真の矢

HGCE ストライクガンダム、完成。失敗しました。

広告

HGCE ストライクガンダム 完成トップ画像

こんにちは、シンヤ(@shinya_shinnoya)です。

HGCE エールストライクガンダム』が完成しましたので紹介します。

今回の製作では、ストライクガンダム単体とアーマーシュナイダーのみ使用しました。エールストライカーなどは使っていません。

それでは、いってみましょう。

完成

HGCE ストライクガンダム 完成 正面からの写真
正面。

HGCE ストライクガンダム 完成 横からの写真
横。

HGCE ストライクガンダム 完成 後ろからの写真
後ろ。


見にくいですが、全体にウェザリングをしてあります。


頭部アンテナはシャープ化。


顔などにはキットに付属しているシールを貼りました。

では写真を連続で何枚か。




今回、スミ入れや合わせ目消しはやっていませんが、ゲート処理をしてみました。あと合わせ目は仮組みレビューの時に頭部くらいしか目立つところがないと言いましたが、脚部の後ろにもありました。


今回使った塗料は以下の通り。

  • ミスターカラー 20 ライトブルー
  • ミスターカラー 107 キャラクターホワイト
  • ミスターカラー ガンダムカラー 09 MSグレージオン系
  • ミスターカラー ガンダムカラー 15 MSファントムグレー
  • 水性ホビーカラー つや消しクリアー
  • エナメル X-32 チタンシルバー

メインとなる部分(腕など)にはグレージオン系にキャラクターホワイトを少量混ぜて塗装。今回初めての調色になりました。

ボディと1部パーツにはファントムグレーで塗装。そしてボディ下半分とその1部パーツは上にライトブルーを吹きました。

そしてウェザリングをした後に仕上げにつや消しクリアーを吹きました。

関節パーツなどはパーツの色をそのまま活かし、塗装はつや消しクリアーのみにしています。


こちらがアーマーシュナイダー。エナメル塗料のチタンシルバーを筆塗りしました。

失敗したこと

さて、今回の製作、失敗してます。失敗1点と致命的な失敗1点で計2点の失敗をしてしまいました。

ウェザリング

今回、久しぶりにウェザリングに挑戦してます。アニメでの砂漠編をイメージ(対ラゴゥ戦でフェイズシフトダウンしたところ)をして製作してみたんですが、ウェザリングはとても単調なものになってしまいました。

フェイズシフトダウンしてしまった状態は塗装で表現できたと思っているんですがね。


予定ではこちらのリアルタッチマーカーと後述するもうひとつのツールを使って、ウェザリングをするつもりでした。

ガンガンにやれば深みも出るだろうと安易に考えていました。

ですが、リアルタッチマーカーでウェザリングをする前に本で念のため確認してみたら、塗装をした場合はリアルタッチマーカーはその塗装を溶かしてしまう場合があるので、基本的には使用しないと書かれていました。

オッフwww

やる前に気付いたのでまだ良かったですが、にしても、塗装した後にリアルタッチマーカーを使うつもりで製作していたので、ウェザリングプランが台無しになってしまいました。


リアルタッチマーカーでのウェザリングのあとに、こちらのウェザリングマスター Cセットを使う予定でした。

ですが、リアルタッチマーカーは今回の製作では使えないということが分かり、今回のウェザリングはこちらのウェザリングマスター Cセットのみを使用したものになったわけです。

他に今回のウェザリングに使えそうな塗料と道具を持ち合わせていませんでした。

ウェザリングが単調になってしまったのはもちろん、よーく見てみると全くやっていない部分もあり、違和感がある形になってしまいました。

完成直前に起きた事故

そして致命的な失敗が・・・。

とりあえず一応ウェザリングをし、つや消しクリアーも吹いてあとは組み立てるだけで完成という状態。

悲劇は起こりました。


なんと、腰の接続部分を根元から折ってしまいましたwww

これはとてもショックを受けました。ホントに完成一歩手前だったわけですし。

こんなことは初めてです。

真鍮線と接着剤を使った接着で、無事に接着することはできました。

真鍮線を使った接着なので強度はあると思いますが、上半身を支える部分でもあるので可動による負荷は大きいと思います。

場所としては姿勢を前傾にしたりできる部分なのですが、何度も可動に耐えられないだろうと判断し、腰部付近は一切可動させないことにしました・・・。

オッフwwwww

今回の写真は全て立ちポーズになっているのはそのためですwww

しかしいまだになぜ折れてしまったのか分かりません。

力を入れすぎてしまったんでしょうか。またどこかで同じようなことをやってしまいそうで不安です。

まとめ

以上が完成したストライクガンダムの紹介でした。


折ってしまった時、少しのあいだ僕は固まっていました。

最初に計画を立てる段階でもそうですが、慎重に慌てないでやっていきたいと思います。それでは今回はこのへんで。

関連:HGCE エールストライクガンダム 仮組みレビュー

HGCE エールストライクガンダムの詳細はこちらで見れます。(Amazonリンクです)
HG 1/144 GAT-X105A エールストライクガンダム (機動戦士ガンダムSEED)