真の矢

HG セイバーガンダム ただし俺のは黒いぜ、アスラン!

広告

こんにちは、シンヤ(@shinya_shinnoya)です。

6体目のガンプラ『HG 1/144 セイバーガンダム』、完成しました。

「ガンダムSEED DESTINY」にて、アスランが乗るMSです。

今回、全体を黒色に塗装してみました。少し、イメージしていた完成と違ってしまった・・・。ま、まあ、練習にしてはよく出来たってことで・・・(´・_・`)

どうしてこうなってしまったんだ、アスランさん!

まずはこちらが仮組した状態です↓

そうなんですよー、セイバーガンダムは赤を基調としているんですよ。

完成している状態から簡単にMA形態に変形できます。実際に自分で変形させてみたことで、作中ではよくわからなかった、変形の構造を知ることができ良かったです。

なぜか合わせ目消しの処理をしているとき、グニャッと右腕の角が削れてしまった。しっかりと乾燥させていなかったのか。それだとしてもどうして角がこんな簡単にえぐれてしまったのかはわからない。

初めての缶スプレー塗装に挑戦!

そして、今回は缶スプレーでの塗装に初めて挑戦してみました。最終的にはエアブラシを使った塗装をしてみたいと思っているので、準備的な意味も含めてチャレンジ!


で、今回使ったのはこちら。「Mr.COLOR 33番 つや消しブラック」です。

キレイに仕上げられるように、2回塗装をしました。塗装がはがれて元の色が見えてしまったり、塗装忘れを部分的にしてしまいましたが、とりあえず塗装そのものに関してはうまくできました。

あとは、全てを黒色にすると変かなって思ったので、一部は黒色に塗装しないでマーカーで塗り分けをしてみました。

しかし、それがかえって余計に変になるとは思ってもみなかったのだ。

な、なんかイメージしてたのと違う・・・

で、改めて完成したのがこちらになりますが。ホントはですね、うほほぉおっ!!超カッコいいーー!セイバーガンダム ブラックバージョンやあぁっ!ってなる予定だったんですよ、ホントは。

塗装前と比較してみても・・・。なんかこうー、塗装する前の仮組みのときのほうがカッコ良かったというか、塗装したらガイコツみたいな感じになってるっていうか特に顔がカオが。

なんで俺、黒にしちまったんだろう・・・。いや、イメージ通りだったらホントは超カッコいいはずなんだよ、だってセイバーなんだし。

記憶に残ってる印象としては、作中、あまり大きな活躍を見ることがなかったセイバーですが、しっかりと見てみるとカッコいいんですよ、セイバーって。

武装も新技術を取り入れていたり、今までのMSに装備されていたものを改良して装備したり、MA形態での戦闘も積極的に展開して緩急をつけた運びができたりと、充分後半でも頑張ろうと思えば頑張れた系なのに。

アスラン、前半は迷い過ぎだぜえぇ・・・。そして俺のセイバーもなんか変になっちまったぜえぇ。

しかしですね!さきほどもチロッと書きましたが、エアブラシを使う準備の準備として、缶スプレーでの塗装もしてみたいというのがあって、それは達成できましたし、塗装したところに関しては、ムラなど一切なくキレイに仕上げる事ができたので、満足はしています。ただ、バランスが悪かっただけなんです・・・。

コスパ悪い

長々となっていますが、実際に缶スプレー塗装をやってみて感じた事をひとつ。それはコスパ悪い!ということ。

今回ほぼまるっと全体を塗装してみましたが、新品のスプレーが空になってしまいました

ていうか最後はちょっと足りなかったくらい。僕のやり方が悪かったとかそういうのもあると思いますが、ガンプラ1体の全体塗装で空になってしまうのは確かにパフォーマンス悪いですよね。

値段も店頭だと確か600円前後だった気がするし。部分的な塗装にチョロっと使うもので全体塗装するものではないのかもしれませんね、缶スプレーでの塗装って。それだったらうまく使えば何回も使えそうですし。

缶スプレーでの塗装って、そういうものなの?!と感じながらも次も色々やってみようと思った組み立てでした。

まあでも、練習として1つや2つを使ってみるのはありって感じですかね。ただそれでずっと塗装をしようとするとコスパ悪いよってことも言える、か。それでは今回はこのへんで!