真の矢

HGUC バウを塗装しました

広告

HGUC バウ 完成 トップ画像

こんにちは、シンヤ(@shinya_shinnoya)です。

HGUC バウが完成しましたので報告します。

完成

HGUC バウ 完成 正面

HGUC バウ 完成 横

HGUC バウ 完成 後ろ

メインカラーはアイアンで塗装。アクセントとしてメタリックレッドも使用しています。ボディなどの一部にはカーキグリーンで塗装。

HGUC バウ 完成 斜め前

水転写式デカールというのを初めて使用してみました。全部で14箇所に貼っています。ただポージングの最中に1つとれてどこかにいってしまいましたが・・・。

HGUC バウ 完成 アクションベース

キットのままでは構造上、アクションベースに飾れなかったので、ピンバイスで開口して飾れるようにしました。

HGUC バウ 完成 武器装備

HGUC バウ 完成 武器装備2

HGUC バウ 完成 武器装備3

武器装備!ライフルとシールドです。

製作ポイント

HGUC バウに使った塗料

使用した塗料などは以下の通り。

  • ミスターカラー 14 ネイビーブルー
  • ミスターカラー 54 カーキグリーン
  • ミスターカラー 75 メタリックレッド
  • ミスターカラー 175 蛍光グリーン
  • ミスターメタルカラー アイアン
  • エナメル X-2 ホワイト
  • エナメル X-7 レッド
  • ミスターサーフェイサー 1000

メインカラーに使ったアイアンなんですけど、塗装したあとに磨けば金属感!って書いてあるんですけどこの意味を恥ずかしながらちゃんと分かっていませんでした。

これ、ささっと磨くんじゃなくてしっかりとゴシゴシと磨くんですね。そしたらホントに金属感がでて改めて驚いてしまいました。

それに途中から気づいたせいか、金属感がしっかりでているところと、あまりでていないところがある形になってしまいました。

メタルカラーって面白いですね。ミスターメタルカラーシリーズの塗料は僕はまだアイアンしか持っていないので、他のミスターメタルカラーシリーズの塗料を買える機会があったら少しずつ買っておこうと思います。

HGUC バウ 腕の後ろを開口

シールドの接続での塗装剥がれが心配だったので、腕の後ろをピンバイスで開口し、プラ棒を使った接続に変えてみました。

HGUC バウ シールド プラ棒

プラ棒はバウのキットのランナーを適当に切って整形したものを使用。またプラ棒の接続には真鍮線を使用。今回、初めての真鍮線を使った接続でした。

HGUC バウ シールドを腕に接続

HGUC バウ シールドを腕に接続2

これで多少はシールド装備時や外す時の塗装剥がれの心配が少なくなりました。

HGUC バウ 完成 頭

HGUC バウ 完成 足

合わせ目消しを合わせ目があるところはほとんどやりましたが、相変わらず失敗しました。

これでも一応パテを使ってこの程度となります(´・_・`) マジで合わせ目消しが下手です。いつになったら合わせ目を完全にキレイに消せることができるようになるのでしょうか、どうかご期待ください。

HGUC バウ 完成 ウイング

今回スミ入れは思い切ってエナメルの白でやってみたんですが、メタルカラーと相性が悪かったのか上手く流れないわ、拭き取るとなんか汚くなるわで少し大変でした。

磨く前にスミ入れをしたんですがそれが原因だったんでしょうか。一応、磨いた後に再度スミ入れをした時はある程度は大丈夫だったのですが。

最初にスミ入れした時に汚くなってしまっていたのでキレイな仕上がりにはできませんでした。

もしかしてそもそも、メタルカラーで塗装した時はスミ入れはしないほうがいいんでしょうか?

HGUC バウ 完成 後ハメ加工失敗

今回ほとんどのパーツに塗装しました。そのため苦手な後ハメ加工にも挑戦しています。が、ボディの中心部分の後ハメ加工に失敗。内部パーツが見える形になってしまいました。

HGUC バウ 完成 部分塗装

全体の塗装をしたあとに、少しだけ部分塗装もしてみました。こういうのもちょっとしたアクセントになって良いですね。完成度が少しだけ高まる気がします。

アクションポーズ!

HGUC バウ 完成 ビームサーベル

ビームサーベル。こちらは一旦、柄とサーベルの部分をエッチングソーで切断。そして塗装をしてこれも真鍮線を使っての接着をしました。

塗装をしやすくするのが目的だったのでマスキングテープを使っても良かったのですが、練習もかねて真鍮線を使った接着にしました。

しかし残念なことに、ビームサーベルを手に持たせる時に力がかかりすぎたのか、接着が甘かったのか分かりませんが、折れてしまいました。

一応すぐに接着剤を使用したので写真では一見大丈夫に見えますが、グラグラで大変危ない状態です。

HGUC バウ 完成 ポーズ

HGUC バウ 完成 ポーズ2

HGUC バウ 完成 ポーズ3

HGUC バウ 完成 ポーズ4

HGUC バウ 完成 ポーズ5

HGUC バウ 完成 ポーズ6

独自設定

組み立て説明書によると、バウってもともとは試作されたものだったそうです。

で、今回僕が製作したバウはその試作の試作の試作機というイメージで製作してみました。

なのでこのバウはバウ・アタッカーとバウ・ナッターに分離変形することができません。またリミッターがかけられています。

本当なら分離変形を廃止した状態でのスペックアップも計画されていたんですが、事情によりその計画は中止されたってところまでが独自設定です。

まあホントのことを言うなら、塗装剥がれが心配なので無理やり分離変形できない理由を付けたってところです。

でもこういう独自設定を付けて頭の中で想像してみると楽しいですよね。

時間がかかりました

HGUC バウ 完成 ポーズ7

仮組みしてからどこまでやるか悩んでいたぶん、完成するまでに時間がかかりました。

仮組みをしている時も悩んでいたので、仮組みを始めた時をスタートとすると1ヶ月かかったことになってしまいます。

もう少しスピードアップしたいところですし、失敗もしていますが満足はしているのでとりあえずは良しとしたいと思います。

それでは、今回はこのへんで。