真の矢

HGBF アメイジングレッドウォーリア、簡単フィニッシュVer2

広告

HGBF ガンダムアメイジングレッドウォーリア トップ画像

こんにちは、シンヤ(@shinya_shinnoya)です。

僕にとって23体目のガンプラになる『HG BUILD FIGHTERS ガンダムアメイジングレッドウォーリア』が完成しました。

簡単フィニッシュもアップグレードし、Ver2での仕上げになりました。

また今回の製作で自分なりのガンプラに対しての考え方というか、どうすればいいのかというのがなんとなく分かってきたような感じがしたというか、そういう製作でもありました。

それでは、いってみましょう。

関連:HGBF アメイジングレッドウォーリア、仮組みレビュー
関連:HGBF 三代目メイジン・カワグチが使ってきたガンプラこれから作るよー!

完成



全体としてはこんな感じ。


表面処理、既存モールドの彫り直し、モールドの追加、合わせ目のモールド化、スミ入れ、つや消しを塗装をしてみました。

僕にとって簡単フィニッシュの集大成になったように思えます。


アメイジングレッドウォーリアの既存モールドと追加したモールドにはエナメルのブラウンでスミ入れ、合わせ目をモールドにしたところはガンダムマーカーのブラックで塗装してます。

武器はエナメルのブラックでスミ入れをしました。

アメイジングレッドウォーリアのほうもエナメルのブラックでスミ入れしようと思いましたが、赤系の色にはブラウンもあうということなので、試してみました。

そしたらしっかりと馴染んてくれたので良かったです。

また今回、合わせ目のモールド化に久しぶりに挑戦してみましたが、思いのほか、うまくいったみたいで満足。

あえて言うなら、そこもホントはエナメルのブラウンで塗装したかったんですが、僕の持っているエナメル塗料のブラウンはスミ入れ用になっているものでして、通常のブラウンの塗料を持っていなかったのと、パーツが割れてしまうのが心配だったので、ガンダムマーカーでの塗装を選択しましたが、マーカーのほうもブラウンを持ってなくて仕方なくブラックで塗装したくらいですかね。うーん。


仮組みの時に少し欠けてしまったシールドと、接着がゆるくなってなってしまっていたところは、きちんと接着剤で修復、固定しました。


手のパーツですが、武器の持ち手左右と、握り拳左右が付属します。


毎度のことですが、ポージングが全然決まりませんw


どうだ!?うーむ。足が少し浮いてしまっています。


これならどうだ!

そろそろ本当にポージングの練習でもしようと思っています。その機体の印象的なポーズも良いんですけど、やはりどの機体にも通用するような汎用性の高いポージングもできるようにしといたほうが、バリエーションも増えてより楽しめると思いますし。

多分今回、僕にとっては初めてになった全てのパーツの表面処理。これが大変疲れましたw

そしてこいつが今回の製作で1番時間を食ったことになりました。途中で表面処理をやめようと思ったくらい。

まあ最終的には全部やったんですけど、モチベーションが何度も落ちてしまって5分くらいやって今日はもう終わり!ってなったり、全く手付かずの日も何日かありました。

表面処理をせっせときちんとやる人ってホントすごいですよ。今回自分がやってみて強く思いました。

ましてや僕の場合HGのサイズでそんなんでしたからサイズの大きいMGとかになったら心折れてるでしょうな。

パーツの整形、塗料の食い付きが良くなったりすると言われている表面処理。

今回の僕の場合、塗装といっても、つや消し塗装でしたし、あまり大きな効果はなかったのかもしれないので、やる意味はなかったのかもしれませんw

でも実際にやって、その大変さが分かったり、僕のガンプラをどのようにしたいのかという気持ちというか、どこまでやりたいのかっていうか、どこにこだわりを持つのかというのを考えれたような気がします。

これは、僕の今後のガンプラ製作に大きく影響しそうな感じであります。




仮組みレビューの時には、あまり武器を装備させないほうがアメイジングレッドウォーリアはカッコイイっていったけど、フル装備もこうして見るとカッコイイな。


アメイジングレッドウォーリア。これは俺にとって希望。可能性です。勝手にそう思うことにしましたwww

そういうえばつや消し塗装をしましたが、半光沢にしようかとも思っていて、なかなか決めれず迷っていました。

つや消し塗装は僕にとっては定番塗装なので、今回はあえて冒険もしてみようかとも思いましたが、せっかくの大好きなアメイジングレッドウォーリアということで塗装に限っては安定志向でいきました。


いやあー、カッコイイなあ。


だが頑張ってポージングさせてもこれが限界wwwww 無念・・・。

4体そろった

ユウキ・タツヤが3代目メイジン・カワグチとして「ビルドファイターズ」「ビルドファイターズトライ」で使用したガンプラはこれでそろいました。

ケンプファーアメイジング、アメイジングエクシア、ダークマター、そして今回のレッドウォーリアですね。

4体並べて撮影したり、ブンドドしようかとも思いましたが、レッドウォーリアの製作でエネルギーを結構消費してしまったのでスルー。気が向いたらまたやろうと思いますw

色々なことでの考え方がコロコロ変わっていた状態が続いていました。

ですが僕なりの考え方がなんとか見えたような気がして、やっと前に進めるような感じがしています。

しばらくは進めるだけ進んでみようと思います。ガンプラも、僕なりのガンプラというのをやっていきたいというか、表現したいです。それでは、今回はこのへんで。