジンとは「機動戦士ガンダム」の前の話しが描かれているシャアが主人公のアニメ作品です。

どのようにして、シャアはシャアになっていったのかが描かれています。

原作はマンガ。原作コミックの9巻から12巻までの内容がアニメとして描かれるということで、原作の内容が全部アニメになっているわけではないみたいです。

僕はてっきり原作も全部機動戦士ガンダムの過去の話かと思っていたのですが違ったみたい。アニメになった以外の部分は、アニメ機動戦士ガンダムをもとにして描かれているとのこと。

シャア

「逆襲のシャア」でシャアはララァに母を求めていた、みたいなことを確か言ったような気がするんですが、その理由が分かりました。オリジンを視聴して。

幼少期にお母さんと離れてしまったこともありますし、さらにその頃はまだセイラが小さいこともあって両親の目はセイラにいきがちでした。

そして自分でその道を選んでいながら、セイラと離れてしまったことも影響してるんでしようね。

家族思いだったんですよ。オリジン1と2でシャアが少し暴走しちゃうシーンでは、セイラがストッパーの役になっていたところを見ても、妹の存在も大きかったことが分かります。

まあこの頃はキャスバルとアルテイシア、 エドワウとセイラ、ですがね。

オリジン シャア(キャスバル) その2

引用:機動戦士ガンダム THE ORIGIN I 青い瞳のキャスバル

あと少し暴走したと言っても、見方を変えればシャアの能力が少しずつ開花していっているとも言えますね。

少し話しはそれましたが、つまりララァはシャアにとって母でもあり妹でもあったのではないでしょうか

もし生きていればそういう存在として自分の横にいてくれただろう、ってことかな。

みんな若い そしてクロスする

オリジン ラル 他

引用:機動戦士ガンダム THE ORIGIN II 哀しみのアルテイシア

みんな若いです。そして時折平和な場面が…。後のガンダムでどうなるか知ってるからこそ、こういうシーンはね、涙を誘うよ、ホント…。

ラルさんはカッコ良いし、ハモンさんは素敵。

そして何といっても1部のキャラクター達はシャアと何かしらの形で会っていたこと。数年後は戦場で会うことになるなんて、誰が予想できるであろうか。

こりゃ面白い

いやー、これは面白いですわ。続きが楽しみです。

ガンダム好きで宇宙世紀の作品ひとつでも見たことある人は、オリジンも視聴してみることをぜひおすすめします。

それでは今回はこのへんで。

関連記事