真の矢

HG SEED MSV ジン ハイマニューバ、仮組み

広告

こんにちは、シンヤ(@shinya_shinnoya)です。

HG SEED MSV ジン ハイマニューバを仮組みしましたので紹介します。

こちらのキットはWikipediaによると2004年6月に発売されたものになります。

使われている素材はポリキャップ以外全てPSとなっております。

関連:ガンプラの素材について調べてみた


正面。


斜め後ろ。


横。なぜだか横からだけはバランスに違和感を覚えます。




しかし増加装甲やバックパックはカッコイイです。


増加装甲などを外してみました。

ちなみに仮組みのため、ユルユルになっている部分はマスキングテープを使って固定してあります。



この状態で通常のジンと比較。やはり横からは通常のジンのほうがバランスが良く見えます。


武装。

ハイマニューバもカッコイイんですけど、どちらかと言うと僕は通常のジンの方が好きかもしれません。

ただハイマニューバのコンセプトは嫌いではないです。


武器や付属パーツなど。

突撃銃の先端を折ってしまいました。真鍮線を使った接続で直そうと思います。




キットのままではアクションベースに飾れないので、ピンバイスで穴を開けて飾れるようにする予定です。

ハイマニューバはアクションベースを使ったほうがもっとカッコ良く飾れそうなので。

カラーリングに悩み中

仮組みをする前は独自設定をつけてフリーダムカラーにしようとも考えたんですが、増加装甲やバックパックが特徴なハイマニューバには難しいかなと仮組みしてみて思ったので、どうしようか悩み中です。

挑戦してみるか、それとも全く違う感じにしてみるか、合わせ目消しなどしながら考えたいと思います。

それでは今回はこのへんで。

関連:HG SEED MSV ジン ハイマニューバ、完成