真の矢

『ガンプラ』デュエルガンダム アサルトシュラウド、組み立て

広告

こんにちは、シンヤ(@shinya_shinnoya)です。

約10年ぶりのガンプラ。記念すべき4体目は、『HG 1/144 デュエルガンダム アサルトシュラウド』にしました。「機動戦士ガンダムSEED」において、ザフトに所属し、エリートパイロットの証でもある赤服を着ている「イザーク・ジュール」が乗るMSです。

SEED系が好きっていうのと、イザークも好きなキャラの1人っていうのが今回選んだ理由ですね。

今回はウェザリングに絞って工夫ができたらいいなあと思っています。では、開封から組み立てまでの様子と、組み立て計画を述べたいと思います。

開封、組み立ての様子

開封


開封します。


こんな感じ。

パーツの枠(ランナー)は全部で5つあり、組み立ての項目は「26」まであります。

組み立て

では、サクッと組み立てました。約4時間かかりました。


こちらは「アサルトシュラウド」を取り付ける前のデュエルです。ストライクを始めとするイージスなどの4機の基になっただけありスタイリッシュですね。カッコいい!



そしてこちらが、「デュエルガンダム アサルトシュラウド」です。デュエルのスマートさがありながらも、追加装甲により重量感も感じられ、とてもバランスが良さそうに感じられますね

左右の肩に装備されているレールガンやミサイルポッドもロマンがあってステキです。

おっと!ガンプラとしてはですね、アサルトシュラウドをデュエルに取り付けると、可動範囲が少し狭くなります。またボディのパーツがポロポロ取れます。

何かしらのポージングをとろうと動かすと取れる感じです。ポージングして飾っておくぶんには問題ないでしょう。

あとはこれは僕だけかもしれませがんが、顔のアンテナパーツがしっかりはまりません。こちらもポージングのときにポロっと取れてしまいます。なのでアンテナパーツはあとで接着剤でガチッとくっつけようかなと思ってます。

組み立て計画

今回の組み立てで計画しているのは以下の通り。

  • 組み立て
  • マーカー塗装
  • つや消し塗装
  • ウェザリング
  • 完成

今回は追加装甲でもあるアサルトシュラウドを取り付けた状態をベースに、工夫を加えるつもりですが、取り外すこともできるように「合わせ目消し」はしないことにしました。前回での経験は今度でのガンプラに活かせればなと思います。

あと、前回はウェザリングに初挑戦はしてみたものの、途中で断念してしまったので、今回改めて挑戦してみるってところですかね。

今回は筆塗りはやめておこうと思います。今回のメインは「ウェザリング」でいくつもりなので。では今回はこのへんで。

関連:『ガンプラ』デュエル アサルトシュラウド、完成
関連:『ガンプラ』デュエル アサルトシュラウド、ウェザリング
関連:『ガンプラ』デュエル アサルトシュラウド、マーカー塗装
関連:真の矢『ガンプラの記録』