真の矢

ガンプラ初心者の僕が楽しむために、とりあえず購入した道具45個

広告

ガンプラの道具

こんにちは、シンヤ(@shinya_shinnoya)です。

ガンプラを作りたい!と急に思うようになり、とりあえず今後色々使いそうな道具を買ってみました。

最初に買った物、として記録もかねてまずはリストでさらっと紹介します。買った理由や、具体的な商品名などは後述しているので、もし良かったら参考にしてみて下さい。

とりあえず買った物リスト

では買った物を紹介します。

  • 参考書
  • ニッパー
  • ピンセット
  • ブラシ
  • マット
  • 紙ヤスリ各種
  • ガンダムマーカー各種
  • 接着剤各種
  • つや消し剤
  • ガンプラ
  • ティッシュ
  • ウエットティッシュ
  • つまようじ
  • めんぼう
  • ブックスタンド
  • 割り箸
  • クリップ
  • ガムテープ
  • 使い捨て手袋
  • ファイル
  • 輪ゴム
  • 消しゴム
  • デコシール
  • 小物入れ
  • タッパ

物の種類としてはこれだけ購入しました。

理由・種類・個数など

ではリストの順番通りに紹介したいと思います。なお記事中に紹介している商品の画像にはAmazonのリンクが付いているものもありますので、気になったものがあればチェックしてみて下さい。

参考書

ガンプラの参考書

参考書は2冊買ってみました。初心者向けの参考書でもあり、内容が親切でわかりやすいです。

どちらも著者が同じということもあり、内容が似ている箇所が何点かありました。ですがもちろん、どちらかにしか書いていない部分もあり、僕は両方買って良かったなって思ってます。

ガンプラをカッコ良く作りたい!と思ってはいるけど、どうすればいいのかとか、なんかこう具体的なイメージを掴みにくいなって感じている人は、どちらか1冊でも最初に買って読んでみるだけで違うと思いますよ。

初めてガンプラを作ろうと思っている人や、僕みたいに過去に組み立てしかしたことがないけど、今回改めて作りこんでみようと思っている人にオススメです。

追記:2015年11月に「やりたいことから引ける!ガンプラテクニックバイブル」という参考書が発売されました。上記2冊もオススメですが、こちらのテクニックバイブルもかなりオススメできる良書となっております。

こちらの記事「ガンプラ始める人はガンプラテクニックバイブルが最高にオススメ!」にて簡単に紹介していますので、もし良ければこちらも読んで参考書の検討をしてみて下さい。

ニッパー、ピンセット、ブラシ、マット

ニッパー ピンセット ブラシ マット

ニッパー、ピンセット、ブラシ、マットはプラモデル専用のものを買いました。

ブラシはクリーニングブラシでホコリをとったりするのに使うものなので、使用頻度はあまりたかくないかもしれません。

特にニッパーは種類が多かったですが、僕は以下のものを購入しました。

紙ヤスリ

紙ヤスリ

削ったりするのはデザインナイフなどがいいみたいですが、僕は使うのが恐いので紙ヤスリで代用することにしました。また用途にあわせて使えるように、既に小さなサイズに切られ付箋のようにまとめられている紙ヤスリを4種類購入。

ガンダムマーカー

ガンダムマーカー

スミ入れという作業をするのに必要なマーカーなどを各種揃えました。

マーカーも紙ヤスリ同様、用途に使い分けることによって効果や使いやすさが違うみたいなので、とりあえず購入。

ガンプラの組み立て計画や目標がある程度決まっていれば、もしかしたらこんなに買う必要はなかったかもしれないと若干思っているので、検討してから購入を。(色やセットがたくさんあるので)

接着剤各種・つや消し剤

接着剤とつや消しコート剤

パーツを組み合わせた時に、目立つ場所に接合ラインができてしまう時がある。それを消したいと感じたときにやる作業が合わせ目消し。合わせ目消しに使う接着剤2種類と、表面のつやを消して見栄えを良くするコート剤を1つを買いました。

最近のガンプラは、合わせ目が目立たないように工夫されているものも多くあるみたいなので、人によっては接着剤はいらないかもしれないですね。

ガンプラ

ガンプラ

これがないとそもそもガンプラを作ることができません!基本は好きな作品に登場する好きなMSでいいと思います。

ただ僕は今回は比較的作りやすそうなのを選び、1体めに作るガンプラはEz8にしました。

その他

あとの残りは全て100円ショップで買いました。

ガンプラの組み立て説明書は一カ所にまとめて保管したいと思ったので、それを入れるファイルを。ブックスタンドとガムテープで「乾燥台」、割り箸とクリップとガムテープで「持ち手」を作ることができるので購入。

予備もかねて、同じものを2点買ったものもあります。一応、参考書に書いてある小物系はほとんど買いました。

費用など

とりあえずこんな感じですね。購入したものは、以上です。

計45個の道具を購入し(複数購入したもの含む)、費用は合計で2万とちょっとかかりました。

Amazonでの購入がほとんどAmazonマーケットプレイスというもので、送料が発送されるたびにかかってしまったのがやや高額になってしまった理由。送料がなかったら2万でおつりがきました。

ガンダムが好きだ

僕のガンプラ歴は、2003年〜04年あたりに作ったストライクガンダムとフリーダムガンダムの2体だけ。しかも組み立てただけの、いわゆる素組みというやつ。その2体も今は何処にあるのかわかりません。

そんな初心者の僕ですか、アニメ『ガンダムビルドファイターズ』の影響を受け、ガンプラをカッコ良く作りたいと思うように。あわよくば、バトルシステムが世に出たらすぐに戦えるように。

そんなことからガンプラを始めてみようと思ったわけですが、とりあえず形から入るのが僕のやり方。本を参考にしながら、ガンプラを作るのに必要そうな道具をまとめて購入・準備してみました。

そして今回はそれを最初に買ってみた物として、備忘録もかねてリストで紹介してみました。

まだ実際に使っているわけではないので、使ってみて良かった道具や、買ってみたけど必要なかった物などは後日、別の記事に書いて紹介しようと思います。(※書きました。下記追記にその記事へのリンクを貼ってます)

追記(2014.5.15)

今回買った道具はもちろん、その後に買った道具のなかで、使ってみて良かったものを書いてみました。

あとはこれからガンプラを始めようと思っている人に、今後の道具選びのポイントみたいなことも書いてます。もし良かったら今回の記事とあわせてガンプラを楽しむために、道具選びの参考にしてもらえたら嬉しいです。

ガンプラ初心者が使ってみて良かった道具と道具選びのコツ