真の矢

HGUC ネモ(ユニコーンデザートカラーVer.)レビュー、完成記録

広告

こんにちは、シンヤ(@shinya_shinnoya)です。

9体目のガンプラ『HGUC 1/144 ネモ(ユニコーンデザートカラーVer.)』が完成しました。

「Zガンダム」でジム系の発展型の量産機として登場。今回はそれの「ガンダムUC」に登場したデザートカラーVerです。

今回はデザートカラーということもあり、ウェザリングを中心にして仕上げてみました。パーツ以外での色分けは全てシールに頼っています。

レビュー

では、仮組みした状態から。



こんな感じですね。ゴーグル部分はクリアパーツなので、この段階では付けていません。シールは顔に一部貼っていますが、それ以外は貼ってない状態。


手のパーツは複数付いているので嬉しい。シールドの伸縮は差し替えで再現可能。可動範囲はHGUCなだけあって広め。ポージングもとりやすい。

使ったもの

仮組み、合わせ目消しなどをしたあとに、ウェザリングをこちらの道具、「リアルタッチマーカーセット」の1と2を使ってしました。

今回は、特に2のブラウンとイエローをよく使いました。砂っぽい汚しにはもってこいですね。

あとは最後に「ウェザリングマスター」のCセットも使ってアクセントをつけてみた、って感じです。

完成

ネモ デザートカラーVer. 完成




どこまで汚すとか特に決めることなく、そしてテーマとかも決めることなく、適当に気が済むまでという感じでウェザリングはやってみました、というかやっていた・・・。

シールのおかげで細かい色分けがそれなりにできているので、そのおかげもあってかギリギリそれっぽくなってる、と思ってます僕は。

もう少し足のほうをしっかりやっとけば良かったかなー、なんて思いますが、僕は自分に甘いのでこれでとりあえず良しとしますよ、はい。

ポージング




気に入った!

組み立てはしやすかったし、可動範囲も広めだと思う。デザートカラーで僕にはウェザリングしやすかったし、完成させてみて改めて気に入ったよ、ネモ!

見た目もいいですよね。HGUCには他のバリエーションのネモもあるので気が向いたら揃えていきたい。それでは!