真の矢

高齢者は軽自動車以外の車を運転してはいけない

広告

高齢者が運転する車は兵器

こんにちは、シンヤ(@shinya_shinnoya)です。

高齢者は本来、車の運転をしてはいけません

なぜなら高齢者の車の運転は、一般の人と比べて圧倒的に危険であり、それはもはや1種の兵器と言ってもいいからです。

軽自動車なら許す

ただ僕は田舎に住んでいるので、車がないと不便な生活というのを知っています。バスや電車の本数も良くて1時間に1本とかですし。買い物や病院などに行くときなど、車があったほうがいいでしょう。

ただだからと言って、年寄りがクラウンのような車を運転してはいけませんよ。

高齢者の運転は危険運転が標準となっています。なので高齢者がセダンやミニバン、SUVなんか運転してたら、前を走っていても後ろを走っていても対向車にいても僕たちは恐怖を感じているわけです。

車両感覚が分かっていないのか道路の真ん中で走っちゃうし、一時停止はもちろん信号も見えていないのか無視してそのまま走行するし、先の短い将来が不安だからなのか通常の国道なのに30kmでしか走らないし、ウインカーをださないで曲がっちゃうし、僕たちはとにかく高齢者の危険運転で困っているんですよ

それに僕たちは高齢者よりは先の長い将来が待っているんですから、僕たちのほうが将来は不安です。

ただ先ほども言ったように、車がない生活は不便ですよね。だから周りの人に迷惑をかけないように、せめて軽自動車を運転して下さい。ただでさえ高齢者は普通に運転してるつもりでも、それが迷惑になっているんですから。

まとめ

元情報は用意していませんが、確か最近は高齢者のほうが車の事故件数多いんですよねえ。なんだかんだ言っても僕たちのほうが安全運転してるわけですよ。

本当は高齢者は僕たちに迷惑をかけないためにも車を運転するべきではないのですが、特に田舎では生活をするうえで欠かせないので、せめて小回りの利く軽自動車に乗って下さい。

いざという時のために

何かあった時に、自分に少しでも有利な情報を提供できるようにドライブレコーダーはどうでしょうか。年寄りの運転は危険でこわいですからね。自分を守るためにも必要性はこれから高まっていくかもしれません。

車に関連する記事