真の矢

HGBF ビルドバーニングガンダム 仮組み

広告

HGBF ビルドバーニングガンダム 仮組みの写真

HGBF ビルドバーニングガンダムを仮組みしましたので今回は紹介したいと思います。

ビルドバーニングガンダム

HGBF ビルドバーニングガンダム正面の写真
正面。

HGBF ビルドバーニングガンダム後ろの写真
後ろ。

素材はポリキャップ以外全てPSです。

関連:ガンプラの素材について調べてみた

HGBF ビルドバーニングガンダム。こいつはすごい。非常に楽しむことができるキットです。

HGBF ビルドバーニングガンダム付属品の写真
これを見てください。この付属品の多さを!これだけでも楽しむことができたと分かってもらえるかと思います。

ビルドバーニングガンダムは格闘系なので、ライフルなどの射撃する武器がこのキットには付属品としては付いてきません。

そのかわり豊富なエフェクトパーツとハンドパーツが付属します。またオレンジ色のクリアパーツも付属し、差し替えでフルパワー状態も再現可能。

唯一の難点と合わせ目

HGBF ビルドバーニングガンダムの肩の構造について説明する写真
とっても楽しいキットで他にも優れたところはあるんですが、ひとつ残念なのが肩を前に引き出すことができるこの作り。

これによって肩を前に出せるので可動範囲の高さに繋がっているのですが、まあ少し動かすだけで肩がポロポロ取れる取れるw

ポロンって簡単に取れてしまうんですよ。この事は発売当時の他の人の、ブログのレビュー記事などによく書いてあったので知ってはいたんですが、確かに僕も実際にチェックしてみた感じ、このポロさ加減は残念レベルwww

でも難点はこれだけなんですよ。動かす時にはよく取れてしまいますが、飾っておくぶんには全く取れるなんてことはありませんし、あえて欠点を上げるとしたらって感じで、優れているところを踏まえれば難点も許容できます。

HGBF ビルドバーニングガンダム頭部の合わせ目の写真
HGBF ビルドバーニングガンダム腕の合わせ目の写真

合わせ目は、頭部と腕に目立つのがあるだけです。ここ以外にも発生している箇所がありますが、それらの箇所は目立たないように工夫されています。

ポージング

HGBF ビルドバーニングガンダム 構えポーズの写真
さすが格闘系。構えのポーズが似合います。

HGBF ビルドバーニングガンダムの接地性の高さを説明する写真
見てください!この接地性の高さを!しっかりと足が地についております。さらに肩幅以上に足を広げても、きちんと足を地につけることができます。素晴らしい可動範囲です。

HGBF ビルドバーニングガンダムがパンチをしている写真
HGBF ビルドバーニングガンダムがキックをしている写真

パンチやキックのポーズも様になります。

HGBF ビルドバーニングガンダムにエフェクトパーツ装備とクリアパーツの差し替えをした写真
エフェクトパーツ装備とクリアパーツの差し替えをしました。

ちなみに仮組みなので、1部つけていないパーツがあります。また今回はシールも貼っていません。シールは顔や頭部、足に貼る箇所があります。

HGBF ビルドバーニングガンダム 空中ポーズの写真
HGBF ビルドバーニングガンダム 空中ポーズ別角度の写真

背中に付けるエフェクトパーツは付属パーツを付け動かすことによって、炎の羽のような動きのある形にすることもできます。

HGBF ビルドバーニングガンダム 次元覇王流聖槍蹴りをしている写真
足にエフェクトパーツをつけ、次元覇王流聖槍蹴りを再現。てやーっ!!

HGBF ビルドバーニングガンダム 次元覇王流聖槍蹴り 足が下がってしまうことを説明する写真
普通に足を横にするだけだとこのように、足がエフェクトパーツの重みで下がってしまいます。なので足を横にする場合は、もう片方の足で支えてやるとカッコイイ次元覇王流聖槍蹴りになります。

HGBF ビルドバーニングガンダム ライダーキックの写真
角度を変えれば、ライダーキィッック!!

HGBF ビルドバーニングガンダム 次元覇王流聖槍蹴りの写真その2
おりゃぁっ!真下に聖槍蹴りじゃぁっ!

HGBF ビルドバーニングガンダム 次元覇王流聖拳突きの写真
次元覇王流聖拳突き。付属している専用のハンドパーツを付けた後に、エフェクトパーツを装備。

HGBF ビルドバーニングガンダム 空中攻撃ポーズの写真
せいやーっ!!

HGBF ビルドバーニングガンダム 立ちポーズの写真
立ちポーズもカッコイイですね。

豊富なエフェクトパーツに可動範囲の高さ。素晴らしいキットですが、なんとまだこれだけじゃありません!

