真の矢

ガンプラの箱はバラして、Evernoteにスキャンして保存しておけば便利かもしれない

広告

こんにちは、シンヤ(@shinya_shinnoya)です。

今回は、ガンプラの箱をバラしてEvernoteにスキャンして保存すれば、管理が楽になるよということを書きたいと思います。

従来の管理方法

ガンプラの箱って、描かれているイラストが格好良くて捨てるに捨てれませんよね。

ですが開封して組み立てる前ならまだしも、組み立てた後も箱をそのままにしておけば、どんどんと部屋のスペースが削られていきます。

なので僕は製作が終わったガンプラの箱は、これから書く方法で今まで管理をしていました。


箱をこのようにバラします。ちなみにランナーはニッパーで細かく切ってあらかじめ捨てておきます。



そしてこのようにB4サイズのファイルに入れておく、というのが今までの僕の管理方法でした。

問題

この方法は当初はとても効果がありました。B4サイズのファイルぶんだけのスペースで、ある程度の箱を捨てることなくとっておくことができたからです。

しかしそれでも数が増えてくると・・・。


このようにそこそこな厚さになり、部屋の限られたスペースを消費するようになります。

一応、これで20箱分ぐらいは保管しているので、何もしない状態よりかは良いんですが、それでも箱が増えればファイルの厚さが増していきますし、ファイルが一杯になれば新しいファイルを買う必要があります。

そう考えるとこの方法は一時的な方法でしかなかったわけです。


押さえつければ何とかなりますが、それなりの重さが必要になったりします。また立てて置くにもファイルに入れる箱が増えれば厚くなりますので、棚のスペースを大きく使ってしまいます。

Evernoteにスキャンして保存しておけば解決だ!

で、何か今よりも良い管理方法はないかなあと思ったわけなんですが。ありましたよ。

それはEvernoteに箱をスキャンして保存しておくことです。

そうすることで箱をとっておく必要性がなくなるので、ホントに自分が好きなのだけをとっておいて、後は捨てることができます。

Evernote Scannableという、Evernoteが開発した、Evernoteと連係できるスキャンアプリがiPhoneにありましてこちらを使ってバラした箱をスキャンしていきます。

名刺やレシートではないせいか自動スキャンがうまく機能しないので、手動での撮影、切り取りをする必要がありますが、それでも各操作が簡単にできるようになっています。

そしてパソコンのEvernoteで、「展開したカードビュー」表示をすると・・・


こんな感じになります。

各ノートは大体こんな感じになります。




捨てようと思えば捨てれる状態になりました

まだ実際には箱は捨てていないんですが、今のファイルが一杯になったら順番に捨てていこうと思っています。

これで今後ガンプラの箱が増えていっても、今以上のスペースを消費することなく管理していくことができるようになります。

捨ててもデータとして手元に箱のイラストは残っているので問題ありません。

またEvernoteの展開したカードビューでの表示をすると、見栄えも良いんじゃないかなあと思い僕としては満足です。

僕はEvernoteとそのスキャンアプリを使っての保存でしたが、それ以外で既に自分で一括でデータを管理しているサービスや方法があれば、そちらのほうでもやろうと思えばできると思います。

でもEvernoteユーザーならこの方法をオススメします!

もしガンプラの箱の管理でお悩みの人で、興味があれば試してみてください。

具体的にいつとは決めてませんが、Evernote Scannableでガンプラの箱をスキャンする方法をブログに書く予定です。

まあ、手動で撮影をしたりしていくだけなんですけどね。書いたらこの記事にも追記しときます。

それでは、今回はこのへんで!