真の矢

HG ウイングガンダムフェニーチェを塗装しました

広告

こんにちは、シンヤ(@shinya_shinnoya)です。

15体目のガンプラ『HG ウイングガンダムフェニーチェ』が完成しました。

これは「ガンダムビルドファイターズ」で、リカルド・フェリーニがウイングガンダムをベースに改造したガンプラです。

では、完成報告をしたいと思います。

完成報告

まずは仮組みした状態を紹介。

仮組み

HG ウイングガンダムフェニーチェ 仮組み斜め前からの画像
HG ウイングガンダムフェニーチェ 仮組み斜め後ろからの画像

一部まだパーツをつけていない部分もありますが、これが仮組みした状態です。カッコいいですね。

この左右非対称のデザインは、フェリーニの卓越した操縦技術により、トリッキーな動きを可能にしているのだとか。

しかし左右非対称がこんなにも美しいとは、やるなフェリーニ。

続いて武器を装備。

バスターライフル、ビームレイピア、ビームマント。

このレイピアとマントのビーム部分が、透明過ぎかなあというのが最初の印象。

でもビームの雰囲気は出ているので、出来に関しては問題なし。

腕に付属パーツを付けることによって、ビームレイピアを装着可能に。

ただこのパーツは仮組みの時には付けてましたが、今回の完成作品には邪魔だったので外しました。

では次は完成した状態を紹介します。

完成

完成した状態がこちらになります。

HG ウイングガンダムフェニーチェ 完成斜め前からの画像
HG ウイングガンダムフェニーチェ 完成正面からの画像
HG ウイングガンダムフェニーチェ 完成斜め後ろからの画像

フェニーチェのボディで緑色のところは、クリアーグリーンで塗装。

それ以外のボディ部分はパーツの色をそのまま活かし、つや消しクリアーを吹いています。

顔などの一部には付属しているシールをそのまま使っています。


そして武器はこのように塗装。

バスターライフル、ビームレイピアの柄の部分はジャーマングレーで塗装。

ビーム部分は、僕は透明度が気になっていたので、白を下地に蛍光ピンクでグラデーション塗装をしてみました。

塗装をしている時はグラデーションの度合いが思うようにできなくて心配だったんですが、完成したフェニーチェに装備してみたら意外と良くて安心。

フェニーチェと言ったら、このウイングを広げるシーンを思い出す人もきっといるでしょう。カッコいいですもんね。

このウイング部分は下地にグラデーション塗装をして、クリアーカラーで塗装しました。

塗装前よりも鮮やかになり、僕も満足。グラデーション塗装をした上にクリアーカラーで塗装するのは初めてでしたが、上手くいって良かったです。

使った塗料など

今回の塗装で使用した塗料などを紹介。

まずはラッカー塗料から。

  • Mr.COLOR 4 イエロー
  • Mr.COLOR 6 グリーン
  • Mr.COLOR 40 ジャーマングレー
  • Mr.COLOR 47 クリアーレッド
  • Mr.COLOR 48 クリアーイエロー
  • Mr.COLOR 107 キャラクターホワイト
  • Mr.COLOR 108 キャラクターレッド
  • Mr.COLOR 138 クリアーグリーン
  • Mr.COLOR 174 蛍光ピンク

続いてエナメル塗料。

  • スミ入れ塗料ブラック
  • X-1 ブラック
  • X-5 グリーン
  • X-7 レッド
  • X-8 レモンイエロー

続いてスミ入れペンなど各種。

  • スミ入れペン グレー
  • スミ入れペン ブラック
  • 流し込みスミ入れペン ブラック
  • 流し込みスミ入れペン グレー
  • スミ入れふでペン ブラック

その他。

  • Mr.サーフェイサー 1000
  • 水性ホビーカラー つや消しクリアー

以上、今回の塗装では21点という、僕のなかではかなり多い数の塗料などを使うことになりました。

今回の塗装で新たに僕が発見したのは、「ジャーマングレー」がとても良い色合いということでした。

武器や内部フレームをジャーマングレーで塗装したのですが、引き締まったような感じになり見栄えが良くなったように思えます。

合わせ目消しの向上

いつもなかなか上手くできない「合わせ目消し」。しかし今回は僕にとって初めてになる道具を使い、レベルアップを目指してみました。

今回、初めて使ってみた道具がこちら。「サーフェイサー」と「パテ」です。

フェニーチェは合わせ目があまり目立たないように組み立てができるようになっています。

ですが1部、やったほうがいいかな?という箇所があって、そこは今まで通りにやりました。

で、バスターライフルの合わせ目消しにサーフェイサーとパテを使って処理をしました。簡単な流れは以下の通り。

  • バスターライフルに合わせ目消しの処理をする
  • サーフェイサーでバスターライフルを塗装
  • 残ってしまった合わせ目にパテを塗る
  • 約3日間乾燥させる
  • 800番のヤスリでパテを削る
  • 削ったところにサーフェイサーを吹く

こんな感じ。残った合わせ目にパテが埋まってくれることにより、完全な合わせ目消しになるわけですね。

今回はサーフェイサーを2回吹きましたが、もしかしたら最後に吹くだけで十分のような感じもしました。次回やる場合は最後に吹くだけにしてみようと思います。

で、この後に通常通りの塗装をして、バスターライフルが完成したわけですが・・・。


素組みの場合、横に直線の合わせ目が入ってたんですが、かなり良い感じで消せました。

でもまだほんの少し、合わせ目が残ってますね。原因はヤスリで削りすぎてしまったことかなあと考えています。

せっかく合わせ目に埋まってくれたパテまで一緒に削ってしまったんでしょう。

その場合もう一度パテを塗って乾燥させて、という先程の作業をループすれば完全に合わせ目を消せるのでしょうが、早くフェニーチェを完成させたいという思いからここは妥協して次の塗装に入りました。

まあ今回は初めてのサーフェイサーとパテの使用でしたし、それでも僕にとって今までにないくらいの成功だったので良しと思っています。

次にやる時は、ループする必要がないように1回でビシッと合わせ目消しが決められるようにしたいです。

あっ、そうそう。ちなみにフェニーチェのバスラーライフルは、2本のライフルに分離させることができます。

ポージング

何枚かポージング写真を。




カッコいい!騎士っぽい感じがするんだけど、それを全面に押し出してない感じもまた良い!

そして完成報告でも書きましたが、やはりフェニーチェと言えばこのポーズが印象的。



微妙に角度を変えて撮影した写真を連続で3枚。

傑作

2014年1月から始めたガンプラ。この記事掲載時(2014年11月18日)、もうすぐ1年ということになりますが、僕にとってトップ3に入るくらいの完成度になりました。

まあ、この記事掲載時では15体目のガンプラですし、まだまだできることだったり目標や課題はありますが、イメージ通りに作れるようになってきたのかな?と感じております。

それにしてもウイングガンダムフェニーチェ、カッコいい。アニメでもスタービルドストライクと超熱いバトルをしたり、キュベレイパピヨンとのバトルでは奮い立たせるようなバトルを見せてくれたりと、見せ場も多かった。

実際のガンプラも、素組みだけでも充分カッコいいし、アニメでのリカルド・フェリーニ、ウイングガンダムフェニーチェの活躍とか色々含めても、こいつは傑作や。

ガンプラ楽しい。それでは、今回はこのへんで!

関連:『ガンダムビルドファイターズ』第15話 戦士のかがやき 感想
関連:『ガンダムビルドファイターズ』第20話 裏切りのアイラ 感想