真の矢

HG カラミティガンダム、簡単フィニッシュ

広告

HG カラミティガンダム トップ画像

こんにちは、シンヤ(@shinya_shinnoya)です。

17体目のガンプラ『HG GUNDAM SEED R08 カラミティガンダム』が完成しました。

こちらの記事に書いた通り、簡単フィニッシュで仕上げてみました。

では、簡単に報告をしたいと思います。

完成報告

まずこちらが素組みの時と簡単フィニッシュで仕上げた状態との比較です。↓

HG カラミティ 素組みと比較

HG カラミティ 素組みと比較2

素組みの段階で既に一部シールを貼っていたり、顔にスミ入れをしていることもあってか、あまり見た目上の変化はないですね。

簡単フィニッシュなので当然といえば当然ですが。

しかしこれまた驚きの事実が判明。今回の制作ではストップウォッチを使ってきちんと制作時間を計ってみたんですが、簡単フィニッシュだけで約6時間もかかってしまっていました。

いつものことなんですけど、とにかく僕は時間がかかってしまうんですよねー。なんでだろう。

少しのあいだ、時間を意識してやることはしていなかったんだけど、簡単フィニッシュで仕上げるんだったら、時間も意識して制作したほうが、今後の簡単フィニッシュそのもののレベルアップになるんじゃないかと思って、今回の制作では久しぶりに時間をとりあえず計ってみたんですよね。

簡単フィニッシュでこれだけ時間がかかってしまったということは、きちんと塗装などをやっていたら10時間は超えていたでしょうね。それが僕にとってはいつも通りのことなんですが・・・。

やっぱり、ある程度のものは短時間で完成できるようになりたいなあと思います。

簡単フィニッシュで数をこなすことで、基本の組み立てに今よりも慣れることにより、結果短い時間で作れるようになれればいいなと思ったのも理由のひとつですし、簡単フィニッシュをやろうと考えたのは。

この方法での簡単フィニッシュだったら大体3時間くらいで完成できるようになりたいなあと思うのが正直なところです。

このあとも、フォビドゥン、レイダーと控えているので楽しみながらも頑張りたいと思います。

では何枚かポージング。

HG カラミティ ポーズ

HG カラミティ ポーズ2

HG カラミティ ポーズ3

HG カラミティ ポーズ4

また完成したガンプラなどをカッコよく撮影できるように練習もしておりまして、色々な方法で試しているところであります。

今回は全体的に明るめの感じの写真になってしまいましたが、それでも最初の頃と比べると上手く撮れるようになってきてるんじゃないかなあと感じております。

こちらのほうも数をこなして自分なりに撮影方法が固まったら、撮影に使う道具や使い方を記事にしようと考えています。

まあ具体的にいつになるかは僕にも分かりませんが、お楽しみにしていて下さい。

また話がそれちまった

また話しが少し脱線してしまいましたね。ここらへんで、カラミティガンダムの完成報告に戻りたいと思います。

HG カラミティ 斜め正面

HG カラミティ 斜め上からアップ

今回はスミ入れ、シール貼り、つや消しのみの簡単フィニッシュということもあり、ややアップで撮影すると荒い部分がはっきりと分かりますね。

合わせ目消しやゲート処理、部分塗装をしていませんので。

ただこれだけは言える・・・。

カラミティガンダム、カッコイイな!!

イケメンやし、重装備でロマンあっていいわ。カラーリングも比較的明るめの色でグッド。

フォビドゥン、レイダーもあるからね

さて、フォビドゥンとレイダーをこれから作っていきます。今回のカラミティと同じ簡単フィニッシュの予定です。

それでは今回はこのへんで!

関連:HG カラミティ、フォビドゥン、レイダー、これから作るよー
関連:HG フォビドゥンガンダム、簡単フィニッシュ
関連:HG レイダーガンダム、簡単フィニッシュ
関連:HG カラミティ、フォビドゥン、レイダー、ブンドドの時間