真の矢

簡易撮影ブースを作ってみた。課題はあるが、とりあえずは良し

広告

2014 5 19 8

こんにちは、シンヤ(@shinya_shinnoya)です。

作ったガンプラを撮影するためのブースを簡単に作ってみましたので、記録もかねて書いておきます。

今までの撮影

最近のガンプラ撮影はこんな感じでしていました。画用紙2枚を使い、そのうち1枚は立てかけ、もう1枚は下に置くだけのものです。

これでも当初はマシだったんですが、途中でこれだと写真が暗くなることがある、ということが分かって、何かしらする必要があるなと思っていたんです。

こんな感じで影ができてしまうんですね。全体の色調が暗めのガンプラだとさらに暗くなり、形が分かりにくい。

撮影環境を強化

で、ある程度、手を加えて撮影したのがこちら。



それでも暗い部分はありますが、以前の状態での写真よりは割りと良いような感じがします。比べて暗い部分が少なくなったような。

したこと

左右にデスクライトを置きました。1つは自分で使っていたのと、もう1つは使っていなかったものを家から見つけて。

他に用意したものは、トレーシングペーパーと、ダンボールにアルミホイルを貼ったもの。ガンプラの箱は画用紙を支えるために使う。

ダンボールにアルミホイルを貼ったものは、影を弱めたりするのに使うレフ板のかわりに。トレーシングペーパーはライトの前に貼り、光量の調整に。どちらも必要に応じて使いたいと思います。

撮影ブースの後ろというか裏はこんな感じになってます。

しかしまだまだ改善点はある

今までの状態より多少は良くなりましたが、改善点は多いです。実際にまだ暗い部分が出来てしまっていますし。このあたりは、たくさんの写真を撮っていくなかで自分なりに工夫したり勉強して、上手くできるようになりたいと思います。一応道具は専用ではないにしろ、ある程度は用意できたので。

あとは、背景に使う画用紙をランクアップしてグラデーションペーパーにしたいとかあるんですが、これは少しずつ何枚か揃えていけたらなと思っています。

まあ作ったというか、道具を置いただけですね。ないよりはいいと自分で思ってます、一応。

それでも、そのうちそれなりの写真が撮れるようになれたらいいな、なんて思います。では!記録も兼ねた報告でした。