真の矢

『ガンプラ』ジン、合わせ目消し〜ウェザリングまで

広告

こんにちは、シンヤ(@shinya_shinnoya)です。

今回は仮組み立てまでした『HG 1/144 ジン』に合わせ目消しからウェザリングまでをしてみたいと思います。

で、ウェザリングは初挑戦だったんですが、失敗というか、思ったような感じにできそうでなかったので途中で断念しました

断念した理由などもふまえて、順番に様子を紹介していきます。

合わせ目消し〜ウェザリング

では、仮組みしていたジンを分解します。

合わせ目消し

今まで完璧に成功したことがない合わせ目消しですが、今回は半分くらい成功することができました!半分くらいは失敗してしまったわけなんですが、コツを掴んできた感覚はあります。



ね?よーく見ない限りは合わせ目がわからないぐらいには仕上げることができました。

処理前はパーツの真ん中に縦線がスパッと入ってたんですよ。いいんじゃないですか、自分でも満足です。

しかし!

半分は失敗した!一部のパーツは合わせ目を消せなかったし、成功したパーツも、接着するときに手に接着剤がついてしまい、そのせいでパーツ全体がべちょっとしてしまいました。

乾燥後に紙ヤスリで目立たないようにはしましたが、パーツ表面がベコベコするなど、よーく見ると汚い仕上がりになっています。

ただ確実に1回目のころと比べると良くなっているので、今回の合わせ目消しで成功したところは満足しながらも、経験を次回に活かしていきたいですね。

スミイレ・マーカー塗装

次にスミイレとマーカーで部分塗装をしてみました。


こんな感じでうまくできたなあ、というのもあれば、


ペン先をしっかりとあてれなくて、雑になってしまったところも。

あと「HG 1/144 ジン」のキットには「重斬刀」という武器も付いてるんですが、こちらも白マーカーで塗装しました。

ですがこちらは、ムラがある感じになってしまい、うまく塗装することができませんでした。

ペン先が入らないところや塗装する範囲が広いところは、筆塗りをしたほうがいいんだなと、やってみて実感。

道具を揃えられたら、次回からは筆塗りに挑戦したいところです。

つや消し

マーカー塗装などが一通り終わり、次はつや消し塗装をしました。

今回は落ち着いてやったこともあってか、成功しました。質感がガラッと変わっていい感じです。

少し残念だったのが、つや消しをする前にホコリを払うのを忘れてしまい、ところどころにホコリが表面にくっついて残ってしまいました。

これもよーく見てみないとわからないんですが、気づいた時に、しまったなーって思ってしまって。次は気をつけなきゃ。

ウェザリング

で、最後にウェザリングというものに挑戦してみました。


リアルタッチマーカーというのを使います。


うーん、なんかイメージしてたのと違うなあー。

数種類のマーカーを使って、色々やってはみたんですが、角度を変えると全くわからなくなるっていうか。

で、ジンって全体のカラーがグレーなので、黒系のマーカーでやったほうがいいのかなって思ったんですけど、黒系のマーカーを持ってなくて、とりあえず持っているマーカーであれこれして途中でやめましたw

黒系のマーカーがあれば、メリハリをつけたグラデーションができたかなあって思った時、メリハリが必要なんだっていうのが一応分かりました。分かったっていうか、それが自分のイメージしてたウェザリングだったので。

マーカーもある程度の色は用意しといたほうが良さそうですね。機会があればマーカーの色もそこそこ揃えていきたいです。

必要な道具も分かってきた

ジンは僕にとって3体目のガンプラになりますが、やってくうちに新たに必要な道具が分かってきました。

道具の購入も検討しながら、今回の経験を活かして、次のガンプラの完成度が高まればいいかなって思ってます。

次回は完成です。では今回はこのへんで。

関連:『ガンプラ』ジン、完成
関連:『ガンプラ』ジン、仮組み立て
関連:真の矢『ガンプラの記録』