真の矢

HG ビルドガンダムMk-Ⅱ 行きまあーすっ!

広告

こんにちは、シンヤ(@shinya_shinnoya)です。

11体目のガンプラ『HG 1/144 ビルドガンダムMk-Ⅱ(ツー)』が完成しました。

これはアニメ「ガンダムビルドファイターズ」にて、主人公イオリ・セイが「HGUC ガンダムMk-II」をベースに改造したガンプラ。作中では、最終話でも出撃したりと何気に活躍する場面があったガンプラでもありますね。

初めての挑戦をしたり、パーツを折ってしまったり、気づいたらシールがはがれかけてたりと、そこそこ色々ありました今回はw。

完成写真数枚に、シールはがれているのありますが、気にしないで下さいな!

レビュー、完成レポート

まずは仮組みの状態から。


続いて付属パーツ。

ビルドガンダムMk-Ⅱが装備しているビームライフル2つと、ビームサーベル2本(写真右)の他に、「HGUC ガンダムMk-Ⅱ」の武装も付いてくる。写真左からバルカンポッド、シールド、バズーカ、ビームライフル。

あと写真にはないが、手と一体になっているビームサーベルも付く。

アンテナをシャープにする作業を組み立ての時にしたんですが、その時に片方を折ってしまいまして。思うように修正ができなかったので、もう片方も折って長さをほぼ同じにしました。

なのでホントはもう少し長いです。なんてこった・・・。

ビルドブースターMk-Ⅱ

ビルドガンダムMk-Ⅱの背面にあるブースターは分離し、コクピットブロックと合体することで、ビルドブースターMk-Ⅱという支援機になる。

ブースターの色分けは付属しているシールでやりました。


こうして並べてみてもカッコいいですね。これを作っちゃうセイ君すごい!

使った色

(?)「やあ、僕はこのブログを書いている人に作られた9体目のガンプラ、ネモだよ。一応ユニコーンデザートカラーVerね。」

(ネモ)「で、今回は僕が使った色を紹介するよ。」

(ネモ)「主に使った色は、Mr.COLORのキャラクターホワイト、スモークグレー、そしてガンダムカラーのMSイエロー、MSグレージオン系。あとは、水性ホビーカラーのつや消しクリアーをつかったんだ。そうそう、ガンダムカラーのブラックも使ったわよ。」

(ネモ)「そしてよー、今回のポイントはな、このスモークグレーっていうやつや。」

(ネモ)「ここのブログを書いてるやつは、今回初めてのエアブラシでの塗装にもかかわらず、シャドー吹きっていう影を付けたりする塗装もしやがった。」

(ネモ)「全く・・・。初めてなのにちゃんとできたんでちゅかねえー。僕とちても、新しい仲間ができるっていうのに、変なふうにされたら困りまちゅ。」

(ネモ)「じゃあまたねー!」

・・・・・。

と、書く自分。これからしばらくは、ネモに色の紹介をさせる風にしてみようかしら。

ブースターのほうはシールで色分けをしましたが、Mk-Ⅱの方は、少しシールを使うだけにして、エアブラシで部分塗装をしました。

黄色で塗装したところは、下地として白を塗装してからやりました。その次にスモークグレーで全体にシャドー吹きをして、最後の仕上げにつや消しクリアー、っていう流れです。

完成

完成したのがこちら。


ビームライフル装着。

HG ビルドガンダムMk-Ⅱ 完成

部分ミニアップ



少々、足のほうはくどくなってしまったかもしれませんね。僕としては、初めてのシャドー吹きでしたし、練習はしましたが、ガンプラにエアブラシ塗装するのも初だったので、まあこれでも良しとします。

ポージング







ビームライフルは外してシールドにすることも可能(ポージング写真4枚目)。外したビームライフルを手に持たせることはもちろん、付属しているガンダムMk-Ⅱの武器も装備してフルバースト状態もできる。ただ、足の可動範囲がほんの少ーし狭い気がしないでもない。

割と楽しめる

武器もいくつか付いてきて、ブースターも付く。ビームライフルを装備しても両手は空いているので、ビームサーベルを持たせてもいいし、バズーカを持たせてもいいと思う。

僕は楽しんで組み立てやポージングができました。

まあ、あえて言うなら、シャドー吹きの加減や、シールの接着の確認、塗装状態の確認をもう少しやっとけば良かったかな、くらい。キットそのものは関係ないね。

良かったです、それでは!