真の矢

マイトガイン もっと活躍する姿を見たかったキャラ3選

広告

マイトガイン 胡蝶の夢

こんにちは、シンヤ(@shinya_shinnoya)です。

ロボットアニメ『勇者特急マイトガイン』で、もっと活躍する姿を見たかったキャラやロボットを紹介。(内容にネタバレあり)

もう2、3回は登場してほしかった

残酷な一撃

マイトガイン 内藤ルンナ

まずは「第37話 胡蝶の夢」に登場するルンナちゃん。敵勢力のくノ一。

マイトの友達、浜田のために敵を裏切り、敵ロボットに突っ込んでボカン!

マイトガイン ルンナ斬られる

羽がついてるロボットがルンナちゃんのロボット。ざっくりいってます。

くノ一姿で戦ってるルンナちゃんは華麗で良かったので、仲間としてこの後も戦ってくれたら面白かったのになあと思います。

ガインよりカッコいい!

マイトガイン ブラックガイン

次はロボット。「第16話 ブラックガイン」に登場したブラックガインです。主人公マイトのパートナーロボット、ガインのコピーロボットになります。

敵のひとりであるホイコーローが作ったロボットだが、正義の心までコピーしてしまい、一時はマイト達と行動。

が、それではホイコーローが納得できず、強制的に操ってマイトガインと戦うというお話なんですが、ブラックガインがカッコいいんですよ。肩とか足の武器とかね。

ブラックマイトガインに合体した時も専用の台詞が用意されていて、それが僕は好き。「悪者特急ブラックマイトガイン。定刻破ってただいま到着!」ってね。マイトガインの決め台詞と逆っていう。

ガインも合体してマイトガインになったけど、なかなか攻撃できなくて防戦一方。なんとかブラックガインの意識が正気になるように願っていたけど、仲間のガードダイバー達がピンチになった時にやっと攻撃に転じて一気に倒す。

だけどホイコーローは今度はマイトガインを操ろうとします。そこからの意識が戻ったブラックガインの行動に心打たれた

マイトガイン ブラックガイン破壊 このシーンは悲しい

小さな子供の決断

マイトガイン キヨマル特攻

最後はこちら、「第19話 よみがえる戦国武将」に登場したキヨマルです。戦国武将の細胞から作られたクローン人間。姿は子供で、記憶は作られたものを入れられていた。

戦いではガードダイバー、バトルボンバーも出撃するも敵わない。そしてそこには、人工的に作られた記憶、人であっても意志は当人にあるとキヨマルの姿が。

小さな子供の決断で出来た敵の隙に、マイトガインの縦一文字斬りがとどろく。この時の音楽の入り方がいいんです

成長すれば心強い仲間になれたと思う。なんで1回の登場だけなんや・・・。

その後の話をもう少し見たかった

他にも、第30話で改めて再出発したホイコーロー達や、第42話で使った究極の攻撃「ジョイントドラゴンファイアー」もそれ以降の出番はなし。第32話に登場したユリウスもその後は登場しなかった。

だがエンディングに一瞬だけ登場する

物語のなかで活躍する姿はそれ以降見ることはないんですが、実は、死んでしまったと思われていたキャラも生きていて、最終話のエンディングで一瞬だけ登場します。ルンナちゃんもキヨマルもブラックガインもね。

みんな生きててハッピーエンドだから良かったんですけど、生きてたのならエンディング前に1、2回は登場して活躍する姿を見たかったなと、僕は思っています。

あの回だけで終わらせるのはもったいないと思えるくらい素敵なキャラクターでした。それでは、今回はこのへんで。

画像引用:勇者特急マイトガイン

関連記事