表現力が格段に向上する豊富なハンドパーツ

HGBF ビルドバーニングガンダム 構えポーズの写真その2
このキットには豊富なハンドパーツも付属します。このハンドパーツによって表現力が格段に向上します。

僕はガンプラのポージングも下手なのですが、HGBFビルドバーニングガンダムはそんな僕でも割りと満足できるポーズを取らせることができるわけです。

HGBF ビルドバーニングガンダム 手首の可動について説明する写真
また驚くのはハンドパーツだけではありません。このように手がありますよね。

HGBF ビルドバーニングガンダム 手首の可動について説明する写真その2
そしたら手首はこのように回したりできるのはもちろん。

HGBF ビルドバーニングガンダム 手首の可動範囲について説明する写真その3
写真のように大きく上下に可動させることもできるのです。これも驚きました。すごいです。

ホントはこの写真にも矢印はもちろんテキストを入れたかったのですが、今回は用意した画像が多くて忘れてしまいました。

ちょっと分かりにくいかもしれませんが了承下さい(´・_・`)

HGBF ビルドバーニングガンダム かめはめ波の写真
HGBF ビルドバーニングガンダム ギャリック砲の写真

この手首の可動によって、かめはめ波やギャリック砲のポーズを簡単に取らせることができます。作品の枠を超えられるようになりました!

HGBF ビルドバーニングガンダム テクニカルポーズの写真
こんなテクニカルなポーズもできます。実に怪しいw

HGBF ビルドバーニングガンダム ハッチャケポーズの写真
「はーい!!」

HGBF ビルドバーニングガンダムとレッドウォーリアの写真
「うぁ、やめてくれ!」

HGBF ビルドバーニングガンダムとレッドウォーリアの写真その2
「申し訳ありませんでした。」

HGBF ビルドバーニングガンダムとレッドウォーリアの写真その3
「イヤッホー!ねぇねぇ、見てるー?」

HGBF ビルドバーニングガンダムとレッドウォーリアの写真その4
「ハッハー!油断したな、レッドウォーリア!!すかさず後ろから攻撃!!せいやっ!」

HGBF ビルドバーニングガンダムとレッドウォーリアの写真その5
「あっ・・・。違うよ!今の俺じゃねーし!!」

HGBF ビルドバーニングガンダムとレッドウォーリアの写真その6
「(ふう、正直危なかったー)」

手に種類と動きが加わっただけで、こんなにも躍動感がでるとは。

HGBF ビルドバーニングガンダム 変なポーズをしている写真
HGBF ビルドバーニングガンダム 変なポーズをしている写真その2
HGBF ビルドバーニングガンダム 変なポーズをしている写真その3
HGBF ビルドバーニングガンダム 命ポーズをしている写真
HGBF ビルドバーニングガンダム 変なポーズをしている写真その4

ここまでキットのポテンシャルが高いと、どうしてもつい作中ではしなかったポーズをとらせたくなります。

製作内容

さて、珍しく仮組みの紹介と言っておきながら、時期としてはかなり遅いレビューみたいになってしまいました。

正直言うと、仮組みで既にお腹一杯になってしまってます。素晴らしく遊べるガンプラと言えるでしょう。

ですがせっかくブログにこうして書いているわけだし、何かしらしたいと思います。

HGBF ビルドバーニングガンダム プロテクトシェードの写真
プロテクトシェード!!

話は少し変わって、このようにガオガイガーが使った技のポーズをとらせることもできます。

ガオガイガーと言えばゴルディオンハンマー。ゴルディオンハンマーと言えば金。金と言えば明鏡止水。明鏡止水と言えばアシムレイト!

ということで、合わせ目消しやスミ入れもせず、ただ金に塗装するという中途半端フィニッシュで行こうかと考えています。

もう全身金ぴかにします。普通に金で塗装するだけですけど。確か作中でもありましたよね。機体が金色になったシーン。

今回の塗装を機に該当するシーンだけ見直そうと思ってます。まあもしかたら、やっぱやーめたになってしまうかもしれませんが・・・。

一応とりあえずは金に塗装するだけの中途半端フィニッシュをする予定ですので、もし興味があればご期待下さいwww

HGBF ビルドバーニングガンダム 立ちポーズの写真その2
それでは今回はこのへんで!

関連:HGBF ビルドバーニングガンダム 明鏡止水Ver 完成

HGBF ビルドバーニングガンダムの詳細はこちらで見れます。(Amazonリンクです)
HGBF 1/144 ビルドバーニングガンダム (ガンダムビルドファイターズトライ)