真の矢

コンビニで『ガンプラ図鑑』買ったったったw

広告

こんにちは、シンヤ(@shinya_shinnoya)です。

たまたま今日、コンビニの漫画コーナーをボケッと見ていたら、ガンプラ好きにはたまらないであろう本を発見してしまったので今回紹介します。

そう、『ガンプラ図鑑』!!です!!!

双葉社から出版されている「ガンダムの常識」シリーズのひとつみたいで、価格は約600円。

驚くのはその内容だぜ!艦長!

で、驚いたのはその内容です。こんな感じで書かれているのですが・・・。

1ページに1機というか1体というか1個のガンプラが紹介されている形式になっていて、パッケージの画像やガンプラの写真はもちろん、その機体の解説などもあって見応えがあります。

そしてなんと、本は第1章から始まり、170体、ちょっとしたコラムや特集を入れての約200ページのボリュームになっていることです。

あつかっているシリーズはHGUCが中心になっていて全て1/144のガンプラの紹介になっています。

HGUC No.1 ガンキャノンからNo.155 ガンダムEz8までと、2013年11月を中心にして過去半年に発売されたガンプラと2014年2月までに発売するガンプラまでぎっしり紹介されているんです。

本のサブタイトルが「HG篇 2013」と書いてあるだけあって、納得の1冊になってますよ、これは。

ポージングの参考にもなりそう

なかにはカッコ良くポージングされた写真もあるんですけど、これがホントカッコ良くて、ガンプラのポージングの参考になりそうです。

作中を思わせるようなポージングに各ガンプラなっていると思うんですけど、別にそのポーズはこのガンプラにしかしてはいけない、なんていうのはありませんしね。

このポーズをあのガンプラとかにさせたらカッコいいんじゃないか、とか思うと僕がファンネルを射出するくらい熱いです

買って良かった

ガンプラを最近改めて始めた僕にとっては買って良かったなって思ったものでした。知らないのもたくさんあってパラパラと見ているだけでも楽しいです。

ただHGシリーズでもいくつか?あるみたいで、なにもかも全部ひっくるめた全てのHGのガンプラが掲載されているわけではないのですが、それでも170体というのは多い数だと思いますし、何より今後のガンプラ購入に役立つことは間違いないので、特に最近始めたガンプラ好きの人にはオススメです!

ガンダムの常識 ガンプラ図鑑
posted with カエレバ
オフィスJ.B 双葉社 2013-12-11
Amazonで詳細を見る

追記

2015年12月18日に同じシリーズの「ガンプラ図鑑 HG篇 2015〜2016」が発売されました。こちらには何と520体が掲載されています。

2015〜2016版をこちらの記事「次のキット選びに!ガンプラ図鑑 HG篇2015が参考になるよ」にて紹介していますので、もし良ければこちらも読んで検討してみて下さい。