真の矢

車 右折する時は右によろう!

広告

右折する時は右によろう

こんにちは、シンヤ(@shinya_shinnoya)です。

今回はなかなかできている人がいない、右折する時に意識してもらいたいことを説明したいと思います。

右折する時は右によろう

まずはこの画像を見て下さい。↓

右折しようとしている

このような感じの道路状況をイメージしてもらいたいです。右折レーンや信号がないところで、ピンクの矢印の方向に右折しようとしている状況です。

この右折するときに、右折する車は右に寄って右折してほしいんです。決して左に寄ったり走っている車線上の真ん中で右折待機をしないで下さい。

右に寄らないとどうなるか

それはですね、この画像を見て下さい。↓

右折待ち。後ろの車が進めない

もし先程の画像のような状況で対向車が来た場合、右折しようとした車は右折待ちをすることになりますよね。

その時に右折待ちの車が真ん中にいたり左に寄っていたりしていると、右折待ちしている車の後ろに来た直進したい車が進めなくなってしまうんですよ

これでは後ろの車に迷惑をかけてしまいますね。車を運転する人は、このような場面に1度はあったことがあるのではないでしょうか。

右によれば解決できる

次にこの画像を見て下さい。↓

右折待ち、右によって待つ

このように右折待ちの車が右に寄って待つことにより、その後ろにいた車が進めるようになったので、交通の流れを確保することができました

これは特に右折レーンがなく、対向車が多い時に絶大な効果を発揮しますので、ぜひともその時の周りにいるドライバーのためはもちろん、自分のためにも実践してほしいと思います。

ポイント

こういうことも運転技術が求められますので、慣れていなかったり、不安の人には難しいと思います。

そういう人は最初は、対向車がいない時の右折や右折レーンに入って右折する時も右に寄るようにすると、少しずつ慣れていきますので意識してみて下さい。

もちろん右による必要なくパッと右折できる時もあります。ですが普段何もないようなところでできるからこそ、いざそういう状況になった時にもできると僕は思っていますので、慣れるまではどんな右折時でも意識することをオススメします。

まとめ

ただ道が狭かったり、その時の道路状況によっては、右に寄っても後ろの車が行けない時があります。他にも、右に寄りきれていなかったり、斜めに寄ってしまっているために結局は通れないとか、色々な理由でダメな時もあるんですよね。

だけどそうだったとしても、「右に寄ろうとはした」っていうのは意思表示になって後ろの人に伝わると思いますし、車の運転マナーでは大事なことだと思います。

今の時代でも、車内にいながら直接ドライバー同士が会話をしてその場の交通状況に対応するなんていうのはできませんしね。

ぜひ、右折する時は意識してみてください。それでは今回はこのへんで。

車に関連する記事