真の矢

なぜ、僕はiPhone4sをまだ使い続けているのか考えてみた

広告

iPhone4sをまだ使っている

こんにちは、シンヤ(@shinya_shinnoya)です。

iPhone6、6 Plusが発売されましたね。いいなぁー、iPhone6。僕はこの記事掲載時、iPhone4sをまだ使っています。使用期間は2年8ヶ月です。

iPhone4sを使い始めてから、機種を変更するタイミングは何度かありました。それでもなぜ僕は今もiPhone4sを使い続けているのだろう

さらにはもう少し4sを使い続けようと思っているのはどうしてなんだろう・・・。ホントは、早くiPhone6 Plusにしたいのに。

不満点

まずは使い続けている理由を考えてみる前に、現在iPhone4sを使っていて感じている不満点を上げたいと思います。

  • アプリを何個か起動した後に、最初のアプリに戻ると落ちている
  • ゲームアプリが落ちる
  • Touch IDが使えない
  • バッテリーがへたってきた

ゲームアプリについては、一部のゲームは問題ありませんが、最近リリースされたゲームアプリはもう4sではダメですね。

対応していないのもありますし、対応していても途中で落ちてしまうのでゲームを進めることができません。

Touch IDに関しても僕の彼女が5sを使っていて、Touch IDを使ってロックを解除したりアプリを購入しているのを間近で見ていると、Touch IDが使えない4sには余計に不満を感じてしまいます。

またバッテリーも最近になって急にへたってきたなあと感じるようになりました。20%を切ってからの減りがとても早くなったように感じます。

なるべくバッテリーには負担をかけないように使ってきたつもりではあるんですが、やはり2年8ヶ月も使っていれば、それなりに消耗しているということなんでしょう。

パフォーマンス

ここで、iPhone4sと6の性能を比べてみましょう。

iPhone6 cpuパフォーマンス
iPhone6 gpuパフォーマンス

引用:iPhone6 テクノロジー —Apple公式サイト—

もうすごい差になってますね。画像に書いてある50倍と84倍というのは初代iPhoneと比べるとそれだけアップしているということみたいです。

4sと6を比べた場合、ベンチマークテストを公開している記事やそれを紹介している記事によると、最低でも4倍〜5倍はアップしているみたいですね。

5からギュイーーンってなってるもんな。スゲーよ、マジで欲しいよ。

6 Plusに変えれば全て解決!

まあ当たり前のことですが、4sよりも圧倒的に高性能な6 Plusに変更すれば、現在4sに感じている不満は全て解決されることになります。

じゃあなぜ俺は4sを使っているんだい?

なぜなんでしょうか。毎月支払っている料金から見ても、使い続けているメリットはあまりありません。

今は、定期的に機種変更をしたほうが安く運用できる場合があり、金額面からも損をしている可能性があります。

それなのになぜ・・・。

考えて考えて気づいたのは、僕のiPhone4sは壊れているところがひとつもない、ということです。

4sの前はiPhone4を使っていましたが、その時の変更理由はホームボタンが効かなくなったからでした。iPhone4とは約1年でおさらばすることになってしまいました。

で、思い出してみると4sにした時にこいつは長く使えるように大事に使おうって決めたんですよね。

なので4sを使い始めたその時から「AssistiveTouch」という機能をオンにして直接ボタンをなるべく押さないようにしたり、緊急時以外は充電しながら使わないとか、自分ルールを作ってそのなかでiPhone4sを使ってきました。

そのことがあってか、今もボタン類は全て正常に反応してくれますし、バッテリーは最近になってへたりを感じるようになってきたものの、それまではバッテリーの不足を感じることはあまりありませんでした。

使おうと思えばまだまだ使えるという状態が、気づいたら長い期間利用していることになっていたんだと思います

僕はiPhone4sを大事にしすぎたのかもしれません。今思えば、アプリが落ちるようになったり、バッテリーがへたってきた時点でそれは壊れているとも言えますが・・・。

6 Plusにチェンジ

ということで僕、2年8ヶ月使っているiPhone4sとは悲しいですがお別れをして、6 Plusに変えます!!2014年中には変えます!

関連:SoftBankで現在使っているスマホの使用期間を調べる方法