真の矢

HG SEED R パーフェクトストライクガンダム 仮組みレビュー

広告

HG パーフェクトストライク

こんにちは、シンヤ(@shinya_shinnoya)です。

HG SEED R パーフェクトストライクガンダムを仮組みしましたので紹介したいと思います。

仮組みレビュー

HG SEED R パーフェクトストライクガンダム 正面の写真
正面。

HG SEED R パーフェクトストライクガンダム 横の写真
横。

HG SEED R パーフェクトストライクガンダム 後ろの写真
後ろ。

迫力のあるどっしりとしたキットとなっております。素材はポリキャップ以外は全てPS。

関連:ガンプラの素材について調べてみた

HG SEED R パーフェクトストライクガンダム 付属品の写真
細かい付属品。エールストライクの装備と、持ち手とビームサーベルが一体になっている一色でできたパーツ。そして対艦刀、マイダスメッサー用のクリアパーツ。

そしてロケットアンカー パンツァーアイゼン射出時用のパーツ。あとは射出時を再現できるリード線が付属。

エールストライクの装備であるビームサーベル用のクリアパーツ、ストライクの装備であるアーマーシュナイダーは付いていない。

HG SEED R パーフェクトストライクガンダム シール一覧の写真
付属シール。シールを全て貼れば細かい色分けができそう。

HG パーフェクトストライク ベース
仮組みですので、シールはひとつも貼っていません。また仮組み処理で接着が甘くなってしまった部分にはマスキングテープで補強してあります。

パーフェクトストライクに装備されているストライカーパックは、マルチプルアサルトストライカーと言うんですが、これが凄いストライクにとって重いようで自立が難しいです。

全くできない、ということはないんですが、飾って楽しみたい場合はアクションベースなどのような支えられる台座が必須です。

HG SEED R パーフェクトストライクガンダム 対艦刀 シュベルトゲベールの写真
対艦刀 シュベルトゲベール。

以前、何かのSEED系のキットを紹介した時も少し言ったかもしれませんが、SEED系の作品に登場する武器はイチイチ名前が無駄にカッコイイんですよね。

いや、僕は全然そういうの好きなんで良いんですけどね。

HG パーフェクトストライク ポーズ
大きな剣は見ていてカッコイイですよね。

HG パーフェクトストライク ポーズ2

HG パーフェクトストライク ポーズ3
両手持ちも可能です。

HG SEED R パーフェクトストライクガンダム マイダスメッサーとパンツァーアイゼンの写真
マイダスメッサー(右手に持っている)とロケットアンカー パンツァーアイゼン(左腕から射出)。

腰の捻りは、上半身と下半身との接続を少し緩める(浮かす)ことで可能になります。

HG パーフェクトストライク パンツァーアイゼン
射出状態を再現する時にリード線を指定箇所に付けるのですが、これがユルユルでビックリしました。そえる感じなので、すぐに取れます。

HG SEED R パーフェクトストライクガンダム アグニの写真

HG パーフェクトストライク アグニ
320mm超高インパルス砲アグニ。

では、写真を続けて何枚か。

HG パーフェクトストライク ポーズ4

HG パーフェクトストライク ポーズ5

HG パーフェクトストライク ポーズ6
HDリマスターで描かれたように尻にアグニをマウントすることはできませんが、マウントしているかのように見せることはできます。

HG パーフェクトストライクとHG カラミティ
HDリマスターでは、カラミティと戦闘をしているシーンが印象的でしたね。登場しただけで興奮してしまうロマン溢れるMS、とも言えるでしょうか。

HG ストライク
ストラインク単体でも見ていきたいと思います。

ベースになっているのは2002年に発売されたHG SEEDシリーズのストライク。なので当然のことではありますが、最近のキットと比べるとかなり出来は悪いです(笑)

HG ストライク 合わせ目
合わせ目もご覧の通り。すごいことになってます。他にも頭部などにあります。

というか最近のキットが凄すぎなだけで、当時のキットは大体こんな感じですけどね。

HGCE ストライクと比較している写真

HGCE ストライクと比較している写真2
せっかくなのでHGCE エールストライクガンダムのストライクと比較してみました。

左がパーフェクトストライクのほうで、右がHGCEのほうです。どちらも仮組みですが、クオリティ、カッコよさは一目瞭然ですね。

2014年に発売されたHGCEのほうが断然素晴らしいです。

HG SEED R パーフェクトストライクガンダム ランチャーを再現している写真
コンボウェポンポッドと言うみたいで、ランチャーストライカーとは違うみたいなんですが、一応ランチャーストライカーを再現、できます。

ちょっとだけ調べてみましたが、見た目はほとんどランチャーストライカーと一緒ですよね。何が違うんだろう・・・。

HG SEED R パーフェクトストライクガンダム ソードを再現している写真
ソードストライカーを再現。

HG パーフェクトストライク エールストライカー
エールストライカーの再現は武器のほうは付属しているので問題ないんですが、ストライカーのほうがバッテリーパックが固定になっているので、完全な再現はできないですね。改造すればできるでしょうが・・・。

HGCEを使ってエールを再現している写真

HGCEを使ってエールを再現している写真2
なので、HGCEのエールストライカーと武装を使ってエールを再現してみました。

HGCEのほうは出来が良いので、引き締まりますね。後ろから見てもカッコよくなります。

製作プラン

HG パーフェクトストライク 斜め後ろから
製作プランですが、かなーり悩んでいますw

どうしようどうしようどうしたら良いんやろーって感じです。

もしかしたらこのまま仮組みレビューだけしておいて、しばらく触らなくなるかもしれませんwww

まとめ

マルチプルアサルトストライカーは確かに迫力もあって、これはこれで良いものだとは思います。

ですが一部の可動部分にPS同士での接着があって摩耗が心配だったり、ベースとなっているストライクが古かったりと、不安というか心配要素があるのは事実です。

極端なこと言うと、マルチプルアサルトストライカーのみで販売しても良かったんじゃない?と思ったり・・・。

パーフェクトストライクガンダムは一見強そうだけど、実は使い勝手は悪いという設定を、キットにまで反映してしまった感じですね。

良くも悪くも普通のキット、と言ったところでしょうか。

それでは、今回はこのへんで!

関連:HGCE エールストライクガンダム 仮組みレビュー
関連:HGCE ストライクをパーフェクトにしてみた
関連:HG SEED R パーフェクトストライクガンダム 失敗してしまったので途中で完成したことにしました

HG SEED R パーフェクトストライクガンダムの詳細はこちらから見れます。(Amazonリンクです)
HG 1/144 R-17 GAT-X105 パーフェクトストライクガンダム (機動戦士ガンダムSEED)