真の矢

HGCE エールストライクガンダム 仮組みレビュー

広告

HGCE エールストライクガンダム トップ画像

こんにちは、シンヤ(@shinya_shinnoya)です。

HGCE エールストライクガンダムを仮組みしましたので紹介したいと思います。

HGCE エールストライクガンダム 仮組みレビュー

HGCE エールストライクガンダム 斜め前の画像
斜め前。

HGCE エールストライクガンダム 後ろの画像
後ろ。

HGCE エールストライクガンダム 正面の画像
正面。

いやー、非常にカッコ良いですねえ。美しいです。

素材はポリキャップ以外全てPSです。

関連:ガンプラの素材について調べてみた

HGCE エールストライクガンダム ポージング 飛翔
2014年に発売されたキットなので、可動範囲も良好です。

HGCE エールストライクガンダム ポージング ビームライフル
ストライクはこのポーズが印象的ですよね。

ちなみに仮組みなので、1部つけていないパーツがあるのと、シールはひとつも貼っていません。

では、写真を連続で。

HGCE エールストライクガンダム 空中ポーズの画像
HGCE エールストライクガンダム 空中ポーズの画像2

続いて・・・。

HGCE エールストライクガンダム ポージング ビームサーベル
HGCE エールストライクガンダム ポージング ビームサーベル2

アスランが乗るイージスとの戦闘シーンをイメージ。

HGCE ストライクガンダム 立ちポーズの画像
ストライク単体。

HGCE ストライクガンダム 構造の説明
最近のHGシリーズはほとんどこのような感じになっているとは思いますが、ストライクも上半身だけでもこのように細かくパーツが分割されています。

細かく塗装したい派の人はもちろん嬉しいでしょうし、細かく分かれていることによって分解がしやすいのも良いですね。

仮組みの処理をするのは少し面倒ですが、1度してしまえばこっちのもんです。

HGCE エールストライカーの画像
そして見て下さい!このエールストライカーを!仮組みでこの出来です!

HGCE エールストライカーの画像2
エールストライカー後ろ。

HGCE エールストライクガンダム 頭部について
ただひとつだけ残念な部分が。

この矢印の先に赤いパーツを付けるのですが、それが全然きちんと付けることができないんですよ。

HGCE エールストライクガンダム 赤い頭部パーツの画像
こちらがその赤いパーツなんですけど。付けるというか、乗せるっていう言葉がふさわしいくらい接着ができないです。

ここの部分だけ、接着剤を使った接着になりそうです。ここだけがホント残念。これがなかったらかなり素晴らしいキットであることは間違いない。

HGCE エールストライクガンダム アーマーシュナイダーの画像
アーマーシュナイダーも2本付属します。腰部サイドアーマーは単体のパーツになっているので収納することはできません。

HGCE エールストライクガンダム ポージング アーマーシュナイダー
バルトフェルドが乗るラゴゥを倒した時ってこんな感じの攻撃でしたっけ?

そういえば合わせ目に関しては、ストライクの方は目立つのは頭部くらいで、あとは目立たないように工夫がされています。

あとはビームライフルとエールストライカーに合わせ目があります。

製作プラン

HGCE ストライクガンダム 立ちポーズの画像2
今回の製作プランですが、まずエールストライカーとビームライフル、ビームサーベル、対ビームシールドは外していこうと思います。

製作に使うのはストライク本体とアーマーシュナイダーのみです。

イメージとしては、ラゴゥと戦闘をしていてフェイズシフトダウンになり、最後の攻撃をしようとしている時のストライクにしようかと思っています。

ということでウェザリングに再挑戦してみるプランにしてみようかと。せっかくなのでガンガンにウェザリングしようと思ってます。

HGCE ストライクガンダム 立ちポーズの画像3
以上、簡単な仮組みレビューでした。それでは今回はこのへんで!

関連:HGCE ストライクをパーフェクトにしてみた
関連:HGCE ストライクガンダム、完成。失敗しました。

HGCE エールストライクガンダムの詳細はこちらで見れます。(Amazonリンクです)
HG 1/144 GAT-X105A エールストライクガンダム (機動戦士ガンダムSEED)