真の矢

ベイングローリー 1.14でドラフトモードの実装が決定!

広告

ベイングローリー キャサリンとケストレルの画像

引用:ライム・アップデート(1.13)情報: 冬の凍え —Vainglory公式サイト—

こんにちは、シンヤ(@shinya_shinnoya)です。

競技性を高めるヒーローの選択方式「ドラフトモード」がバージョン1.14で実装されることが公式ページでアナウンスされました。

ポイントなどをチェックしていこうと思います。

なお詳細はこちらのページ「 アップデート1.14でランク試合にドラフトモードが登場! —Vainglory公式サイト—」にて記載されていますので、プレイヤーの人はこちらも1度は読んでおきましょう。

※2016年1月30日に新しい情報を確認したので追記しました。当ブログのこの記事の最後に追記してあります。

ランクマッチの競技性を高める

以前僕が書いたこちらの記事「ベイングローリー ドラフトピック解説動画が参考になる」にて今後ドラフトモードがゲーム内に実装されるかもしれませんね、というような事を書きましたが当たりましたね。

公式Twitterでも意味深なツイートをしていたので恐らくこの事だったのでしょう。

最後に予定ですと言っていますが、現段階では1.14から実装されると思って良いでしょう。

このドラフトモードですが、非常に良い仕組みだと思います。

競技性を高めるだけでなく、ヒーロー選択画面になった瞬間に、ヒーローを即座に決定する、いわゆる即ピをするマナーの悪いプレイヤーがいる状況を、ヒーロー選択時にはなしにできることで、ソロでもプレイしやすくなるでしょう。

リーダーの決定やピック順はランダムに決まるということなので、これならランク戦においてですが、いつも同じ役割をやってしまうことも避けることができそうです。

それに「ジャングル、ジャングル、レーン」というような、おかしな構成になることも回避できそうですね。

また競技性を高めるという点については、バンしたヒーローと、味方相手関係なくピックしたヒーローは使えないので、最低でも8人のヒーローをアンロックしておく必要がある、と公式の詳細ページに書かれている通り、プレイヤー自身のスキルも今まで以上にヒーロー選択時から大きく反映されることになりそうです。

ヒーローはアンロックしてるけど、ちゃんと使えるヒーローが4人しかいない、なんていうのはランク戦においては、今後試合開始直後から不利な状況になってしまいかねません。

さらには、ヒーローの構成についても考える必要がでてきました。

僕はまだこのあたりは詳しくないんですが、序盤に強いヒーロー、中盤に強いヒーロー、終盤に強いヒーローと言われているのがあります。

それらをふまえて自分達の構成はもちろん、相手の構成についてもより考える必要があるでしょう。

このように戦略的な行動が求められる場面が増えることはプレイヤー全体の質を高めることにつながり良いと思います。

ドラフトモードは大会のドラフトピックとほぼ同じわけですから、通常のプレイとは言えランク戦にふさわしいモードと言えるでしょう。

以下、詳細ページから一部引用。

キャプテンはランダムに選ばれるため、各プレイヤーにはドラフトモードで均等の機会が与えられます。ファースト、セカンド、またはサードピックの順序は、単なる運によって決まります。しかしこの既成事実が、3人のプレイヤーがひとつのチームとして生まれ変わる規律となるのです。ピックの順番を尊重し、先に選択権のあるプレイヤーに役割の選択を委ねましょう。
ランク試合を行うためにアンロックする必要のあるヒーローの数も増加しています。2体のヒーローがバン、6体のヒーローがピックされるため、ランク試合キューでは少なくとも8体のヒーローをアンロックしている必要があります。ランク試合に参加する前に、どんな役割でも難なくプレイできるようにしておきましょう!

引用ここまで。

唯一の心配事

ただ唯一の心配事が、ただでさえハードルの高いゲームなのに、ランクマッチのみとは言え、競技性を高めることによりさらにハードルが高くなってしまうのは明らか。

その事でゲームについて良く分かっていないけどプレイしてくれているライトユーザーが、楽しさや面白さに気づく前に離脱してしまいかねないことが心配。

でも仕方のないことではありますね。ハードルが高くなる分、競技性が高まりますが、マナーの悪いアホプレイヤーも少なくなるはずなのでゲーム自体は面白くなり長い目で見れば良い事でしょう。

ここを乗り切れるかどうか運営の手腕が問われますが、僕は大丈夫だと信じています。

多分これはプレイヤーの多くが感じていると思いますが、今までの運営の対応の良さからも分かる通り、信頼できる運営チームです。

プレイヤーはプレイヤーとしてゲームをプレイし盛り上げていきましょう!

まとめ

いやあ、この長い目で見て良い方向にしていこうっていうやり方はホント素晴らしいと思います。

目先の利益にとらわれていないっていうかね。ホント、ゲームが好きな人が運営しているんだなあと感じます。

ゲームがあってその先にビジネスがあるって感じが伝わって僕は好きです。だからスキンの購入には何のためらいもなくできます。実際好きなヒーローの限定スキンは配信された日に買ってますしね。

話し変わっちゃいますけど、日本のゲームはこのあたりをホント見習った方が良いですよねえ。

日本のゲームは多くがまずは目先の利益、ビジネスが最初でゲームはその次になってますから。

話し戻して、1.14からランク戦にドラフトモード実装です!!

新たな試合はもう始まっています!楽しみですね!

それでは今回はこのへんで。ハルシオンフォルドで会いましょう!

追記:2016.1.30

なんとフォーラムにて新たな情報が発表されましたので、追記しときます。

それによると1.14で実装されるドラフトモードは段階的な導入ということで、3人のフルパーティによるランクマッチのみドラフトモードが適用されるとのことです。

以下引用とリンクを置いておきます。

第一段階では、ランク試合がドラフトモードになるのは、3人のフルパーティーでキューに入った時のみで、皆さんがドラフトモードで対戦する相手も3人のフルパーティのみです。もしソロまたは2人でランクキューに入った場合は、いつも通りブラインドピックでプレイすることになります。

この件についての詳細はこちらの公式フォーラム「ドラフトモードの段階的導入 —Vainglory FORUMS—」にて書かれていますので、プレイヤーの人はこちらも1度確認しておくと良いでしょう。

となると、ソロでもプレイしやすくなるのはもう少し先になりそうですが、慎重に判断したとも取れる運営を信じて、まずは1.14ではフルパーティやプライベート試合でドラフトモードを楽しみましょう!